このエントリーをはてなブックマークに追加

「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」入賞作品発表! 最優秀作品は、『火の山と星空』

Yamakei Online Special Contents
その他 2020年07月07日

ステイホーム期間中に開催しました「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」。1202点の作品をご投稿いただきました! ご参加ありがとうございました。山に行けないだけでなく、外出することも以前のようにできない状況の中、山の写真をシェアすることで、少しでも「山」と「自分」の気持ちが繋がる手伝いになったのであれば、嬉しく思います。

さて、「ヤマケイオンライン」編集部による選考会の結果、以下の入賞作品が決定しましたので発表いたします。どうぞ、編集部からのコメントと共にお楽しみください。

★「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」概要

 

タイトル
『火の山と星空』
ニックネーム
マツキョン さん
撮影場所
阿蘇山
阿蘇は、この季節ミヤマキリシマが咲き誇ります。良く晴れた夜には星空が広がり、噴煙と共に大地の息吹を感じます。2020年夏には地震で不通になったJRも開通し、復興は確実に進んでいます。

[編集部よりコメント]
阿蘇火山は周囲100kmともいわれるカルデラを抱く複式火山の総称で、そのカルデラの規模は世界最大級といわれています。噴煙を上げるのは中岳(1,506m)。大地の躍動と天空を横断する天の川を捉えた作品は、登山という枠を越えて、宇宙の神秘を感じます。

 

タイトル
『あこがれの縦走路』
ニックネーム
ぐるーちょ さん
撮影場所
五竜岳から鹿島槍ヶ岳
最初の年は台風で行けず、次の年は当日に自宅最寄り駅で転び顔面強打し、膝を7針縫う怪我で断念。3年目にやっと行けました! 夢にまでみた縦走路。キレット小屋から見上げる鹿島槍の美しさ。また歩きたいです。

[編集部よりコメント]
「あの山に登りたい! と想いを寄せてから三年目に実現」は、そんなに珍しい話ではないかもしれませんが、登山の当日に出発直後の最寄り駅で転倒からの7針は、そうそうある話ではありません。三年目は晴天に恵まれましたね! 雑誌の表紙を飾るような夏らしい山写真です。

 

タイトル
『光のシャワー』
ニックネーム
オールドマウンテンボーイ さん
撮影場所
南アルプス・杖立峠付近
鳳凰三山縦走の初日、悪天候の中、夜叉神峠を出発しました。樹林帯を歩いている時、瞬間霧が晴れ、太陽が顔を出しました。あまりにも神々しい光だったのでシャッターを押しました。

[編集部よりコメント]
登山に行けるだけでもありがたい昨今ですが、山を歩くなら、やっぱり景色が良い方がいいと欲張りな気持ちになるものです。霧の晴れ間から見えた太陽は気持ちが揚がったことでしょう。なんてことのない樹林帯の登山道でも、一瞬の光ですごくきれいに見える…まさにそんな瞬間。

 

タイトル
『雲上のレストラン』
ニックネーム
Tomoki さん
撮影場所
白馬岳
山小屋だけども下界にも負けないレストラン。窓の外を見れば剱岳が望め、訪れた登山者一人一人のストーリーが感じられます。

[編集部よりコメント]
まるで写実画のような、山小屋での一コマを切り取った作品。男女の2人は、剱岳を前に何を話す? 登山者のストーリーが交差する山小屋。また以前のように、山小屋を訪れ、各々の時を過ごしたいと改めて感じさせられる一枚です。

 

タイトル
『おつかれさま』
ニックネーム
伊藤高明 さん
撮影場所
わさび平小屋
昨年、小学校三年生の息子と富山の有峰から入って、4泊かけて新穂高まで越してきました。フィナーレに近いわさび平小屋でスイカが売っていたので、一緒に食べました。美味しそうに食べていた息子が忘れられません。もう一度、あのような素敵な夏を過ごしたいです。

[編集部よりコメント]
まず、小学三年生の息子さんと4泊の登山に出かけたというお父さんに拍手を送りたいです。「スイカを美味しそうに食べていた息子さんが忘れられない」とのとこですが、きっと息子さんにとっても、生涯忘れることのない5日間となっていることでしょう。

 

タイトル
『キャッ!ナキウサギ 保護色だね』
ニックネーム
LEICA さん
撮影場所
大雪山・黒岳
はじめてナキウサギに会った時の写真です。この日は何度も姿を見せてくれました。少し警戒した声を出していましたが、可愛かったです。

[編集部よりコメント]
編集部全員から票を集めた作品。日本では北海道にしか生息していないとされているナキウサギですが、もう‟かわいい”の一言です。警戒心が強く出会うのも貴重なのに、バッチリ写真に。この日は、何度も姿を見せてくれたそうですが、そんな運のいいこともあるのですね!

 

タイトル
『満月が沈む白馬岳と登山者』
ニックネーム
ヒロさん さん
撮影場所
栂池自然園
満月が白馬岳に沈むチャンスを狙って、栂池自然園から望遠で構えていました。すると山頂付近には夜明け前から動き出した登山者のヘッドランプの灯りも見えていたのです。夢中でシャッターを押した中の一枚に、なんと偶然にも登山者の姿が映り込んでいた、とても印象的な写真になりました。

[編集部よりコメント]
‟満月が白馬岳に沈む瞬間”を撮ろうと、時期や角度を想像して、随分、準備されたことでしょう。(シルエットとして)登山者が映り込むという偶然が重なって、なんとも印象的な写真に。偶然でもいい。こういう写真が撮ってみたい!

