このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒマラヤ未踏峰「アウトライヤー」挑戦記 ヒマラヤ未踏峰を目指すことになった理由

アウトライヤー 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
ガイド・記録 2020年04月01日

NHKの「実践! にっぽん百名山」の解説などでおなじみ、萩原編集長こと萩原浩司氏は、2013年秋、ネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー(現地名=ジャナク・チュリ)」を目指した。母校である青山学院大学の山岳部のOB会長も務める萩原氏は、自ら総隊長としてこの遠征隊に参加、その準備から登頂、そして帰国までを萩原氏の目を通しながら伝えていく。

※本稿は2013年8月29日から書かれた、当時のブログの内容を、修正・加筆などを行わずそのまま転載しています。

 

ヒマラヤ未踏峰を目指すことになった理由

Date 2013年08月29日(木)


みなさん、こんにちは。山と溪谷社の萩原浩司(はぎわら・ひろし)です。このたび唐突に登場したこのブログですが、私・ハギワラがヒマラヤ登山に行くことがきっかけでした。

参加するのは私の母校である青山学院大学山岳部の登山計画です。めざす山は、ネパール・ヒマラヤのアウトライアー(現地名=ジャナク・チュリ)東峰。ネパールの東のはずれ、中国との国境にそびえる7035mの高峰です。近くにはカンチェンジュンガ山群があり、すぐ東隣はインドになります。

今回、初登頂をめざすアウトライアー東峰(右側のピーク、標高5500mのキャンプ1より)


ここはアプローチに時間がかかることもあって、エベレスト街道などの人気ルートに比べると極めて入山者も少なく、さらにアウトライアー周辺となれば日本人の記録はほとんど見当たりません。まさにアウトライアー(局外者、離れ者)といった山塊なのです。

2年前、青山学院大学山岳部は同峰の初登頂をめざして入山し、山頂まであとわずか、というところまで迫りました。 しかし残念ながら標高6800m付近で不安定な雪の壁に阻まれてやむなく退却しています。 そして今年、周囲から「再挑戦はしないのか」「OB会長が出て行かなくてどうする」といった声が上がり、また、いちばんの課題であった休暇の取得については、勤続30年のリフレッシュ休暇制度があったことなども思い出して、思い切って参加することにしたのです。

今回のメンバー構成は、学生3名にOB3名の計6名。登山期間は9月8日から10月29日までの51日間。そのうち、どうしても仕事から抜けられない私と村上登攀隊長の2名が1週間遅れでヘリコプターで入山し、中間のキャンプで合流する予定です。

すべての計画が順調で、予定どおりにコトが運べば、2013年10月10日前後に初登頂のお知らせができることでしょう。しばらくはこちらのブログと、青山学院大学山岳部のホームページを使って、登山の様子を報告していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

青山学院大学アウトライアー東峰登山隊2013 総隊長

 

アウトライアー(ジャナク・チュリ)とは

Date 2013年09月02日(月)


アウトライアー(現地名: Janak Chuli)とは、ネパールと中国チベット自治区との国境にそびえる標高7090mのヒマラヤの高峰です。そのユニークな山名の由来は、コンサイス外国山名辞典によると「1911年、イギリスのA.M.ケラスが3度目のシッキム入りをし、ジョンサンピークの一周を試みたが、この山の南麓で行きづまった。このときに英語で局外者、転じて離れ島と命名」とされています。

実際にアウトライアーの南面は、ブロークン氷河の果てに標高差1000mを超える大岩壁となって切れ落ちており、100年前の登山隊にとってそれは登攀対象以前の存在であったことでしょう。そしてその後、ネパール・ヒマラヤの東のはずれに、まさに「離れ島」のように大岩壁をそばだたせて屹立するこの峰には、長い間、挑戦しようとする者は現われなかったのです。

2000年、「登攀困難な未踏峰」を志向するスロヴェニアの登山隊が、初めてアウトライアーの登頂を目的にブロークン氷河を訪れました。それから試登と敗退を重ねた末の2006年、アンドレイ・シュトレムフェリら、ふたりのスロヴェニアチームによってアウトライアー主峰(西峰)は登頂されたのです。彼らはその前年に東峰(標高7035m)の初登頂もめざしていましたが、悪天候のために断念。東峰のみ、未踏のまま残されることになりました。

2010年、青山学院大学山岳部パーティは、スロヴェニア隊が果たせなかった東峰の初登頂を目指してブロークン氷河に入山。天候にも恵まれ、順調に南西壁の標高6800m地点までルートを切り開きましたが、不安定な雪壁に行く手を遮られ、日数が不足していたこともあって、やむなく撤退。こうしてアウトライアー東峰は、地球上に残された数少ない7000m級の未踏峰として、今もヒマラヤの空高く聳えているのです。

