このエントリーをはてなブックマークに追加

山のそばで暮らしたい。イラストレーター・鈴木みきさんに移住について聞いてみた

Yamakei Online Special Contents
その他 2019年11月21日

山ガールブームをけん引した鈴木みきさん。最新刊は登山……ではなく、移住の本。いつか山のそばで暮らしたい、そんな登山者は必読の一冊だ。山梨県北杜市で8年、現在は札幌に住んでいる鈴木さんに、移住のきっかけや、登山者の移住について聞いた。

「移住」といえば、定年後の第二の人生として…あるいはコンクリートジャングルに疲れて大自然で癒されに…というようなのんびりした田舎暮らしのイメージで語られることがかつては多かったが、近年はそれだけではないようだ。

より自分に合った暮らしのため、地方活性化に携わるため……理由は人それぞれだが、スローライフを求めるだけではなく、幅広い世代で、都会から地方への移住について関心が高まっている。

ネット環境さえあれば仕事ができたりと、働き方が変わってきたことや、働き方そのものへの価値観が変わってきたことも大きいだろう。

都会から地方への移住者の数は把握しにくく、数字の上では東京一極集中に変化はない。一方で、地方移住を希望する人の数は増えているようで、移住相談センターへの相談件数は年々増加し、各自治体による移住促進セミナーや、移住をテーマにした雑誌や書籍も多くなった。

イラストレーターの鈴木みきさんは、山に関するコミックエッセイの著書のほか、雑誌への寄稿や、登山ツアーの引率などでも活躍。38歳の時に東京から山梨県北杜市に拠点を移し、8年間暮らした後、現在は札幌に在住されている。

そんな鈴木さんの近著『中年女子、ひとりで移住してみました』(平凡社)は、登山……ではなく、移住がテーマ。北杜市での経験をもとに、無理をしない移住の考え方や役立つ情報を紹介する。

都会で暮らす山が好きな人なら、一度は山のそばで暮らしてみたい、と思ったことがあるはず。そうでない人でも、鈴木さんの「好きなところに住む」という生き方、考え方は、これからの暮らし方のヒントになるだろう。

 

山のそばで暮らしたい

「山と出会ったことが、移住にも繋がっています」と話す鈴木さんは、東京生まれの東京育ち。24歳のときにカナダで山に出会い、帰国後も山の近くで暮らしたいという思いで、まずはリゾートバイトへ。

「そのうち、もっと山にいたいと思って、山小屋で働き始めて、夏は山小屋、冬はスキー場、という生活になりました。そうすると、東京、北アルプス、冬はその年によって福島、長野、北海道と、1年のうちに何回も引っ越しをしていたんですよね」

「30歳を超えたぐらいに、そろそろ季節労働は体もきついし、どこか山のそばで落ち着いて、もっとイラストレーターの仕事をちゃんと始めていきたいなと思いました」

そうしてバイトを辞めた後、イラストレーターとしての基盤を固めるべく東京で活動をし、初めて出した本が『悩んだときは山に行け!女子のための登山入門』(平凡社)だ。

「本を出せて、やりきった感という訳ではないですが、もういいかな、イラストレーターになったぞ、と。ゴールでもないですけど、スタートだとも思っていなくて…でも、今までやってきた集大成を見せられた、じゃあ、もう、かねてからの希望だった山のそばで暮らそうかな、と思ったのですが…」

ところがその当時、2009年は山ガールブームが到来し、大いに盛り上がった時期。鈴木さんも仕事で忙殺されるようになり、移住計画は1年温存されることになった。

そうして1年後、鈴木さんが38歳で移住したのは、山梨県北杜市。山梨県の北西部、長野県との県境にあり、北は八ヶ岳、西は甲斐駒ヶ岳、東には金峰山を擁する、まさに山に囲まれた場所だ。

山のそばに住むと、登山には行かなくなる?

