このエントリーをはてなブックマークに追加

東北のニッコウキスゲは当たり年! 類のない密度と花数で湿原を黄色に埋め尽くした大群落

髙橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2020年08月13日

梅雨空が続いた7月は、山から足が遠のいていた人が多かったかもしれない。しかし、雨を押して東北の山々に向かうと、過去に類を見ないほどの花数のニッコウキスゲが咲き誇っていたという。

 

斜面が黄色くなるほど咲き乱れる、秋田駒ヶ岳に咲くニッコウキスゲ


7月の末から8月にかけて、東北の秋田駒ヶ岳と八幡平に登ってきた。今年の東北は雨が多く、出発前には高山植物の花の状態を心配していたが、いざ登ってみるとニッコウキスゲやコマクサの花をはじめ、たくさんの高山植物が開花していた。

今年は花が元気である。湿原の木道をニッコウキスゲの花が黄色に埋め尽くしていた。まだ梅雨明け宣言は出ていなかったが、運よく雨に降られることはほとんどなかった。

八幡平は湿原の全域でニッコウキスゲが咲いていたが、特に多いのが八幡沼の周辺だ。花が一番多い場所は、木道から遠くちょっと残念。池塘の向こうに無数に咲くニッコウキスゲは感動的である。もちろん木道の近くでもたくさんのニッコウキスゲが咲き乱れ、木道にはみ出るように咲いているので、ニッコウキスゲをかき分けながら歩くような贅沢な状況であった。

登山者が少ないためストレスなくニッコウキスゲが咲いていた


秋田駒ヶ岳では阿弥陀池から男岳への登り始めの斜面の群落がすばらしかった。なぜこれほど数多くのニッコウキスゲが密集するのだろうか。この斜面にはニッコウキスゲ以外の植物生えていないので、花の密度がとても濃い。さらに今年はひとつの花茎に付いている蕾の量が多いような気がする。

とにかく、規模はともかく、密度においてはなかなか他には類のないニッコウキスゲの群落である。今年この時期に秋田駒ヶ岳に登ることができたのは本当に幸せであった。

ニッコウキスゲの花は二日間咲く


もちろんニッコウキスゲ以外にも、 他の花もたくさん咲いていた。秋田駒ヶ岳ではコマクサが花の終盤ながら斜面をピンクに染めていたのには感動した。

コマクサは秋田駒ケ岳の大焼砂などの砂礫地に多い


また、美しさを再発見したのがタカネアオヤギソウだ。緑色の花を咲かせる、どちらかと言えば地味な花だが、よく見ると上品な美しい形をしている。開いたばかりの花が多く、緑色の花に雄しべの黄色がアクセントとなっている。地味なだけの花だと思っていたが、よく見直してみると、緑色の花の個体ばかりではなく、花の中央に紫色の星形の模様をもつものなどがあり、バラエティが豊富で美しかった。

タカネアオヤギソウは一見地味な花だがよく見ると美しい


梅雨明け宣言が遅れていたが、あまり雨に降られることもなく、八幡平に3回、秋田駒ヶ岳に2回登った。登った日付は、ほんの数日違うだけだが、花の状態は少しずつ違っていて、毎回新しい発見があり、飽きることはまったくなかった。数日でダイナミックに変化する、自然と高山植物の生命力に感動した5日間であった。

コバノトンボソウは、高山の湿原に咲くちょっと地味なラン

 

高山植物 日本の山
教えてくれた人

髙橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒髙橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
甘利山、お前もしか・・・。ニホンジカによる食害で変わる植生の原因は人類の行動
山梨県の甘利山は初夏のレンゲツツジが有名だが、それ以外にも多くの花が咲くことで知られる。しかし最近は、その花数を減らしつつあるという。その原因は・・・、鹿の食害である。
梅雨に山で、ひそかに咲くバイカツツジ。美しい花なのに登山者に知られていない3つの理由
梅雨時にでもたまには晴れの日がある。こんな時には花の山に登りに行こう。梅雨時にはこの時期にしか咲かない花がある。その1つが、今回紹介するバイカツツジ(梅花躑躅)だ。
名前のイメージは悪いが、梅雨の散歩を彩る花、ドクダミ。
危機的状況は去ったものの、まだ積極的な外出を控えている人も多いと思う。それでも自宅の周囲を歩いて、なまった身体を動かしてほしい。そして街の草木に目を向けると、今の時期はドクダミの花の姿が目立つ。今回はドクダミの花の話だ。
5月の街中に咲く野生植物――、「名もなき雑草」という名前の花はない!
「STAY HOME」が叫ばれているが、近所の散歩は制限の対象ではないので、大いに行ってほしい。その散歩も、ひと工夫で楽しみが広がる。「名もなき雑草」と呼ばれる草花の名前を知ることで、新しい発見があるはずだ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。