キャンプ2(標高5700m)から見たアウトライアー東峰南西壁と登攀予定ルート


このたび、青山学院大学体育会山岳部および同山岳部OB会(緑ヶ丘山岳会)におきましては、アウトライアー東峰に再度、挑戦することになりました。

今回はOB会長の萩原(山と溪谷社)が総隊長となって参戦。前回、最高高度に迫った村上隊員が登攀隊長として再挑戦します。OB3名、学生3名の計6名による登山隊で、2010年の経験を生かし、南西壁右端のガリーから前回の最高到達地点を越えて頂上をめざします。

登山方法は、メンバーの力量と登山経験をかんがみて前回同様、固定ロープを使用し、前進キャンプを設けるオーソドックスな登山スタイルを選択。退路を確保する安全重視のタクティクスで、確実に登頂できるように計画を立てる予定です。

今回も前回同様、現役の山岳部員3名を交えてのメンバー構成になりました。大学山岳部の良いところは、OBと現役部員とが世代を超えて同じ目標に向かっていけるというところにあります。OBと現役相互の協力体制のもと、そしてOB会や大学関係者、体育会関係者、さらに登山の趣旨にご賛同いただけるさまざまな方々からの支えを得て、登山隊一同、持てる力をフルに発揮し、ヒマラヤの未踏峰に挑戦してくる所存です。

 

CASIOプロトレック「Janak Chuli」モデルを腕に

Date 2013年09月04日(水)


私たちが目指す山「Janak Chuli」っていったいどんな山なのだろう? そう思ってインターネットで調べてみると、なぜか腕時計の宣伝が出てきます。

「Casio PRG-550-1A4ER Janak Chuli Pro Trek」

なんと、ヨーロッパでは「Janak Chuli」の名前を冠した時計が発売されていたのです。それにしても、よりによってJanak Chuliとは!

プロトレック「Janak Chuli」モデルが掲載されていたドイツのウェブサイトより


ドイツ語圏内ならば日本の「マナスル」モデルのように、「ナンガ・パルバット」や「ガッシャブルム」など、そりゃあもういくらでも初登攀に絡めてメジャーな山名も使えるはずなのに、なぜ「Janak Chuli」なのか?

日本の山にたとえるとすれば、「富士山」や「穂高岳」ではなく「中盛丸山」や「横通岳」を主力製品に命名するような暴挙であります。ヨーロッパ・カシオの販売戦略担当者はいったい何を考えているのだろう。それとも彼の地で「Janak Chuli」はそれほどまでにメジャーな山なのだろうか。

で、さらに調べてみると、他にも山名が付けられたモデルがいくつか出てきました。その名はギャチュン・カン、ナイプン、グルジャヒマール・・・・・・。これもまた、かな~り玄人好みの山ばかりですな。参りました。ぜひともネーミング効果の検証をお願いしたいものですね。

だがしかし、少なくともここにひとりだけは、そのネーミングをきっかけに購入した日本人がいます。もちろん私です。ネットで見つけたその日に注文してしまいました。

当然、連れて行きますとも、この時計を。この子の名前の由来となった山に。できることなら山頂まで・・・。

⇒次号/世界最忙? クライミング雑誌編集長

教えてくれた人

萩原 浩司

モットーは「ウラヤマからヒマラヤまで」。あらゆる山登りに対して深い興味と愛情を注ぎ、南高尾山稜の陽だまりハイキングから北アルプスの縦走登山、残雪の南会津スキーツアーに奥秩父の沢登り、小川山のフリークライミングや八ヶ岳のアイスクライミング、中央アルプスの冬季登攀、そしてたまには海外登山と、オールラウンドに山を楽しんでいる。普段の仕事は山と溪谷社の編集者。

同じテーマの記事
萩原編集長、ヒマラヤ未踏峰で危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓、18の危機体験談
NHKの「実践! にっぽん百名山」の解説などでおなじみ、萩原編集長こと萩原浩司氏の新刊『萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓』の出版を記念し、2013年の伝説のブログが、今ここに復刻!
遠征を終えて。帰国後に待ち受けるのは「空白の43日間を埋める作業」
バックキャラバンの締めくくりは2日間のロングドライブ。未踏峰への登頂の余韻に浸る間もなく、他のメンバーよりもひと足先に日本に帰国した萩原編集長を待ち受けていたものは・・・。
登頂後も豪雪に阻まれ停滞。帰りはメンバー全員で4日間のキャラバン
登頂後の「あとは下山だけ」という楽勝ムードもつかの間、ベースキャンプで季節はずれの大雪に阻まれ3日間の停滞。最後に山の厳しさを教えてくれたヒマラヤの神に感謝しつつ、帰途につく。
ついにアウトライアー東峰の山頂へ! 頂上から見た光景とは?
猛烈な吹雪のあとに訪れた好天。この好天がもってくれるよう祈りながら山頂を目指す。そして、登頂に成功した萩原編集長が目にした光景とは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!