このエントリーをはてなブックマークに追加

立山三山は2泊3日がおすすめ! 初めての3000m峰の縦走への誘い

From ワンダーフォーゲル編集部
ガイド・記録 2020年06月02日

北アルプス北部にある立山連峰。アルペンムード漂う3000m峰の山々に、室堂平、弥陀ヶ原などの広大な高原台地が広がる、夏には多くの登山者が訪れる人気の山域だ。豊富な残雪、色とりどりの高山植物、信仰の歴史、温泉などなど、立山には多彩な魅力があふれている。
そんな立山連峰の魅力を思いっきり味わいたいのであれば、立山三山を2泊3日の行程で計画するのがおすすめだ。

文=編集部 写真=矢島慎一

※緊急事態宣言は解除されましたが、お住まいの地域と訪問する山域の自治体の情報を確認して行動をお願いします。

 

多彩な魅力あふれる立山三山

室堂平の東側に連なる雄山(3003m)、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)の総称を立山という。これに南の浄土山(2831m)、北の別山(2880m)を合わせて立山三山と呼ばれている。登山起点は約2450mの室堂。立山アルペンルートの交通機関を利用してここまでアクセスすることができる。

コース上では山小屋や休憩所が充実しており、エスケープルートもあるので、さまざまな行程を考えることができる。7月~8月には高山植物が花を咲かせ、稜線に立てば、眼下に室堂平が広がり、北アルプスの山々はもちろん、富山湾の眺めも楽しむことができる。

 

2泊3日の行程がおすすめ

『ワンダーフォーゲル』2020年6月号の特集「剱・立山大全」で紹介している立山三山ルポでは、2泊3日の行程で立山三山を訪れている。

1日目は室堂の山小屋に泊まり、2日目は浄土山~立山、真砂岳を経て内蔵助山荘泊、3日目は別山に登頂し、雷鳥沢、室堂へ下山する。頑張れば最短2日で行ける。

しかし、体調を整えて、立山の魅力をじっくり味わうには余裕を持たせた2泊3日の行程をおすすめしたい。

◆モデルコース

1日目:室堂ターミナル・・・ミクリガ池・・・雷鳥平(宿泊)
2日目:雷鳥平・・・立山室堂・・・室堂山展望台・・・浄土山・・・一ノ越・・・立山・・・大汝山・・・大走り分岐・・・真砂岳・・・内蔵助山荘(宿泊)
3日目:内蔵助山荘・・・別山・・・別山乗越・・・雷鳥平・・・ミクリガ池・・・室堂ターミナル

⇒コースタイム付きの登山地図を確認

 

初日は室堂の山小屋に1泊し、高度順応も兼ねる

アルペンルートで室堂にアクセスできても、一気に標高を上げれば高山病のリスクは高くなる。立山では、高山病などで体調不良に陥る登山者が比較的多く、高山病への配慮はしていきたい。

室堂にはいくつかの山小屋がある。今回は雷鳥沢ヒュッテに宿泊。明日登る立山の山々を眺めながら、室堂平や雷鳥平周辺を散策したり、地獄谷を源泉とする温泉に浸かってゆったり過ごすのが室堂泊の醍醐味。

 

稜線の小屋に1泊して、内蔵助カールを散策

2日目は真砂岳近くにある稜線の山小屋、内蔵助山荘に1泊し、稜線から眺める日の出、日の入りをぜひ満喫しよう。さらに、内蔵助山荘の東側、15分ぐらい下ったところに2018年に氷河と認定された内蔵助雪渓がある。

日本に7つある氷河の1つ、内蔵助カールを散策。一般登山道からアクセスできる氷河はここだけ


立山三山の縦走コースから外れるが、山小屋に宿泊すれば、散策する時間もとれる。現在、日本の氷河は7つあるが、一般登山道として立てる氷河は内蔵助雪渓のみなので、ぜひ訪れたい。

他にも、立山三山の稜線上には、剱御前小屋や一の越山荘などの宿泊可能な山小屋がある。剱御前小屋からは迫るような剱岳の眺めを楽しむことができなるど、泊まる小屋によって楽しみ方もさまざま。

山荘付近を散策中に、虹がかかるというサプライズが! 


コース上に山小屋が充実している立山三山は、アルプスの3000m峰の縦走にチャレンジしてみたいという人にもおすすめだ。ぜひ余裕持った計画で、立山の魅力を味わってほしい。

剱岳の展望台である別山から、憧れの剱岳を望む

 

記録・ルポ 日本の山
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

「世界を広げるソロトレッキング」、ソロハイカーが知りたいノウハウをすべて詰め込んだ一冊です。
自由気ままに山歩きが楽しめるソロトレッキング。ひとり歩きを満喫するために、知っておくべき計画や装備、行動中の基本と応用をご紹介。
新しい自分に、新しい山に出会う、一歩先のソロを目指すための総力特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
「山のインスタ映え」大集合! 7人のインスタグラマーが撮る、美しき雪山
多くの登山者が活用する写真共有アプリ「インスタグラム」。今回は、7人のインスタグラマーが美しい雪山で撮りおろした写真をいくつかご紹介。山ヤだから撮れる、インスタ映えな山の風景、ここにあり!
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雪
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...