このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の交友関係の意外なパートナー テッポウユリ(ユリ科)

身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
たしなみ 2020年06月02日

社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。美しい姿の裏に隠された、花々のたくましい生きざまに勇気づけられます。

 テッポウユリは「鉄砲百合」である。
 テッポウユリの名は、細長い花を鉄砲の筒にたとえてつけられた。
 どうして、テッポウユリは細長い花の形をしているのだろうか。よくよく考えてみると不思議である。じつは、この長い筒のような花の形には、テッポウユリなりの理由がある。

 テッポウユリはもともと九州から沖縄など南西諸島の海岸に自生している野生のユリである。そのユリを品種改良して園芸用のテッポウユリが作られたのだ。
 球根で増やす園芸用品種のテッポウユリは、球根で増やし続けられているうちに、種子をつける能力が低下してしまっている。そのため、テッポウユリが種子をつけることはあまりない。
 しかしテッポウユリももともとは種子で分布を広げていく。そのため、野生のテッポウユリは種子をつけて増える。ただし、種子をつけるためには、花を訪れた昆虫が花粉を運び、授粉しなければならない。

 植物は、花粉を運んでもらう昆虫を呼び寄せるために美しい花を咲かせる。多くの花が、花粉を運んでもらうパートナーとして花から花へと飛び交うハチやアブを選んでいる。
 それではテッポウユリは、どのような昆虫に花粉を運んでもらっているのだろうか。
 テッポウユリの花粉を運ぶのは、ハチやアブではない。じつは、テッポウユリは意外な昆虫に運んでもらっている。それは、夜に飛ぶガである。
 スズメガというガは、まるで鳥のスズメのように活発に飛び交うことから名付けられた。このスズメガが、テッポウユリの花粉の媒介者なのである。スズメガは、時速五十キロの高速飛行が可能なほど、飛翔能力が高い。そのため、スズメガに花粉をつけることができれば、遠くまで花粉を運んでもらうことができるのだ。

 しかし、植物にとってスズメガは、花粉を運ぶパートナーとしてはやっかいな存在である。何しろスズメガは、ホバリングして空中静止しながら、花に止まることなく長いストローのような口を伸ばして、蜜を吸うことができるのである。これは植物の花にとっては、都合が悪い。蜜だけ吸われて花に止まってもらえなければ、昆虫の身体に花粉をつけることができないのである。
 そこで、工夫されたのが、テッポウユリの花の形である。
 テッポウユリは長い筒のような花を咲かせて、花の一番奥深いところに蜜を隠した。そして、長い雄しべと雌しべを伸ばして、飛びながら蜜を吸うスズメガに花粉をつけられるようにしたのである。

 テッポウユリは夜に飛ぶスズメガに花粉を運ばせるために咲く「夜の花」である。確かに昼間も咲いて、ハチやアブもテッポウユリの花に潜り込んでいるようすを見かけるが、それはテッポウユリの真の姿ではない。
 テッポウユリは夜の花としての特徴を有している。
 たとえば、テッポウユリは美しい純白の色をしているが、これも闇の中を飛んでくるスズメガに花を目立たせているのである。また、テッポウユリは夕方になると強く香るようになる。こうして、甘い香りでスズメガを招いているのである。

キリスト教の神聖な花

 しかし、このスズメガを呼び寄せるための純白の色が、思わぬ人を引き寄せた。南西諸島原産のテッポウユリは、キリスト教の人々の間で、神聖な花とされているのである。キリスト教では、テッポウユリは「イースターリリー」と呼ばれている。
 キリスト教では純白のユリは「純潔」や「貞操」のシンボルとされている。キリスト教の春の行事に、日本語では「復活祭」とも呼ばれているイースターがある。このイースターにテッポウユリを飾るのである。

