登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
北八ヶ岳プチ周回で雪山入門 北横岳ー縞枯山ー茶臼山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2016年1月10日(日)~2016年1月11日(月)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:京王高速バスで新宿(7:20)ー上諏訪駅(10:55 30分延着)、JR中央線で上諏訪(11:32)から茅野駅(11:37)、茅野駅(11:55)からアルピコ交通バスで北横岳ロープウェイ駅(12:50)
    北横岳ロープウェイで山麓駅から山頂駅まで
    高速バスは、鉄道に比べ安価だが、渋滞でなくても延着の可能性があり要注意。ロープウェイも順番待ちですぐ乗れるとは限らない。
    北横岳ロープウェイ http://www.kitayatu.jp
    http://tozanguchi.net/chino_tokyo_

  • 天候

    1日目:晴れのち曇り、二日目:曇り
    [2016年01月10日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
山頂駅(13:17 13:37)・・・北横岳ヒュッテ(14:30 15:00)・・・北横岳 (15:12 15:19)・・・七つ池(15:47)・・・北横岳ヒュッテ15:55
【2日目】
北横岳ヒュッテ(8:00)・・・縞枯山荘(08:55)・・・ 雨池峠(09:04)・・・縞枯山(09:29)・・・茶臼山(10:28 10:42)・・・ 五辻(11:31)・・・山頂駅(12:02)

今シーズン2度目の雪山登山。装備も技術も経験も乏しい出戻り登山者が選んだのは、ロープウェイが使えて、営業小屋がある北横岳。雪が例年よりずっと少なく10センチ程度、天候も今ひとつだったが、雪が少ないということは苦労なく登れるということでもある。気温は氷点下12度、稜線上では風も強く、雪山ではどのような装備や備えが必要かイメージが少し具体的になったのは収穫だった。

<コース状況とアイゼンの選択>
北横岳から縞枯山、茶臼山を結ぶ登山路は、雪もよく踏み固められ、チェーンスパイクもよく効いた。事前に雪が少なく岩が出ているという情報があったので6本爪軽アイゼンとチェーンスパイクを持参したが、やはり所々岩が露頭しているので、6本爪は出番なし。岩と少ない雪のミックスのような状況では、チェーンスパイクが一番効果的だったと思う。

積雪が少ないので、ラッセルはもちろんなく、楽に歩けた。トレースもしっかりついていて、まず迷うことはないと思われた。無論、大雪が一度降ればトレースも消え、新雪を踏み分けていくには余計に体力が必要になるだろう。樹林帯を抜け出ると途端に強風(風速15mあるいはもっと?)が吹き荒れ、氷点下10度程度の気温と相まって体感温度が一気に下がる。耳が覆える帽子、防風性能が高い手袋はもちろんだが、頬も痛くなるほどでバラクラバが欲しかった。持参したネックゲイターを鼻の高さまで引き上げると良いのだが、眼鏡が曇ってしまい都合が悪い。ここも次回、工夫が必要な点。

縞枯山ー茶臼山の鞍部から五辻に下る区間は、人が少なくなり、特に下部は氷の上に薄く雪が乗っているところもあった。テープはあるのだが、樹林帯で踏み跡もやや薄いので、降雪時などはルート確認に注意が必要かもしれない。

<ウェアについて>
備忘録として記すと、ウェアは定番となったドライナミックメッシュ+メリノウールアンダー+フリースジップシャツ+サーマラップパーカー+ネックゲイター。下は、メリノウールタイツに夏用のパンツ+ゲイター。前述のように強風時の頬の保護に工夫が必要だが、氷点下10度程度の今回の山行には十分だった。アウターとして持参した夏山用のレインウェア上下は、今回も出番なし。ウールのインナー+アウトドライのオーバーグローブでは、運動量が少ない間は指先に冷えを感じた。

地図や記録にiPhoneを使っている皆さん。オーバーグローブを外していられない冬季雪山登山では、タッチ操作が難しいので、あらかじめロックを解除しておく工夫や、他の手段を用意しておいたほうがよさそうです。重ね着をした上から腕時計を巻ければ良いが、そうでなければ胸ポケットにつけるのも工夫の一つ。いちいちグローブは外さなければ、記録をつけたりするにも一苦労する。

<バラクラバについて思い出したこと>
そういえば出戻り登山者が英国駐在中、自宅のそばにバラクラバ通りというのがあって、毎日歩いていた。バラクラバは第一次大戦の戦地の一つで、寒冷なこの地に出征していく兵士のために家族が編み上げた目出帽がのちにバラクラバと呼ばれるようになったのだとか・・・。

登山中の画像
  • ロープウェイに乗るのは(当然だが)登山客ばかりではないのだ
  • ロープウェイで一気に標高2237mの山頂駅へ。ちょーお手軽登山である
  • 坪庭探勝路から北横岳
  • 積雪は10センチほど。よく踏み固められ、チェーンスパイクもよく効く。岩が所々でているのでチェーンスパイクくらいが一番適していたように思う。
  • 縞枯山方向の眺め
  • わずか1時間ばかりの歩きで北横岳ヒュッテに到着
  • 明日は天候が悪化するかもしれず、今のうちに北横岳のピークを踏んでおくのだ。北横岳北峰。樹林帯を抜けて稜線に出ると強風が吹き荒れる。
  • どんどん雲が厚くなっていく。一瞬の輝き
  • 七つ池にも行っておくのだ。
  • 北横岳ヒュッテの夕食は豪勢な鍋。体は温まるし、うまかった
  • 氷の造形
  • 水墨画のようなモノトーンな景色も美しい
  • 翌朝の気温は氷点下12度
  • 三ツ岳方向
  • 縞枯山荘の前を通過
  • 縞枯山山頂には展望がない
  • 縞枯山展望台から蓼科山の眺め。樹林を抜けると一気に風が強くなる
  • 時折晴れ間も。風が強く、雲の流れが速いが、樹林帯はほぼ無風
  • 茶臼山山頂も展望はないが、すぐ先に展望台がある。
  • 茶臼山展望台も強風が吹き荒れていた
  • 雲の切れ間から中央アルプス
  • ガスの切れ間から南八ヶ岳
  • 茶臼山と縞枯山の鞍部にある分岐を五辻に向けて下る
  • 五辻への下りはやや傾斜がきつく、岩がゴロゴロしていて少々歩きにくい
  • 五辻まで下れば、平坦な道をロープウェイ山頂駅へ。標高が下がるとともに晴れ間が多くなってきた。
  • ゴール
  • JR上諏訪駅構内の足湯。源泉掛け流しだそうで、気持ちいい。
  • 帰りの高速バス車中から、甲斐駒ケ岳と彩雲
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!