このエントリーをはてなブックマークに追加

上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2018年07月12日

夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所で、しっかり対策を行っておきたい。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南します。

 

夏が近づいてくると、よくニュースで耳にする言葉のひとつに「熱中症」があります。登山は激しいスポーツなので、山の上の涼しい場所でも熱中症が起きることは珍しいことではありません。特に晴れた夏山などでは、熱中症の危険とは常に隣り合わせとなります。

また、熱中症と併せて気をつけなければならないのが水分補給です。水分不足は高山病や血液の粘性増、運動機能の低下やむくみの原因にもなります。そこで今回は、特に熱中症予防の観点から、上手な水分摂取の方法について考えてみたいと思います。

 

登山中は何を飲めばいいのか?

ご存じのとおり、汗の成分は水だけではありません。ナトリウム(塩分)やカリウムが含まれているので、汗が出たら水分とともにこれらも補給する必要があります。水ばかり摂取していると、尿量が増えることで、かえって脱水症状に陥ったり、いわゆる「水中毒(低ナトリウム血症)」になってしまったりする可能性があります。水分を摂ったら、塩分も摂ることが必要となります。

ナトリウム(塩分)やカリウムを同時に効率よく同時に摂取するには、市販のスポーツ飲料などを上手に利用するのが手軽な方法です。ただし、スポーツ飲料は製品によっては多量の糖分も含まれていて(これは糖分が運動中に必要なエネルギーを補うにも良いからです)、人によっては甘すぎて飲みづらいと感じる方もいるようです。

サッパリとしたものが飲みたいのでお茶や水にしたいというは、水分とは別に塩分タブレットや梅干しなどを摂取してください。目安としては、1リットル当たり1~2グラムの塩分を一緒に補給することです。

ちなみに、最近よく目にするようになった経口補水液は、スポーツ飲料より塩分濃度が高く作られていて、脱水症状が現れた場合に効果を発揮します。もちろん脱水症状が起きていない時や行動中に飲んでも支障はありません。

行動中の水分補給の際には、塩分の摂取も大切。水分とは別に塩分タブレットや梅干しも考慮しましょう

 

登山前から水分摂取しておくのが熱中症対策!

熱中症対策は、起きないように準備しておくことも大切なことです。まずは「登山前」に十分に水分を摂っておくことが大事です。

登山の出発は早朝であったり、また長時間の移動後であったりすることが多いので、朝からあまり水分を摂れずに行動を開始してしまい、登山前からすでに体が水分不足の状態に陥っている場合も多いようです。

また、トイレを心配して水分を摂らない方もいますが、これも危険です。出発前には意識的に十分な水分を摂取することが必要です。

具体的には、当日出発前に300~500mlくらいは飲んでおきたいところです。山によっては十分に水を確保できない場所もあるので、水分が容易に手に入る入山前にしっかり摂取しましょう。

 

登山中は「喉が渇く前に」が大切!

山行中の水分摂取量はどのくらいがふさわしいのでしょうか? 下記の式でおおよその量が求められます。

必要水分量(ml)=体重(kg)×行動時間(H)×5(ml)

上記のおおよそ、7割~8割を行動中に摂取するとよいと言われています。

ただし、上記は暑くない時期に、軽装で整備された登山道を歩いた場合を想定している数値になります。真夏の稜線のように日差しが強い場所や、湿度・温度の高い場所を歩く場合などは、係数を6~7(ml)程度に上げて計算しましょう。

量とともに重要なのが、摂取するタイミングです。よく「喉が渇いてからでは遅い」と言われます。暑い時期であれば、特にこまめな休憩を心がけて、行動食とともに必ず水分も摂取するようにしましょう。例えば1時間に1回の休憩時には、500mlペットボトルの1/3~1/2程度摂取することを意識するとよいでしょう。

ハイドレーションシステムは便利ですが、水以外のものを入れるとカビが生えやすいなどの理由で、水を入れている方も多いと思います。ポケットに塩分タブレット、塩飴や干し梅などを入れて、飲むと同時に食べるとよいでしょう。

ハイドレーションシステムについては「飲んでいる量が分かりづらい」という意見があります。実際、摂取量を把握するのは大切ですので、時々は残量を確認して、どれくらい飲んでいるか確認するようにしましょう。

雨の日でも汗をかいています。休憩時は水分補給を心がけましょう

 

登山後の水分補給も忘れずに!

下山後や小屋についてからなど、1日の行動が終わった後は、足りなかった分を補う意味も含めてしっかり水分を摂りましょう。小屋の食事で出る味噌汁も、水分と塩分補給におススメです。

また、「乾いた喉に、小屋でしっかりビール!」と行きたいところですが、アルコールは利尿作用を促進してしまうとともに、睡眠時の呼吸数が減ってしまい、高山病のリスクも高まる可能性があります。お酒を飲む前には水分補給をしっかりして、アルコールはほどほどに!

水分を上手に摂ることは、熱中症や高山病の予防につながるとともに、疲労の軽減にも効果的です。ぜひこの夏、水分摂取を意識して、山を楽しみましょう。

 

料理・食料 ボディケア セルフレスキュー
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
冬本番、備えは大丈夫? 近年の雪山遭難事故の傾向から考える、雪山との付き合い方
雪山でしか行けない場所、雪山でしか楽しめない登山――。雪山は登山者のテリトリーは大きく広げる。しかし夏山と比較すれば、そのリスクも大きい。雪の性格を知り、安全登山を心がけよう。
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。