このエントリーをはてなブックマークに追加

登頂後も豪雪に阻まれ停滞。帰りはメンバー全員で4日間のキャラバン

アウトライヤー 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
ガイド・記録 2020年05月05日

登頂後の「あとは下山だけ」という楽勝ムードもつかの間、ベースキャンプで季節はずれの大雪に阻まれ3日間の停滞。最後に山の厳しさを教えてくれたヒマラヤの神に感謝しつつ、帰途につく。

 

季節外れの大雪に阻まれ・・・3日後にようやくベースキャンプを脱出

Date 2013年10月16日(水)


10月11日の登頂成功日以降、しばらくブログの更新が途絶えてしまいましたが、これには深い理由がありました。C2から一気に下り着いたベースキャンプ(BC)で、季節はずれの大雪に遭遇。ブロークン氷河の出口付近の岩稜と、トラバース斜面の雪崩が危険すぎるために脱出することもできず、そしてソーラーバッテリーも充電不可、といった状況で、標高5200mのBCにずっと足止めされていたのです。

この季節、1m以上の積雪があることはきわめて稀であるらしく、ガイド経験の長いサーダーのツルさんにしても、約20年前にパンガで起きた雪崩遭難のとき以来だとのこと。テントが埋まりゆく光景を眺めながら、私たち隊員たちもテントの除雪以外になすすべなく、停滞の日々を送っていました。

10月12日、C2、C1を次々に撤収してBCに向かう。青空はこの日の午後から4日間、姿を見せなかった。今、思えば、背後の雲の動きがあまりにも急だった


豪雪に閉じ込められたベースキャンプ。除雪しながら過ごすのが精一杯の日々が3日、続いた


天候回復のきざしが見えはじめた10月15日午前11時、一瞬の青空を確認してから脱出を決行。1m以上の積雪に足をとられながら、通常、ポーターたちが2時間で下っていた斜面を8時間半かけて、ようやくロナークに到着することができました。もちろん、この日は登頂日以来のヘッドランプ行動。ブロークン氷河のゴルジュ帯を抜け出すころには、ウェッジピークの山端から現われた月が広い河原を煌々と照らしていました。


ブロークン氷河の最後の下降。雪の穂高並みの困難な岩場を、最低限の装備だけで下降した


ともあれ、なんとか安全地帯に出ることができて、隊長としてはホッとひと息。ロナークからは一般トレッカーが行き来するエリアになります。

登頂後の「あとは下山だけ」という楽勝ムードに対して、冷や水どころか強烈な豪雪をもって最後に山の厳しさを教えてくれたヒマラヤの神に感謝。なにしろ、この雪が1週間早くやってきたら、登頂計画そのものも完全に埋もれ去ってしまったことでしょうからね。

この停滞のために帰国予定が数日、延びそうですが、1カ月以上、共に過ごした仲間たちとのバックキャラバンを、もう少しだけ一緒に楽しみたいと思います。

 

バックキャラバン開始。標高約3600mでも酸素の濃さを感じる

Date 2013年10月21日(月)


10月17日、雪に閉ざされたロナークを後にして、トレッキングコースの2日分を歩き通し、ヘリコプターでの入山地、グンサ(標高約3600m)に到着しました。

途中、雪が深かったために予想以上に時間をとられ、途中でヘッドランプ行動となってしまい、グンサのロッジに着いたのは19時過ぎ。11時間連続行動のロングランでした。しかし、一気に1200m近く高度を下げたために体調は万全。カラマツの黄葉を愛で、足の裏に土の感触を楽しみながら、雪と氷の世界から無事に下界に下りることができたことをしみじみと実感しています。

月が隠れたあと、深夜に撮影したロナークの星空


ロナークのキャンプ地で出発前に全員集合。だれが隊員かわかりますか?


隊員たちにとっては、富士山頂上よりも高いところで約1カ月以上生活していたことになるわけで(標高5000m以上ではちょうど3週間、過ごしていました)、ここでもまだ富士山頂ほどの高さであるにもかかわらず、酸素の濃さを強く感じられます。例えるならば、酸素のぬるま湯に浸かっているという印象でしょうか。ちなみに私のSpO2の値は96。ほぼ下界並みの数値に落ち着いています。

今後の予定ですが、迎えのヘリの都合がつかなくなったため、全員でバックキャラバンをすることに決定。タプレジェンまで、登りで6日かかったところを4日間で下山します。タプレジェンからは貸切バス2日の旅で、カトマンズには23日深夜に到着予定。翌日は政府観光局ほか、各方面に登頂報告や装備のチェックのために過ごし、25日カトマンズ発の便にて帰国の予定です。