 

タイトル
『雪の惑星』
ニックネーム
@ito.k さん
撮影場所
月山
一面の雪の白と青空がとても美しかったです。

[編集部よりコメント]
雪の白さと成層圏を思わせる深い青が印象的ですが、なにより「雪の惑星」というタイトルに感服しました。写真の中にぽつぽつと見える人影はオアシスを求めて砂漠を歩く旅人のよう。イマジネーションがかき立てられる一枚です。

 

タイトル
『ドルフィン・キッス』
ニックネーム
へほ さん
撮影場所
燕岳

[編集部よりコメント]
花崗岩質の燕岳周辺には、風化で作られた不思議な形の岩がいくつもあります。なかでもキュートで人気なのが、こちらのイルカ岩。そのイルカ岩が太陽にキスする姿をドンピシャのタイミングで捉えた一枚です。海原から真珠を咥えて飛び出したようにも見えますね。奥には晩秋の槍ヶ岳の姿も。

 

タイトル
『旅の終わり』
ニックネーム
たてりん さん
撮影場所
稚内市
2019年9月某日
急遽、北海道で唯一晴れ予報だった利尻山へ。星空のナイトハイク、山頂からはモルゲンに染まり地平線に浮かぶ礼文島と樺太、そして海を照らすご来光。朝陽を浴び紅葉がキラキラと輝き、下山するまで終始最高の景色に出会えました。利尻島を離れ、稚内から海沿いを走る帰り道、この旅を締めくくるかのような、利尻山の裏へと沈みゆく夕陽。感動のフィナーレ、思い出の一ページにしっかりと刻まれた山旅になりました。

[編集部よりコメント]
数ある日本百名山の中でも、特異な場所にある利尻山。島全体が一つの山を形成しています。頂を目指して海を渡っているときは気分が高揚しますが、旅が終わって振り返って見る山の姿は、感慨深いことでしょう。そんな感情がにじみ出るような作品です。

 

タイトル
『モノトーン』
ニックネーム
トモキキ さん
撮影場所
比良山系 武奈ヶ岳
居酒屋のビールじゃないですが、我が家にとって、行き先に悩んだら「とりあえず武奈」と身近な山。それでもハッとするような風景を見せてくれます。

[編集部よりコメント]
琵琶湖西岸に連なる比良山地の最高峰・武奈ヶ岳。標高は、1,214m程。トモキキさんにとっては、居酒屋ビール的な山だそう。そんな身近な山にみる、緊張感ある風景を捉えています。四季折々、山の表情はまさに百面相。また、モノトーンならではの濃淡は、日本の美を感じさせます。

★「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」概要


入賞された方には、ヤマケイオンライン会員情報に登録しているメールアドレス宛てに、ご連絡させていただきます。必ずご確認、ご返信ください。

  • アドレス(yamakei-online@yamakei.co.jp )から連絡いたしますので、メールが受信できますよう設定をお願いいたします。
  • ご返信いただけない場合、賞品の受け渡しが出来なくなる場合がございますのでご了承ください。

 


入賞された方には、ヤマケイオンライン会員情報に登録しているメールアドレス宛てに、ご連絡させていただきます。必ずご確認、ご返信ください。

  • アドレス(yamakei-online@yamakei.co.jp )から連絡いたしますので、メールが受信できますよう設定をお願いいたします。
  • ご返信いただけない場合、賞品の受け渡しが出来なくなる場合がございますのでご了承ください。
写真・映像
同じテーマの記事
「笛吹川を遡る」 ~日本に、世界に「沢登り」を誕生させた登山~
日本で独自に発展した山の楽しみ方、「沢登り」。その魅力を知る山岳ガイド「山の谷」を主宰する山田哲哉さんが、そもそもこの「沢登り」という楽しみ方がどうやって始まり、深まっていったのか、明治・大正期の偉大な登山者の足跡を追いながら紹介する。
「ザ・ノース・フェイス」のレインウェア2種。ギアライターによるフィールドインプレッション
「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」が今シーズンイチオシするレインウェア「FLスーパーヘイズジャケット」と「クライムライトジャケット」の2アイテムを、『山と溪谷』ほかでギアをチェックしてきたライターの佐藤慶典さんが、雨のフィールドでインプレッションした。
advertorial
今夏は特に注意して! コロナ禍における山岳地のテント場利用とテント泊山行について
年間100日近くテントで泊まって過ごすという山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さん。雑誌への執筆のほか、テント泊に関する著書も多数ある庄太郎さんが、コロナ禍の中でのこの夏のテント泊について、テント場の状況について、寄稿してくれた。
「いざ、テントを担いで山登り!」女性登山ガイドの菅野由起子さんがfinetrackの山岳用テント「カミナドーム2」をインプレッション
「withコロナ」の山登りとして、人との距離を保つことが求められ、山小屋での宿泊人数も限られて、テント泊を検討している人も多いのではないでしょうか。
シュラフで寝ることに憧れて山登りを始めたという菅野由起子さんは、妙高をベースに活動する女性登山ガイド。今回、「finetrack(ファイントラック)」の山岳テント「カミナドーム2」を、妙高山・火打山の麓、笹ヶ峰のキャンプ場でインプレッションしてもらいました。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...