このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山の怖さと魅力って? 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(1)

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2017年11月27日

雪山登山に興味はあるけど・・・。正直、怖さがあって一歩が踏み出せません。雪山をやっている方、雪山の怖さ、魅力って何だと思いますか?

冬山の怖さと魅力って?

質問:
冬でも登山をしたいと思っていたところ、雪山に先輩から誘われましたが、トライしようかどうか迷っています。先輩には「冬山こそ山の魅力」と言われましたが、すごく特殊で怖いところというイメージがあります。冬山の怖さと魅力って、どんなところでしょうか?

 

夏に、厳しく難しい山として知られている北アルプス・劔岳に登ることを想像してください。アルペンルート・室堂から歩きだし、ろくに地図を見なくても、親切な指導標や、岩場でのペンキ矢印に導かれ、健康で一定の運動能力があれば、大きなトラブルなく、劔岳の山頂に立つことができるでしょう。

もちろん、初めて体験する岩場やクサリ場に「怖いなぁ」と思う箇所もあります。ただ、注意不足や準備不足がなければ悩むことなく登頂できることが多いはずです。

 

雪山では、どうでしょうか? いったん雪が降ってしまえば、慣れ親しんだ山であっても、指導標やペンキマークは雪で埋まっているかもしれません。何より登山道そのものが雪の下、自分で雪崩や滑落にあわない合理的なルートを見つけて、雪を踏み固め「道」を作らなくてはならないこともあります。

また、「何かあったら山小屋に逃げ込めばいいや」「わらないことがあったら、他の登山者に聞こう」と思っても、山小屋の多くは春までお休み、これまた雪の下。雪の季節の山行は、すれ違う登山者の数もグンと減ります。

 

 

〝全部自分で考えて行動する事〟は怖さでもあり、魅力でもある

私の考える雪山の怖さや難しさは、何よりも〝全部自分で考えて行動する事〟であると思います。深い雪が出てくればラッセルしてトレースを作りあげ、凍結した斜面が出てくればアイゼンなどで対応し山頂を目指します。宿泊を伴う大きな山であれば、衣食住の全てをザックで背負います。

でも、その全ては裏返しの魅力でもあります。雪の山はアッと驚くほど美しい。雪が全ての汚れを覆い隠し、銀屏風の連峰を見せてくれます。樹林帯は樹氷の森に変身し、雑木林をキラキラと光らせます。雪の降った次の日に訪れれば、誰の踏み跡にも汚されていない斜面にアナタと仲間の足跡を刻み山頂に立つ! おそらく太古の昔に、登山をしていた人と同じ感動が味わえます。

この魅力は、南北アルプス等の本格的な雪山だけでなく、例えば東京近郊の雲取山のような、身近な山でも、状況によっては十分に体験できますよ。

 

また雪山登山は、どんなに自分のレベル、体力、技術を磨いていても、冒険的要素は皆無にはなりません。丁寧に危険な要素と向き合うことが必要になります。しかし、そこも魅力なのです。雪山の怖さと魅力は、表裏一体。

〝怖い〟という気持ちは困難や危険を伴う場所に向かうのですから、当然あるべきです。雪山を知り、準備と計画を十分に行い、良い仲間を作って、ぜひ、怖さも美しさも詰まった雪山を目指してください。

雪山・冬山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
購入に失敗したくない高価な装備「雪山登山靴」。自分の足の形を知り、目指す雪山をイメージしよう
雪山登山を始めたい方へ向けて、早めに用意したい装備である雪山登山靴について、その必要性と選び方を山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらう。
緊急時でも慌てずに判断を。雪山で下降路がわからなくなった時の行動は?
雪山、特に山頂付近で下降路がわからなくなることがあります。下山の方角が判らない、急斜面で自信が持てない時に、確信の持てないままやみくもに下山を強行するのはとても危険です。では、そんな時は、どのような行動をとったら良いでしょうか。
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握するのは難しく、同時に、“下山不能”の可能性も高まります。では、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのか、山岳ガイドの山田さんに聞きました。
登山中でも自分の現在位置、方向を教えてくれる便利なGPS地図アプリ。その付き合い方を考えよう
昨今、登山の世界で必需品になったかのように見えるGPS機器。自分のいる位置・方向を教えてくれる便利なツールを多くの人が使っていますが、これがあれば地形図は不要? 今回は、GPS機器との付き合い方を考える。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中!
年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中! ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
NEW 富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!