このエントリーをはてなブックマークに追加

登山活動もいよいよ本格的な局面へ。アウトライアー南西壁を仰ぎ見た第一印象とは

アウトライヤー 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
ガイド・記録 2020年04月20日

C1からC2へのルート工作と荷揚げなど登山活動が本格的な局面を迎える中、新しい高度で体調不良を訴える隊員も・・・。これから萩原編集長らが登ろうとしているアウトライアー南西壁は、どのような姿でそびえ立っているのだろうか。

 

ヨタヨタ歩きでキャンプ1へ・・・その理由は?

Date 2013年10月03日(木)


10月1日、荷揚げもテント設営も無事終了し、いよいよ全メンバーがキャンプ1(以下、C1)に登る日がやってきました。各自、前回の荷揚げで運びきれなかった装備を肩にC1をめざします。

ここで私の誤算。通信用の器材や光学機械関係は自分で運びたかったので、PC2台にカメラ3台、そして双眼鏡と、あれこれザックに詰め込んでみたら軽く中国南方航空の重量制限23キロを上回る重さとなってしまいました。

見た目的にも実際にも、はるかに軽そうなザックをかつぐ他の隊員たちとともに、最後のほうからヨタヨタと歩いてなんとかC1入り。5600mは先日の高所順応で経験済みのはずなのに、オーバーワークがたたって一挙に高山病の症状が出て苦しみました。しかしなんとか夕食時にはリカバー。ジャガティスが作ってくれたおいしい和風カレーをお代わりすると、Sp-O2値も80台中ほどまで回復していました。

いくら重荷を担いでがんばったといっても、高所ポーターさんのレベルにはまだまだかないません・・・


ここ、C1は標高約5600m。周囲を高峰に囲まれて通信は厳しいかと思いましたが、幸いにも東方の太平洋上にある衛星をつかまえることができて連絡が可能です。あいにく雲が低く垂れこめているため、めざすアウトライアーの姿は見ることができませんが、チベットとの国境にあたる氷河の山々を間近に見ると、本当にネパールの東の果てに来てしまった実感が湧いてきます。

ちなみにC1へのルートは、ブロークン氷河の右岸の台地をトラバース気味に登高。このあたりはおだやかな草原地帯がひろがっていて、エーデルワイスの群落はもちろんのこと、ブルーポピー(残念ながらドライフラワーで色はわからず)や、枯れそびれた(?)サクラソウが一輪だけ紫の花を咲かせているなど、苦しいながらも気持ちのいい登りでした。夏にはきっと素敵な花と緑の草原となっていることでしょう。ただし、重荷を肩にしたまま息を止めて花の写真などを撮っていると心拍数は爆発的に上昇! ここには平地の半分しか酸素がないことを実感させられます。

C1への途中で一輪だけ咲いていたサクラソウの仲間


隊員たちのなかには、やはり新高度での不調を訴える者多数。明日は氷河を渡ってアウトライアー南西壁の基部にあたるC2への荷揚げですが、さて、大丈夫だろうか・・・?


ようやくC1に到着。残念ながらアウトライアーは雲の中に隠れていた

 

第一印象は「今年は雪が多い!」。登山活動もいよいよ本格的な局面へ

Date 2013年10月03日(木)


10月1日にC1へ移動、10月2日はC2へのルート工作と、登山活動もいよいよ本格的な局面を迎えることになりました。長い間、キャラバンの話が続いて退屈されている読者の方もいらっしゃるかもしれませんが、ここから登攀活動はいっきに急展開を見せますのでどうぞお楽しみに。とはいっても、通信環境、(特にソーラーバッテリー関係)のために更新が滞るかもしれませんが、その節はご了承ください。

本日、10月2日はC2予定地まで登攀用具の荷揚げとルート工作を行ってきました。メンバーは高所ポーターたちのほかに萩原・村上・本田の3名。他の隊員たちはC1にて待機となっています。

氷河末端付近を行く村上隊員


クレバスを避けながら氷河地帯の迷路を行く


BCからしばらくガレ場を登ると、ブロークン氷河の舌端に到着。20~30mほどの厚さの氷が、谷底に向かって傾いでいる姿は見ものです。ここからアイゼンに履き替えて雪と氷の上を、クレバスを避けながら登高。正面にはアウトライアー東峰の巨大な南西壁が、まるで我々の行く手をさえぎるかのように高くそびえたっています。