さて、山の近くに移り住んだ鈴木さんだが、登山三昧の日々を送れたのだろうか。

「それがあまり行かなくなりました(笑)。とりあえず八ヶ岳には行かなくなりましたね。行くときは、遠くの山に“よし、行くぞ!”という感じです。東京で北アルプスに行くとしたら、“8月のこの日程で、切符をとって…”と計画から始まると思いますが、玄関を開けたらすぐそこに山があるので、いつでも行けるなぁと思うと、のびのびになっちゃうんですよね」

「めんどくさい、とかではなく、見ているだけで満たされている部分もあります。周囲の山が午後からふらっと行けるような山ではなかったというのもありますが」

例えるならば、近所のレストランには意外と行かない感じ、だそう。なるほど…わかる気がする。住んでいる場所が毎日でも裏山に行けるような里山だったら、また事情が違いそうだ。

「地元の人が登らないというのも、わかります。特別な物じゃないから、レジャーの対象じゃなくなる。あって当たり前。今思うと、それは幸せなことだったと思います。毎日、甲斐駒を見てたなんて、幸せだったなぁ、と」

山の景色がある生活、とはそれだけで羨ましい。都会で毎日オフィスワークをしている人なら共感できるのではないだろうか。

「オフィスに窓はありますか? 景色が見えるだけで、すっきりしません? その景色に山があったら、あー、山だなー、いいなーって思いますよね」

オフィスの外に山並みが広がっていたら? …いいだろうなぁ。

『中年女子、ひとりで移住してみました』より

 

「移住」=「永住」「田舎暮らし」?

移住は生活に大きな変化を与えるものだ。生活の場所が変わる。同時に仕事も変える人が多いだろう。

移住、なんだか大変そう…?

しかし、鈴木さんは「移住」という言葉には違和感があるという。

「“移住”って、自給自足で田舎暮らし、のイメージがあるじゃないですか。私は全然それには興味がなくて…植物とか育てられないんですよ。のんびり田舎暮らしがしたい訳ではなくて、山が見える場所でイラストレーターの仕事がしたかった」

「“引っ越し”と同じなんです。進学や就職のために引っ越す。私は山のそばに行きたいから引っ越す。同じような感じです。全国的に考えると、都会の方が絶対的に少ないのに、“田舎暮らし”と言うのも、都会的な感覚なのかな」

自分が気持ちよく過ごせる場所で暮らす。まずは、そのことを中心に考えればいいのかもしれない。

「移住」がもっと当たり前の選択肢になればいい、と話す鈴木さんは、実際に、山梨で8年暮らした後、現在は札幌に住まいを移している。

「今まで各地を点々としていたので、山梨には8年も住んだら満足して…引っ越す1年くらい前から、そろそろ違うところもいいかな、と思っていたところに、大家さんの事情もあって、タイミングも良かったので、じゃあ引っ越そう、と」

札幌から東京に来ることも多いが、飛行機を使えば山梨よりも近い感覚だそう。格安航空券があるので、コストもそこまでかからない。

「札幌にした理由は、ひとつは一度住んでみたかったからです。山梨は雪が降らないんですけど、ずっとスキー場で働いていたので、雪が恋しくなってきちゃって…雪が降るところがいいなぁと。滑るのも復活させたい。あと、家賃が安いところですね。今さら6万、7万円も払えないですから(笑)」

 

移住のコツは「自分が好きなもの」と「自分の基準」を知ること

山のそばで暮らしたい、というのは、登山好きなら誰でも共感できる、とてもシンプルな移住の理由だ。そして、山の経験は、田舎暮らしには役に立つらしい。

「うちの母は都会っ子なんですけど、遊びに来ると夜が暗すぎるって怖がっていました。あと寒い、とか。私は暗いのは山で慣れていますし、寒いのも防寒着はたくさん持っているので、なんとかなりました」

「田舎暮らしがアウトドアみたいな部分はあるので、登山やキャンプなど、自然で遊んでいる人は、境目がなくなってくるかもしれないですね。あとは、私は山小屋で働いた経験があってよかったなと思いました。すぐになんでも買いに行ける環境ではないので、あるものでなんとかする、とかそういうところは似ています」

