このエントリーをはてなブックマークに追加

登山地図アプリの使い方を知っていれば、道迷いは激減するかも?

From ワンダーフォーゲル編集部
登山技術 基礎知識 2017年09月06日

登山にスマホの地図アプリを使う人が増えている。一方で、紙地図にこだわる人や、スマホに対して懐疑的なスタンスをとる人もいる。紙地図派、地図アプリ派、あなたはどっち? 地図アプリ「ジオグラフィカ」開発者の松本圭司さんは、紙地図派を否定することなく、「地図アプリをインストールしても(装備の)重さは変わらない」という。

 

紙地図派が、地図アプリ派に対して発する言葉は決まっていると、地図アプリ「ジオグラフィカ」開発者の松本圭司さんは言う。

いわく、

  • 電波が入らないと使えないんでしょ。
  • 電池がすぐなくなるよね。
  • スマホのGPSは精度が低いのでは?

松本さんは、瞬時にこう返すという。

  • 電波が入らなくても使えます(電波が入らなくてもGPSは捕捉できる)。
  • 機内モードにすれば丸1日充分にもつし、予備バッテリーがあれば数日持ちます。
  • それは昔の話。いまのスマホはGPS専用機にも劣りません。

紙地図と地図アプリの最大の差は、「地図アプリは現在地が表示される」ということ。

これは、地図アプリ最大のメリットでもある。いま、どこに自分がいるか、すぐにわかる。ということは、そもそも道迷いという事態に陥らないということ。

地図アプリは、山岳遭難の約4割を占める道迷いを、ぐっと減らすことができるかもしれないのだ。

ただし、地図アプリは、読図スキルを底上げしてくれるものではない。地図上に現在地が表示されても、そもそも地図が読めなければ意味がない。地図読みの基礎知識は、紙地図、地図アプリ限らず、身につけておくべきだ。

また、地図を読む楽しみという点では、ピンポイントで現在地がわかってしまう地図アプリは、まったく向いていない。いま自分がどこにいるのか半信半疑のまま進み、正解に辿り着いたときの達成感とは無縁だ。

紙地図と地図アプリ、それぞれにメリットとデメリットがある。しかし、どうせスマホを山に持っていくのなら、「地図アプリをインストールしても重さは変わらない。緊急時の保険として入れておいて損はないでしょう」と松本さん。

とはいっても、その緊急時に使い方がわからないでは済まされない。そこでワンダーフォーゲル10月号・特集「新しい地図読みの教科書」では、地図読み技術はもちろん、地図アプリ入門者のために登山用の地図アプリの使い方を徹底解説。この機会に、予習してみてはいかがだろうか?

地図・読図
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

剱・穂高ガイドの完全版。憧れの剱・立山連峰へ!
豪雪に削られた急峻な山々はすべての登山者の憧れの地だ。「岩と雪の殿堂」と呼ばれる剱岳は一般登山道最高難度のルートである。
一方、室堂を起点に東にそびえる立山、西に広がる弥陀ヶ原は、ビギナーでもスケールの大きい景観を楽しめるエリアだ。
ビギナーからベテランまで、レベルに合わせて楽しめる、丸ごと一冊剱・立山大特集!
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
日本百名山に惜しくも選ばれなかった山たち、その理由は「登ってない」、「背が低い」
登山者から高い人気を誇る日本百名山。その百名山を選んだ深田久弥氏は、苦渋の決断で百名山に選ばなかった山があるらしい。そこで、惜しくも落選となった山々を、理由と合わせて地域別に紹介しよう。
テント泊でガスストーブを忘れた! お湯が沸かせなくてもカップラーメンは食べられる?
テントを設営してさあ食事!と思ったらガスストーブを忘れた、なんてことは起こりうる自体だ。これはもはや致命的なミス、と思っている方。工夫すれば、なんとか食事にありつける方法もある。
知れば知るほど奥深い!「全国岩稜名山」の魅力とリスク
全国各地に存在する岩稜の名山。北アルプスなど、高山の岩稜の山とは一味違った地方・低山のリスクと、それを押しても行きたくなる魅力について紹介する。
身の丈に合った登山プランを着実に実行するために――、ソロハイクのプランニングTips
自由気ままなに1人で山に登るのは、登山の醍醐味のひとつだ。登山計画を1人で計画して、ひとりで歩く。身の丈に合ったプランを着実に実行し、スキルアップしていくためのプランニング術のTipsには、どんなものがあるだろうか。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?