今年は雪が多い! というのが第一印象でした。

今回、我々がルートとして選ぼうとしているのは、前回(2010年)と同様、東峰の肩に向かってせりあがる雪の斜面を詰め、懸垂氷河の左端からコルへと登り、国境稜線を頂上に向かうというラインです。雪面をルートに選ぶ以上、雪のコンディションが重要なのですが、前回の写真と比べると明らかに壁全体に着雪が多いようです。

ここのところ天気も朝だけがよくて午後には雲が湧き、霰を降らせるという周期が続いていますが、登頂予定日の10月10日前後にはなんとか乾季の晴天に恵まれたいものですね。


氷原の奥、南西壁の取り付き手前付近をC2予定地とした。標高は5800m。右のドーム状のピークが今回目指すアウトライアー東峰で、右肩に向かって伸びる雪壁が今回の登攀ルート。懸垂氷河を左から回り込んだのち、稜線に向けて核心部となるミックス壁が待ち受ける

 

食の最終兵器

Date 2013年10月04日(金)


「炎の料理人」ジャガティスの愛情料理も、アマノフーズの超美味フリーズドライ食品でも、どうにも食が進まない日というのがあります。そんなときのために用意してきているのが食の最終兵器。やっぱり日本食が基本でしょう、というなかで、私が持ち込んだのは「雲丹(うに)のり」と「雲丹めかぶ」でした。

7月に大山に行った帰りに、米子鬼太郎空港の売店で目にして「ぜったいにヒマラヤで食べてやる!」と、心に誓って持ち込んだ自信のひと品です。効果は絶大! 高度障害に侵された胃袋に心地よい刺激が加わり、元気回復。白いごはんに、「とりあえずひとりスプーン半分ずつだからね!」 という隊長命令にもかかわらず、学生たちの無限胃袋の前にあっという間にカラになってしまいました。

これに懲りて、あとひとつの「雲丹めかぶ」のほうは、頂上アタック前夜の戦闘食として、ザックの奥深くにしまいこんであるのです。

食の最終兵器、「雲丹のり」と「雲丹めかぶ」

⇒次号/天候が一転、悪天が続き停滞を余儀なくされる

教えてくれた人

萩原 浩司

モットーは「ウラヤマからヒマラヤまで」。あらゆる山登りに対して深い興味と愛情を注ぎ、南高尾山稜の陽だまりハイキングから北アルプスの縦走登山、残雪の南会津スキーツアーに奥秩父の沢登り、小川山のフリークライミングや八ヶ岳のアイスクライミング、中央アルプスの冬季登攀、そしてたまには海外登山と、オールラウンドに山を楽しんでいる。普段の仕事は山と溪谷社の編集者。

同じテーマの記事
萩原編集長、ヒマラヤ未踏峰で危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓、18の危機体験談
NHKの「実践! にっぽん百名山」の解説などでおなじみ、萩原編集長こと萩原浩司氏の新刊『萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓』の出版を記念し、2013年の伝説のブログが、今ここに復刻!
遠征を終えて。帰国後に待ち受けるのは「空白の43日間を埋める作業」
バックキャラバンの締めくくりは2日間のロングドライブ。未踏峰への登頂の余韻に浸る間もなく、他のメンバーよりもひと足先に日本に帰国した萩原編集長を待ち受けていたものは・・・。
登頂後も豪雪に阻まれ停滞。帰りはメンバー全員で4日間のキャラバン
登頂後の「あとは下山だけ」という楽勝ムードもつかの間、ベースキャンプで季節はずれの大雪に阻まれ3日間の停滞。最後に山の厳しさを教えてくれたヒマラヤの神に感謝しつつ、帰途につく。
ついにアウトライアー東峰の山頂へ! 頂上から見た光景とは?
猛烈な吹雪のあとに訪れた好天。この好天がもってくれるよう祈りながら山頂を目指す。そして、登頂に成功した萩原編集長が目にした光景とは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!