このエントリーをはてなブックマークに追加

1泊2日で雪山と温泉を楽しむ周回コース。福島県・安達太良山

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年01月07日

福島県・安達太良山。温泉がある山小屋に一泊できる人気のコース。コースタイムも手頃で、天候や積雪の好条件を選べば、雪山初心者にもおすすめだ。

吹きだまりのトラバースを終えると、くろがね小屋の絶景がとびこんできた(写真=奥谷 晶)

 

天候に恵まれれば本当の青空と絶景を楽しめる雪山登山、しかも温泉がご褒美に待っている、そんな期待に胸躍らせて福島県・安達太良山へ向かいました。あだたら高原スキー場から周回する1泊2日のコースです。

安達太良山は福島県中部に位置し、年間を通して人気がある山です。人気の理由のひとつに、温泉がある通年営業の山小屋・くろがね小屋の存在があります。

くろがね小屋に宿泊すれば、余裕を持った行程で登れるので、雪山初心者にも人気がありますが、コース上には雪崩や道迷いに注意が必要な場所もあります。

 

モデルコース:奥岳登山口~勢至平~くろがね小屋~安達太良山~奥岳登山口

行程:
【1日目】奥岳登山口・・・勢至平・・・くろがね小屋(泊/計約3時間)
【2日目】くろがね小屋・・・安達太良山・・・奥岳登山口(計約4時間30分)

⇒安達太良山周辺のコースタイム付き登山地図
*夏山のコースタイム

 

山のいで湯を楽しむ、1泊2日の雪山登山


2018年1月、冬型気圧配置が続いた年末年始の冬山。移動性高気圧の短い晴れ間を狙って、晴天が期待できそうな安達太良山へ行ってきました。

1月5日の朝は期待通り晴れ。くろがね小屋までは先行者やスキーヤーのトレースがあり、最初は馬車道をつぼ足で進みます。中間部からはせっかく背負ってきたのでただの重荷にするよりは、とスノーシューを使用しました。安達太良山山頂が見えるはずのビューポイントでは、山頂部にガスがまとわりついていました。勢至平からは雪も深くなり、特にくろがね小屋手前の吹きだまりにはスノーシューが有効でした。

勢至平を過ぎると前方が開け、山頂方面の視界が広がる。山頂はガスが覆っている(写真=奥谷 晶)

 

くろがね小屋で休憩後は、登頂は翌日にするつもりでしたが、明日は天候が下り坂で、今は風も弱く、絶好のコンディションだという小屋番さんのすすめで、頂上をめざします。しかし、次第にガスが山頂を覆い始めました。牛ノ背まで登り、晴れ間を待ちましたが、無理せず、時間切れで小屋に戻ります。

くろがね小屋は2階が吹き抜けになっていて山小屋らしい雰囲気にあふれ、温泉で今日の疲れをいやす至福の時をゆったり過ごしました。

翌朝はやはり残念ながら、山頂はガスに包まれ、強風が時折混じる状況です。午後から天候が悪化し、さらに風が強くなるとの予報なので、峰ノ辻から直登で山頂を目指します。昨日のトレースは地吹雪で早くも半ば埋もれていました。クラストしていたので、アイゼンが有効です。ただし、トレースを外すとときどき膝下までの踏み抜きがあります。

安達太良山山頂上広場。ガスにかすんでいた乳首が一瞬の晴れ間から姿をあらわした(写真=奥谷 晶)

 

山頂標識にはびっしりとえびの尻尾が連なり、烈風のすごさを物語る(写真=奥谷 晶)

 

山頂広場に到着すると数人の登山者と出会いました。一瞬、青空が見えますが、すぐにガスに包まれ、山頂の「乳首」といわれる岩場もおぼろげです。エビの尻尾がびっしり着いた山頂標識だけ写真にとって、すぐに下山を開始。仙女平分岐への雪原をくだります。このあたりは広々した雪原で、目標物が何もなく、視界が悪いと迷いやすいところです。トレースも複数あり、当てにすることはできません。GPSで方向を確認しつつ進みます。ガスは次第に濃くなり、登ってきた数人のパーティーのトレースも地吹雪でかき消されそうです。

山頂から仙女平をめざしてくだる。薬師山から登ってきたパーティとすれ違うもすぐにガスの中へ消えていく(写真=奥谷 晶)

 

頂上から仙女平はだだっ広くて目標物に乏しく、迷いやすい(写真=奥谷 晶)

 

仙女平分岐に到達して一安心。五葉松平からスキー場のゲレンデをめざします。昼過ぎには小雪がちらつきだしたかと思うと、風も強くなり、スキー場リフト沿いに下りるころには、しだいに吹雪の様相を呈していました。

 

 

雪山・冬山 記録・ルポ ガイド 日本の山
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
美しい霧氷の林を抜けて、氷の上を歩こう。くじゅう中岳と結氷した御池へ
くじゅう中岳は九州本土最高峰。その懐には涸れることがない火口湖の御池を抱き、山岳宗教の聖地であった一帯は神秘的な雰囲気が漂う場所です。
樹氷の白とスカイブルーの世界を満喫する上信国境・四阿山の雪山ハイキング
新雪直後の快晴、微風の絶好のチャンスをとらえ、見ごとな樹氷が満艦飾の四阿山山頂をめざす。もふもふの、まっさらな雪原を踏み分けていくゾクゾク感がたまらない。
北海道の冬山訓練定番エリア。十勝連峰・上ホロカメットク山へ
北海道中央部に位置する十勝連峰。安政火口付近は、冬山訓練の定番エリアで、毎年12月には多くの山岳会らが集まり、訓練に励んでいる。訓練参加後には、上ホロカメットク山へ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?