『中年女子、ひとりで移住してみました』より

 

最後に、移住を考えている山好き読者へのアドバイスをうかがった。

「誰でも自分が好きな山の雰囲気があると思うんですよね。槍ヶ岳が好きとか、東北の森深い山が好きとか。その好みに合った風景が見える場所が、一番いいんじゃないかと思います」

ほかにも、仕事、家、街へのアクセス……考えるポイントはたくさんある。大切なのは、自分なりの基準を持つことだという。

「山に親しんでいるみなさんならどこでも大丈夫だと思いますけど、あんまり山奥にこもると、生活面では大変です」 

「自分がどれくらいの不便なら我慢ができるのか、ここは譲れない、とか、一度書き出したりして整理してみるといいと思います。自分の基準をわかっていた方が、住む場所を絞りやすいです。基準があれば、揺らがないですし、無理がないです。無理をしないことは大事です。生活に追われて仕事がままならない…なんていうことがないように。好きな山の風景と、不便・便利の自分の尺度がわかっていること。それが大切ではないかな」

 


取材・文=編集部 写真=逢坂聡

 

『中年女子、ひとりで移住してみました』(平凡社刊)

山梨県北杜市で8年間暮らした経験をもとに、中年独身女性をが移住するための仕事、家探し、田舎暮らしのコツをマンガでわかりやすく紹介する。必要な情報も豊富で、無理をしない移住という考え方も参考になる。

著者:鈴木みき
発売日:2019年11月11日
価格:本体価格1,300円(税別)
体裁:四六判160ページ
ISBNコード:9784582838176

amazonで購入

 

書籍・書評 知識・雑学
教えてくれた人

鈴木みき

1972年東京生まれ。イラストレーター・漫画家。24歳のころのカナダ旅行をきっかけに山の魅力にハマる。山雑誌の読者モデル、スキー場、山小屋バイトを経て、イラストレーターに。登山を初心者にも分かりやすく紹介する著作を多数発表。女性一人でも参加しやすい登山ツアー「山っていいとも!」(アルパインツアーサービス主催)を企画、同行している。38歳のときに東京から生活拠点を山梨県北杜市に移し、8年間暮らす。現在は札幌市在住。

同じテーマの記事
好日山荘で聞いた! グレゴリーの「テクニカルパック」の選びかた
銀座 好日山荘を訪ね、バックパックに詳しい飯田真仁さん、好日山荘おとな女子登山部のるんちゃんさんに、この春、いくつかのモデルがブラッシュアップされたグレゴリーの登山用バックパックについて、どのモデルがどんな登山に向いているのか、それぞれの特徴を聞いた。
advertorial
秋山の多くの時間で着ていられる! finetrackのインサレーション「ポリゴン2UL」を、フリーライターの森山憲一さんが、北八ヶ岳でインプレッション
この秋、「finetrack(ファイントラック)」から発売されたインサレーション「ポリゴン2UL」を、フリーライターの森山憲一さんがフィールドインプレッション! 登山経験やアウトドア経験が豊富で、これまでに様々な登山用品に触れてきた森山さんが語る「ポリゴン2UL」の使用感とは?
advertorial
山ヤのグルメの友、「棒ラーメン」で本格・簡単な山グルメに挑戦しようぜ!
山で食べる食事「山ごはん」の麺に「棒ラーメン」を使っている人、きっと相当のラーメン党に違いない。他の追随を許さないコシのある麺と、味わい深いスープは人々のハートをわしづかみにする。
足裏にスチールプレートを搭載した高性能シューズに、秋にふさわしい新色が登場。マムート「デュカン ミッド GTX MEN」
秋にふさわしい新色が登場した、マムートの「デュカン ミッド GTX MEN」は、ソールに独自テクノロジーを組み込んだ自信作。ステンレススチール製のシャンクにより、抜群の安定感と推進力を提供する。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。