ここ、アムジラッサは唯一、南の空が開けていて衛星が拾えますが、明日以降、またしばらく深い谷の中のキャラバンにつき連絡が途絶えるかもしれません。登頂の詳細などについては、またあらためて紹介しようと思いますので、ご期待のほど、どうぞよろしくお願いします。


下山途中、タプレジェンの丘から見たジャヌー北壁。やっぱり気になる山だ

 

バックキャラバン最終日は「炎の料理人」のダルバート料理の食べおさめの日

Date 2013年10月22日(火)


さすがに7000m峰、それもネパールの東の端の山となると、帰りも楽ではありません。行きは村上隊員とともにチャーター・ヘリでカトマンズから直接、標高3600mのグンサに入山しましたが、帰りは他のメンバーたちとともに、正しく徒歩にて下山。今日で3日目、60kmほど歩き通して、バスの待つタプレジェン手前のミトゥルングに到着しました。

一昨日はアムジラッサ、昨日はタペトク。グンサ・コーラの深い峡谷に沿って標高を下げ続け、ここ、ミトゥルングは標高約900m。ということは、アウトライアー東峰山頂から、じつに標高差6000mを下山してきたことになるわけですね・・・。下山距離の積算は80kmくらいになります。

グンサ・コーラの激流に沿って下山する


風雪に閉じ込められたBCからはじまり、カラマツの黄葉が美しいグンサ周辺(標高3600m)を経て、セミがやかましく鳴き、バナナを実らせた村をたどって晩夏の集落へ・・・。今、ミトゥルング集落のはずれに設置したテントサイトでは、バラサーブ専用のディレクター・チェアに腰掛け、夕焼け雲を眺めながら、半袖シャツ一枚でPCに向かっています。羽毛服の完全装備で吹雪と戦っていた1週間前のBC生活が、まるで幻のよう。日暮れとともに、草叢からはコオロギとクツワムシの(ネパール語風の?)鳴き声が聞こえてきました。

隊員は全員、きわめて体調良好で、各々、ネパール側スタッフと談笑しながら、キャラバン最後の夜を楽しんでいます。今宵は「炎の料理人」ジャガティスのダルバート料理の食べおさめの日。今日も新鮮な(!)チキンを手に入れたらしく、自信たっぷりの表情で調理を楽しんでいるように見受けられました。そろそろいつものコール、「バラサーブ、ディナーレディ」の声が聞こえてくることでしょう。

若者たちの胃袋の暴走は誰も止められない。夕食後、食べたりないと、ついにキッチンに乱入してダルバートのお代わりを要求していた。もちろん食事はスプーンでなくネパール流に右手だけで……。


それではバックキャラバン最後の夕食を楽しんできます。

また明日(うまく通信環境が整ったら・・・)、連絡しますね。

下界に近づくにつれて文明の飲料がたやすく手に入ることは困ったことでもある。学生ふたりは未成年ということもあって、大人の麦味発砲飲料はお付き合いで封印。その代わりに、休憩のたびに要求されたのが「No coke, No walk!」

⇒次号/43日間の遠征を経て帰国の途へ――。日本で待っていたものは?

教えてくれた人

萩原 浩司

モットーは「ウラヤマからヒマラヤまで」。あらゆる山登りに対して深い興味と愛情を注ぎ、南高尾山稜の陽だまりハイキングから北アルプスの縦走登山、残雪の南会津スキーツアーに奥秩父の沢登り、小川山のフリークライミングや八ヶ岳のアイスクライミング、中央アルプスの冬季登攀、そしてたまには海外登山と、オールラウンドに山を楽しんでいる。普段の仕事は山と溪谷社の編集者。

同じテーマの記事
萩原編集長、ヒマラヤ未踏峰で危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓、18の危機体験談
NHKの「実践! にっぽん百名山」の解説などでおなじみ、萩原編集長こと萩原浩司氏の新刊『萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓』の出版を記念し、2013年の伝説のブログが、今ここに復刻!
遠征を終えて。帰国後に待ち受けるのは「空白の43日間を埋める作業」
バックキャラバンの締めくくりは2日間のロングドライブ。未踏峰への登頂の余韻に浸る間もなく、他のメンバーよりもひと足先に日本に帰国した萩原編集長を待ち受けていたものは・・・。
ついにアウトライアー東峰の山頂へ! 頂上から見た光景とは?
猛烈な吹雪のあとに訪れた好天。この好天がもってくれるよう祈りながら山頂を目指す。そして、登頂に成功した萩原編集長が目にした光景とは?
天候が悪く停滞の日々。最後は「晴れ男」パワーに期待!?
ここまで順調に進んでいた計画が一転、安定しない天候に阻まれ停滞の日々が続く。登頂に向けてのタクティクスも練り直しを余儀なくされ、最後の最後に期待するのは萩原編集長自身の「晴れ男」パワー!?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!