このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根旧街道へ行くならはずせない。江戸初期創業の老舗甘味処「甘酒茶屋」で舌鼓

下山メシのよろこび
たしなみ 2020年06月04日

下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、下山後ではなく、街道ハイキング中に、立ち寄りポイントとして計画にいれてもらいたい甘味処を紹介する。

 

「箱根の山は天下の険」

江戸・日本橋と京都・三条大橋をつなぐ、江戸時代の五街道のひとつである旧東海道。小田原箱根から三島までの区間は「箱根八里」と呼ばれる険しい山越えのルートで、当時の旅人にとっては苦難の道だった。今も畑宿から芦ノ湖の湖畔まではところどころに石畳が残り、当時の旅人の姿を思い浮かべながら歩くことができる。

梅雨の晴れ間に箱根旧街道を歩く。すてぱんさんの登山記録より

 

畑宿と芦ノ湖のちょうど中間地点に、茅葺き屋根の建物が建つ。江戸時代初期に創業した茶店、「甘酒茶屋」だ。400年以上の時を経て、今も店は営業しており、旧街道を散策してきた人たちを迎え入れてくれる。バス通りに面しており、観光客もひっきりなしに訪れる。

「山じゃないから」と侮ってかかると、箱根旧街道は案外に歩きごたえがある。ちょこちょこと現れる坂がなかなかにきついのだ。今の時代、歩きやすく整備された状態でもきついと感じるのだから、昔の人はなおさらだろう、石畳は歩きやすそうに見えるが、実際は凹凸があって歩きにくく、雨などで濡れていると滑りやすくなる。

箱根旧街道沿い、畑宿から2.4km程行ったところにある「甘酒茶屋」。昔ながらの茅葺き屋根が目印

だいぶ歩いているけど茶店はまだか…と思いながら進んでいくと、樹林の中に、ひょっこりと建物が現れる。店の脇が広場になっていて、ベンチやテーブルでくつろぐことができるのも有り難い。店内は昔ながらのしつらえのまま。薄暗く、どこかひんやりとしている。

 

毎度頼んでしまうのは、店名にもなっている名物の甘酒。やさしい甘みが口いっぱいに広がり、身体がじわっと温まる。「甘酒」といってもノンアルコール、そして砂糖は入っていない。江戸時代からずっと、米麹と米だけで作っているのだという。そしてもうひとつ頼んでしまうのは力餅。「いそべ」と「うぐいす(きな粉)」の2種類。どちらも美味しいが、私が頼むのは「うぐいす」。ふっくら、もっちりとしたお餅、ほんのり甘みのあるきな粉、あっという間に食べてしまう。

甘酒と合わせて、力餅(うぐいす)を頼むのが筆者定番

 

最近はハイキングの講座で箱根旧街道を夏に歩くことが多い。夏の甘酒茶屋の楽しみは絶品のかき氷。定番のイチゴやメロンなどのシロップもよいが、ここでは「青梅」や「つぶつぶいちご」など自家製の蜜を味わう。ふわっふわの氷の上に、やわらかい色合いの蜜がたっぷりかかっている。蜜の部分をサクサクと少しだけ崩して、スプーンで一口。自然な風味と甘さがいい感じ。食べ進めるうちに、歩いて暑くなっていた身体がすうっと冷えていく。山歩きで食べるかき氷は、本当に‟癒し”だと思う。

ここで行動を切り上げてバスで帰ってもいいけれど、美味しいものから元気をもらったし、芦ノ湖までもうちょっと頑張って歩くか。芦ノ湖の湖畔からきれいな富士山を眺めよう。…江戸時代の人たちもきっと、そんなふうにここで自分を元気づけたに違いない。

7月中旬あたりから食べられるかき氷。ここは悩まず、自家製蜜を味わってもらいたい

 

甘酒茶屋

茅葺き屋根の建物が目印、江戸時代初期創業の茶店。創業以来の製法で作る甘酒が名物。力餅、味噌おでんなども美味。夏はかき氷のほか、冷たい甘酒も味わえる。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町二子山395-1
電話:0460-83-6418
HP:http://www.amasake-chaya.jp/

※新型コロナウイルス感染予防対策の関係で、休業あるいは営業時間・形態等に変更がある場合があります。ホームページより最新情報をご確認のうえ、お出かけください。

モデルコース:箱根旧街道

行程:
須雲川バス停・・・旧街道口・・・畑宿バス停・・・橿の木坂・・・甘酒茶屋・・・箱根旧街道入口・・・旧街道杉並木・・・箱根関所跡

⇒箱根旧街道周辺のコースタイム付き登山地図

 

料理・食料 日本の山
教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
うちはね、ラーメンもおいしいんですよ! 埼玉県飯能市の「そば處・長寿庵」で満足オムライス
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は西武池袋線・飯能駅から歩いていけるメニューの豊富な!?おそば屋さんへ。
美味しいものでお腹がいっぱい、幸せいっぱい。青梅線沿線ハイキング帰りに「奥多摩釜めし」
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、途中下車をして、お野菜たくさん、ボリューム満点の釜飯をいただく。
日中は茶処として営業。御岳山の宿坊、幕末期・慶応2年に建てられた「東馬場」で下山スイーツを
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、御岳山の山上にある宿坊で下山スイーツをいただく。その建物は東京都の有形文化財にも指定されているとか…
下山メシのよろこび、初関西!すばらしい展望&カレーライスを六甲山「摩耶ビューテラス702」で
下山後に味わいたい粋なごはんを紹介するライター西野 淑子さんの「下山メシのよろこび」。今回は、関西の山「六甲山」へ遠征だ。山旅らしく、あまり登山に時間をかけ過ぎず、素晴らしい景色とおいしいご飯をいただく。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2021年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...