このエントリーをはてなブックマークに追加

例年とは少し違う夏山シーズン――、この夏は特に熱中症に気を付けなければならない理由

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2020年06月19日

間もなく本格的な夏山シーズを迎えるが、例年以上に熱中症には注意しなければならない可能性が高い。この新型コロナウイルスによる登山への影響は、さまざまな部分に影響しているからだ。

 

長野県内では、近年、夏山シーズンにおける熱中症搬送が急増していますが、今シーズンはさらに注意が必要となりそうです。その理由のひとつが、外出自粛などにより、体が暑さに慣れていないことです。そして、もう一つは行動中のマスク着用で、熱中症リスクが高まる危険性が指摘されているからです。

厄介なことに、熱中症とコロナウィルス感染症の症状は似ているため、熱中症による救急搬送と決まっても、すぐには搬送できない可能性が高いことも懸念されます。

ただし、新型コロナウイルスに対して、熱中症は「防げる」病気です。登山者の皆さんは、下記に留意して、熱中症に絶対にならないようにしましょう。

 

暑さが体に慣れていないので、暑熱順化を!

今年は外出制限などによる運動不足や暑さへの慣れが不足し、熱中症の発症率増加が懸念されています。加えて、トレーニング不足による体力低下も心配されます。

今後、さらに移動制限が緩和されて、いざ高い山に行こう! としても、体がついていかない可能性があります。ひいては遭難につながるという危険性も考えられます。本格的な夏を迎えるまでに体力をつけ、暑さに体を慣らす(暑熱順化)よう努める必要があります。まずは、以下のことから始めておきましょう。

  • 近所で一人または少人数での速歩、ジョギング、軽登山など
  • 自宅での体操、ストレッチなど
  • 運動前・中・後も、体調の変化に常に留意する

 

マスクで体に負担がかかります!

普段の生活ではマスク着用が推奨されていますが、登山中にマスクやネックゲイターを使用すると、不快感が増大したり、息苦しくなったり、体温を下げにくくなったりする可能性が指摘されています。また、口が乾きづらくなり水分をとる回数が減ることも想定されます。

基本的には、登山中に常時マスクを着用する必要はありません。まずは、少人数で登山する、混雑期を避ける、ほかの人との距離を取る、という基本を徹底しましょう。そのうえで、人とのすれ違いや追い越し時、休憩場所など人がいるエリアに入る前に、マスクを着用するようにしてください。

長野県観光部山岳高原観光課では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「入山注意報」を発表しています。 「入山注意」山域へ入山する際は、「登山者への5つのお願い(PDF)」を守ってください。以下の動画も参考にしてください。


また、飛沫感染を防ぐために、普段より運動強度を落として息が上がらないようにすることで、体への負担も軽減されます。

息苦しさ、のぼせ感を感じたときは、すぐにマスクを外して休憩をとって水分補給するなどしてください。くれぐれも無理のない登山を心がけましょう。

 

基本はいつもの「熱中症対策」を忘れずに!

登山中の熱中症対策の基本は、例年と同じですが、体が慣れていないことを考慮し、さらに用心深く行動しましょう。以下のチェック項目に従って、熱中症対策を行ってください。

  • 「暑さ指数」によっては登山自体が不適!いさぎよく中止!!
     →「暑さ指数(WBGT)」や天気予報をしっかりチェック!
  • 水分と塩分の適切な摂取(経口補水液も活用、登山前・後にも!)
     →しっかり食事をとることも大切!!
  • 体調不良、寝不足で入山しない!
     →疲労は熱中症リスクを増大させる!
  • 遮熱・放熱する(帽子、服装など、脱ぎ着もこまめに。)
     →日焼け防止グッズも有効ですが、放熱も意識して!

最後に――。

病気やケガの予防、遭難防止・コロナ感染防止対策に加え、他の登山者への配慮や優しさも、安全登山のためには大切なことです。私たち登山者一人一人の心がけと気遣いで、楽しく安全な登山シーズンにしましょう。

 

教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター
⇒Youtube

同じテーマの記事
AIを使って、保存している写真を活用してみよう! Googleレンズが教えてくれる山のこと
山で撮ったたくさんの写真、どうしてますか? 「AI」というキーワードが盛んに叫ばれている今、その写真をAIで調べてみませんか? 山のこと、咲いている花のこと、登山用具のこと、AIが回答してくれるかもしれません。
山に行けない今こそ、スマホと無料アプリでできる紙の記録のデジタル化を!
過去の登山記録をノートや印刷物として保管している人。また、写真がプリントしたものしか残っていないという人。山に行けないこの時間をチャンスと捉えて、スマホと無料アプリで一挙にデジタル化してみてはいかが?
雪山での危機を回避するための4つの「防御力」を高めるための、具体的な方法例
雪山での危機を回避するためには、登山者自身が危機からの「防御力」を高める必要があるという。その防御力の実際と、高めるための具体的な方法について簡潔に説明する。
「今年こそ雪山へ!」の前に、危機を回避するための「防御力」を身につけよう
夏山にはない魅力を味わえる冬山登山だが、その厳しさは夏山とは比べ物にならない。危機を回避するには、登山者自身に「防御力」が必要という。雪山登山における「防御力」とは、どんなものだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!