このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマビルが集まる場所と理由は? 御在所岳より藤原岳の方が、ヒルが多いワケ

「子どもヤマビル研究会」によるヒルの生態研究
基礎知識 2019年12月16日

鈴鹿の山々をフィールドに研究を続ける「子どもヤマビル研究会」。今回の疑問は、ヒルの多い山と、少ない山の違いや、ヒルがどこからどのように運ばれてくるのか。子どもたちが観察・実験・検証を重ねていきます。(写真は「僕たちの実験場は、あの藤原岳の向こう側」と指差す研究員たち)

 

同じ鈴鹿の山なのに、ヒルの多い山と少ない山があるのはなぜ?

毎夏、名古屋で開催される夏山フェスタで、来場者にヤマビルの生態について話をする機会があります。

そこで、「同じ鈴鹿の山なのに、ヒルの多い山と少ない山があるのはなぜ?」という質問を受けました。わたしたちも、研究会のたびにヒルを捕りに行きますが、ヒルは、鈴鹿の山々のどこにでもいるわけではありません。

夏山フェスタでヒルの説明をする研究員


まず、大まかにみてみると、藤原岳と御在所岳では、断然、ヤマビルは藤原岳の方が多いです。その違いの一つに、山を形成している岩石が違うことが挙げられます。藤原岳は石灰岩質ですが、御在所岳は花崗岩でできています。このことに着目して、次のような実験装置で検証しました。

藤原岳の石灰岩の砂と、御在所岳の花崗岩の砂を水槽に入れて、中央に仕切りをします。その上に、それぞれの山で採ってきた落ち葉を置き、そこに、ヤマビルを50匹ほど入れて、どちらが好きかを選んでもらう、という実験です。

実験に使った水槽装置


そして、乾燥しないように毎日、藤原側は藤原の水を御在所側は御在所の水をスプレーしました。すると、2日後には、圧倒的に藤原側にヒルは集まりました。

仕切りを越えて好きな方に移動するヒル


ヒルは、石灰岩質の方が好き(または、花崗岩質が嫌い)、という結果になりました。

それぞれの川の水の水素イオン濃度を測定すると、藤原岳から流れてくる水はPh8.3、御在所の水はPh6.2程度で、ヒルは、アルカリ性の水を好むか、または酸性の水を嫌うか、のどちらかだとわかります。(この研究成果は、2018年10月、藤原岳自然科学館で発表し、奨励賞をいただきました)

では、藤原岳付近の山に入れば、どこにでもたくさんヒルがいるかというと、決してそうではありません。林道や登山道、獣道を調べていくと、ヒルが集まっているところと、まばらなところ、全くいないところがあります。

私たちは、地質図を手掛かりに、谷の上の方に石灰岩層が露出している場所を見つけました。そして、地元の人から、ここに行けば必ずたくさんヒルがいる、という林道を教えてもらいました。駐車場から500mほど登ったところに、たくさんヒルがいる場所を見つけました。そこの岩石は、砂岩が多いですが、石灰岩もかなりの割合で混ざっています。

毎回、そこに行けば50~100匹のヒルを捕ることができます。そこを「ヒル捕り場」(約15m×2m)と名付けました。

ヒル捕り場


ヒル捕り場の様子を詳しく観察すると、コンクリートの林道の谷側にはヒルがいません。しかし、山側にはたくさんのヒルがいます。研究員たちがこのことに気付いて、なぜ、崖の下側にしかいないのか? という疑問を持ちました。

このヒル捕り場には、3本の獣道(写真中青線)が下りて来ています。ヒルは、赤丸のところでたくさん捕れます。獣道にヒルが多いと言われる理由です。

今年は、高温で、雨が全く降らない日が何日も続いたことがありました。そこで、ヒル捕り場(約15m×2m)で、1時間かけて、全部のヒルを取り切って帰りました。すると、次の日にヒルを捕りに行っても、全くヒルは捕れません。その次の週も晴れが続き、ヒルは1~2匹捕れるくらいでした。

数日後、短時間に大雨が降りました。すると、ヒル捕り場にはヒルが現れ、50匹ほど捕れました。付近をよく観察していると、昨夜降った雨が獣道や崖の方から林道に流れ出し、谷の方に流れ落ちていくところがありました。

水の働き(黄色の線)によって、谷側の腐葉土がたまっているところ(赤丸の場所)に、10匹ほどのヒルがいました。普段、ほとんどヒルがいない場所です。

林道の谷側に押し流されてきた葉や腐葉土がたまったところ


水の働きでヒルが流れてくる、と確信を持った研究員たちは、水の流れを利用して、上流からヒルを流してみました。すると、水の中を流れたヒルが(黒い線)、土や腐葉土のたまっているところ(赤い丸)にたどり着き、水からはい上がって来るのを見つけました。

水の流れにヒルを入れて、その様子を観察する


でも、そのあと晴れが続き、またヒルはいなくなりました。

次に台風が来て、かなりの雨が降りました。すると、予想通り、ヒルはたくさん現れて、40匹ほど捕れました。

同時に、私たちは、研究日ごとに監視カメラを設置して、夜間の動物の行動も調べました。この間、7日ほどでしたが、動物はほとんど来なくて、シカが2頭、タヌキが1匹、数分間ずつ遊びに来ただけでした。このことから、動物がヒル捕り場にヒルを拡散しているとは思えませんでした。

監視カメラに映ったシカ

 

ヤマビルを運んでくるのは、水の流れではないか?