 それにしても、日本の島の海岸に生えているユリが、どうして、キリスト教の行事で重要な役割を果たしているのだろうか。
 テッポウユリは、江戸時代に日本を訪れていたドイツ人医師のシーボルトによってヨーロッパに紹介された。もともとイースターにはマドンナリリーという白いユリが飾られていた。ところが、白くて立派なテッポウユリが大流行をし、マドンナリリーに代わってテッポウユリがイースターに用いられるようになったのである。
 そして、明治になるとヨーロッパで改良されたテッポウユリが、日本に逆輸入で紹介されて、日本でも園芸種として栽培されるようになったのである。

 ところで最近では、道ばたや線路の脇にテッポウユリのようなユリが咲いている。これは実際にはテッポウユリではなく、テッポウユリの仲間でタカサゴユリという別の種類のユリである。
 野生のテッポウユリは沖縄など南西諸島に分布しているが、タカサゴユリはもともとは台湾に分布しているユリである。このタカサゴユリはテッポウユリから進化したと考えられているが、テッポウユリとは異なるずいぶん変わった特徴を持っている。
 テッポウユリは一つの花から百個程度の種子が作られるが、タカサゴユリはその十倍の千個もの花を咲かせる。中には種子を作ることに一生懸命すぎて、球根をほとんど太らせない株もある。こうしてたくさんの種子を作り、旺盛な繁殖力で、次々に増えていくのだ。

 しかも、テッポウユリは種子が芽を出してから、花を咲かせるまでに早くても三年程度を必要とするが、タカサゴユリは成長が早く、種子から一年以内に花を咲かせることができる。 ユリの中ではユニークな特徴で、道ばたや公園に雑草のように増えているのだ。
 テッポウユリから進化したタカサゴユリには、いったいどのような身の上があったのだろう。その美しさが愛されているユリの仲間の中で、唯一タカサゴユリだけは、どういうわけか、雑草として振る舞い、繁茂しているのである。

タカサゴユリ/釣り好きさんの登山記録より

(植物学者、静岡大学教授 稲垣栄洋)

ヤマケイ文庫『花は自分を誰ともくらべない』発売中

チューリップ、クロッカス、バラ、マーガレット、カンパニュラ、パンジー、マリーゴールド――花は、それぞれ輝ける場所で咲いている。身近な47の花のドラマチックな生きざまを、美しいイラストとともに紹介。
昆虫や鳥を呼び寄せ、厳しい環境に適応するために咲く花。人間の生活を豊かにし、ときに歴史を大きく動かしてきた花。それぞれの花が知恵と工夫で生き抜く姿を、愛あふれるまなざしで語る植物エッセイ。『身近な花の知られざる生態』(2015年、PHPエディターズ・グループ)を改題、加筆のうえ文庫化。


ヤマケイ文庫『花は自分を誰ともくらべない』
著者:稲垣栄洋
発売日:2020年4月3日
価格:本体価格850円(税別)
仕様:文庫判256ページ
ISBNコード:9784635048835
詳細URL:https://www.yamakei.co.jp/products/2819048830.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
稲垣栄洋(いながき・ひでひろ)
1968年生まれ。静岡大学大学院農学研究科教授。農学博士、植物学者。農林水産省、静岡県農林技術研究所を経て、現職。著書に『身近な雑草の愉快な生き方』(ちくま文庫)、『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)、『面白くて眠れなくなる植物学』(PHPエディターズ・グループ)、『生き物の死にざま』(草思社)など多数。

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

稲垣栄洋

1968年生まれ。静岡大学大学院農学研究科教授。農学博士、植物学者。農林水産省、静岡県農林技術研究所を経て、現職。著書に『身近な雑草の愉快な生き方』(ちくま文庫)、『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)、『面白くて眠れなくなる植物学』(PHPエディターズ・グループ)、『生き物の死にざま』(草思社)など多数。

同じテーマの記事
ウイルスとの共存で、植物は新しい価値をつくり出した
『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。最終回となる第7回は、はるか昔から、植物もウイルスと戦い、共に生きてきたというお話です。
乙女の期待を裏切らない科学的な花占い マーガレット(キク科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第5回。
名前と分類に翻弄されても美しく咲く アヤメ(アヤメ科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第4回。
人だけでなくハチも惑わす“ラブグラス” パンジー(スミレ科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第3回。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!