このエントリーをはてなブックマークに追加

「山岳保険」という保険商品は存在しない!? 知らないと損する山岳保険の選び方

知らないと損する山岳保険の知識
基礎知識 2017年05月08日

「山岳保険」に加入しておくのは、自立した登山者の"たしなみ"といえるでしょう。ところで、ひとくちに山岳保険と言っても、何をもって山岳保険なのでしょうか?  そこで登山者が知っておくべき保険の知識を、「やまきふ共済会」の井関純二氏が徹底指南。

 

山岳保険の定義、知っていますか?

登山をする人であれば「山岳保険」という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか? 山岳会などに入っていれば、「必ず入りなさい」と言われたことがあるのではないかと思います。しかし実は、日本には山岳保険という名称の保険商品の認可をもっている会社は存在しません。

雑誌には山岳保険への案内が掲載されているし、インターネットで検索すれば山岳保険加入を募集している会社がいくつか出てきます。世間でいわゆる「山岳保険」と呼ばれているものは、いったいどういう保険を指しているのでしょうか?

アウトドアショップに行くとさまざまな山岳保険のパンフレットがある


長野県で施行された登山安全条例では、登山計画書の提出義務などとあわせて「山岳保険」への加入を努力義務と定めています。そこで長野県の条例を確認すると、山岳保険について次のように定義しています。

「山岳遭難者の捜索又は救助について負担する費用に対して保険金、共済金その他これらに類するものが支払われるものをいう」

 

遭難時の捜索救助費用がカバーされるのが"山岳保険"

話は逸れますが、大阪や神戸などでは「自転車保険」への加入が条例で義務付けられたのをご存じでしょうか? 山岳保険と同様に「自転車保険」というものは実はありません。

山岳保険と同様に条例から定義を確認すると、大阪府では自転車の利用に係る交通事故により生じた他人の生命又は身体の被害に係る損害を填補することができる保険又は共済をいうとしています。

山岳保険と自転車保険、この2つには共通点があります。つまり「遭難時の捜索救助費用がカバーされる保険」であれば山岳保険と呼ばれるものではなくてもOK。「自転車事故での損害賠償がカバーされる保険」であれば自転車保険と呼ばれるものではなくてもOK、ということになるのです。
 
山岳保険(と呼ばれるもの。以下、山岳保険に統一)の中には、自転車保険(と呼ばれるもの。以下、自転車保険に統一)と同様に、他人をケガさせた(例:落石を起して怪我させたなど)場合の賠償を心配する人向けに、賠償責任特約(個人賠償責任補償特約や日常生活賠償特約等)が付いているものもあります。

この特約は登山中も含めた日常生活上の賠償責任を幅広くカバーするものなので、自転車での事故も対象となるのです。

つまり、この賠償責任特約が付いた山岳保険に入っていれば、自転車保険に入ったことにもなります。逆に自転車保険に遭難時の捜索救助費用がカバーされる特約を付ければ、山岳保険に入ったことにもなるのです。

このことからも、登山者が入るべきものは「山岳保険」ではなくても、「遭難時の捜索や救助費用がカバーされる保険」と考えた方が、無駄なく保険を選ぶ際に分かりやすくなりますので是非覚えておいてください。

 

危機管理
教えてくれた人

井関 純二

千葉県出身。大学卒業後に保険会社勤務等を経て2014年にやまきふ共済会を設立。趣味は登山のトレーニングのために始めたランニングでサブ3ランナー。
やまきふ共済会の他に、山岳ガイドや登山者向けの各種保険を扱う(株)インスクエアコンサルティング代表取締役で社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー。
⇒やまきふ共済会

同じテーマの記事
山以外の事故も補償する山岳保険。「個人賠償責任特約」と「携行品特約」は日常生活もカバー!
山岳保険の聞くと「山専用」と思うが、ベースは傷害保険。実は山以外の場所で起きた事故や怪我もカバーしてくれるケースもある。山岳保険に加入している登山者必見!
「病気・道迷い」遭難が補償されるのか、しっかり確認しておこう。メールや書面で回答してもらうことを推奨
山岳遭難事例で「病気・道迷い」が遭難原因となっている例は半数以上だが、一般的な「救援者費用特約」ではこれらは対象外。果たして自分の加入している山岳保険は何に対して補償されるのか、一度確認しておくほうが良いと、井関氏は説明する。
登山中の「体調不良」や「病気」の支払い要件とは? ポイントは「遭難原因」と「活動内容」
全国各地の山で、日々起きている山岳遭難事故。道迷い、転倒、滑落など、さまざまな理由で起きているなかで、意外と多いのが登山中の「体調不良」や「疾病」だ。病気による救助は、支払い対象にならないケースが多いという。
「遭難捜索費用特約」でカバーできること・できないこと。加入前に確認しておきたい特約の補償対象
登山者が知っておくべき保険の知識を徹底解説する「知らないと損する山岳保険の知識」。今回は2種類ある遭難捜索の特約の1つ「遭難捜索費用特約」について解説します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。