雨の降っている日に、ヒル捕り場から登山道を登ってみました。途中、水の流れた跡(青線)に杉の葉などがたまっているところ(赤丸)が何か所かありました。そこには、ヒルが数匹ずついました。

さらに上の方に登っていくと、少し平らなところに出て、ヒルがたくさんいました。生まれて間もない1cm足らずの小さいヒルから5cmくらいの大きなヒルまで、たくさんいました。

獣道や登山道を雨水が流れ落ちていくとき、葉っぱなどと一緒にヒルも流れ落ちてくる。だから、獣道の下の所にはヒルが多いのです。これらのことから、ヒルが運ばれてくるのは、雨の働きではないか、と考えています。

私たちは、ヒルがたくさん現れるところを「ヒルスポット」と呼ぶことにしました。平らなので、雨で全部のヒルが流れ落ちていくこともなく、周囲は樹木が茂り、浸み出す水も適当にあり、ヒルにとっては絶好の棲み処と言えます。ここなら、動物も時々訪れてくれるでしょう。

ヒルスポットの写真


しかし、このような場所は山の中のあちこちにあるので、上の方のヒルスポットから、下の方に流れ落ちて、新しいヒルスポットを作ったりしてヒルが拡散しているはずです。

また、山を登って行くと、あるところからヒルがパタッといなくなるところがあるのに気付きます。つまり、そのあたりが、ヒルスポットの中でも一番高い所、ということになります。村の長老に聞くと「昔はあの山の頂上付近にヒルがいたけれど、今はだんだん下りてきた」と言っていました。

ヒルが集まるヒルスポットは、長い年月をかけて、だんだん下に降りてきていることになります。ということは、ヒルの拡散は、この藤原の山中では動物より水の力の方が大きいと考えられるのです。(このことは、2019年10月、藤原岳自然科学館で発表し、奨励賞を受けました)

そうなると、ヒルはヒルスポットでどのように過ごしているのか? という疑問が出てきます。

ヒルは、どこかで増殖しないと、間もなく絶滅してしまいます。このヒルスポットがヒルの棲み処と考えると、棲み処・食糧・生殖の問題を調べてみる必要があります。

棲み処は、葉の裏や腐葉土の中、砂の中などが考えられています。飼育瓶でヒルを飼っていると、底の砂にもぐっていく姿をよく見ます。

砂の中にもぐっていくヒル


でも、寒い冬、地面の中にどのようにもぐって生き延びているのか、まだ、よくわかりません。土を掘り起こしてみたけれど、ヒルを見つけることはできませんでした。今後の課題です。

また、山の麓の集落でもたくさんヒルが出ている、水が流れていないところにもヒルがいる、という情報もたくさん届きます。もちろん動物による拡散を否定している訳ではありません。人による拡散もかなりあると思います。ヤマビルの生態についてはまだまだわからないことが多いので、これらの理由については、今後の研究で明らかにしていきたいと思っています。

 

*****

 

今まで4回にわたり、この場を借りて、私たちの研究成果を報告させていただきました。まだ、これから研究を重ねていくと新しい発見かありそうです。

次回は、今まで単発的に試してきた、楽しいお話をいくつか挙げてみたいと思います。お楽しみに。

調査 危機管理 自然観察 スキンケア
教えてくれた人

子どもヤマビル研究会

「子どもヤマビル研究会」は、三重県の鈴鹿山脈の麓で、子どもたちが主体となってヤマビルの生態を研究している団体です。自然や生き物が大好きな小・中学生数名が集まり、身近な自然を観察し、そのしくみを解き明かしていく中で科学する心を身に付け、将来の科学者を志す子を育てたい、身近にいるヤマビルを使って、科学の手法を会得し、自然の不思議さ、偉大さやを理解して、自然に対する畏敬の念を育んでもらいたいという、子ども主体のとてもユニークな研究団体です。

活動はブログでも公開しています ⇒子どもヤマビル研究会

同じテーマの記事
連載最終回「ヤマビル雑学いろいろ」 ~子どもたちの好奇心を実験へ~
過去4回にわたって連載した「子どもヤマビル研究会」によるヒルの生態研究。最終回は、子どもたちの好奇心から行った楽しい実験の数々をご紹介!
ヤマビルの体はどうなってるの? 吸った血はどこへ行くの? 解剖してお腹の中を見て見ると・・・
ヤマビルのお腹の中がどうなっているのかを確かめるべく、ヒルの解剖に挑戦した「子どもヤマビル研究会」。きっとお腹の中は風船のようになっていて、ここに血をためているのだろう、そう思っていましたが…。気になる解剖の結果は?
ヤマビルは、何に反応して集まってくるの? 足音、体温、呼吸――、その真偽は?
子どもたちが主体となってヤマビルの生態を研究している団体「子どもヤマビル研究会」。今回は「いつの間にか忍び寄り、吸血しているヤマビルは、は私たちの何を感知して近寄ってくるのか?」についての研究レポート。
ヒルは木から落ちてこない、すべて地面から登ってきたもの! ヤマビルについて正しく知ろう
「子どもヤマビル研究会」は、自然や生き物が大好きな小中学生数名が集まって、子どもたちが主体となってヤマビルの生態を研究している団体。
今回は「ヒルは木の上から落ちてくる」というウワサの真相を紐解く。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...