このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対必要な雪山装備って? 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(2)

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2017年12月07日

雪山登山をはじめたいが、「はじめる=出費」はつきもの。そこで、できるだけコストを抑えて、雪山登山はじめる方法を考えてみよう。

絶対必要な雪山装備って?

質問:
「雪山装備」を見ると、冬靴、冬ウェア、アイゼン、ピッケル、ビーコンなど、必要な装備が多すぎて、とても財布がついていきません。雪のない山では「最低限、靴・ザック・雨具」と言われて少しずつ揃えていきました。雪山装備も、できれば少しずつ買い足していきたいです。
冬の雲取山に行くレベルだと、絶対必要な装備、夏山の装備のままで良いものなど、分類できますか?

 

たしかに、雪山装備を一通り揃えるとなると、冬のボーナスは全て消えてなくなると思って間違いないです。それでも所得に対する登山用具の値段は、50年前に比べると格段に安くなっています。

古い山岳雑誌を捜してみたら1968年1月号に「シャルレ モンブラン(今は無き、フランス製のピッケル名)特価10,900円」という広告を発見。1968年の大卒者の初任給が20,000円に届かなかった時代にピッケル一本が、特価でこの値段だったことを考えると、雪山装備を揃えることの厳しさを思い出します。

老舗の社会人山岳会でも冬山全装備を一人一人が購入することをできず、アイゼンやワカンなどは山岳会内で使い回し。サイズは調整可能でも形状までは変えられず、ビニールの絶縁テープをベルトがけに巻いてピッタリサイズに調整していたのを思い出します。

 

1977年「山と溪谷 12月号」では、シャルレのピッケルは特価で13,650円~

 

低山の樹林帯であれば、普段で使ってるトレッキングシューズで大丈夫なことも

質問にあった「冬の雲取山辺りの樹林帯の雪山(2000m以下で樹林帯の山で、積雪の少ない山域)」に行くのであれば、靴のサイズが小さめでなく(靴のサイズに余裕がないと、冬は血行が妨げられて冷える)、防水透湿素材の靴であれば夏に使ったトレッキングシューズでも大丈夫です。それに、スパッツ(夏用レインスパッツでも可)と、軽アイゼン、ワカンが特別な装備となります。

小物類としては、手袋とウールかフリース素材の帽子。アウターはカッパの上下でも大丈夫です。夏はストックを使わない人も雪山では必要となります。

 

 

本格的な雪山登山をするのであれば、自前の“雪山登山靴”が必須です

問題は、それ以上の標高で森林限界を越えた本格的な雪山の装備です。絶対に、これだけは自前の物が必要となるのは“雪山登山靴”。「本格的な雪山登山靴は、何を購入するか?」を語りだすと、それだけで、もう一ページ必要なので、今回は核心部だけを言うと__。

時にはマイナス30度近くまで下がるかもしれない気温の中で、登山者の足を守り、できるだけ軽快に行動できる靴は最低でも6万円はします。とりわけここ数年の「円安」と「デフレ経済」では、給料は上らないのに、輸入登山靴の価格はうなぎ登り。そりゃそうだよね。つい最近まで1ドル80円以下だったのに今では115円。同じ1ドルを持っていても3割も価値が減ったんだから。

でも、雪山登山靴だけは自分の物が絶対に必要です。靴は履けば履くほど、その人の足に馴染んでいくので、あまり貸し借りは勧めません。ハードな雪山となれば、“ラッセル泥棒(トレースの無い雪山で、絶対に先頭に立たず、人のラッセルをあてにする人)”に徹しない限り、ワカンは必須です。それに、靴に合わせたアイゼンも靴と一緒に購入したい。

ピッケルも、これから目指す雪山登山に適当な物がほしい。手袋は、インナー手袋、中厚、厚手のウール製の物を、替えも含めて必要。それとオーバー手袋の使用も、僕はお勧めします。帽子もキャップの他に、目出帽が必要。

いやぁ、ここまで書いていて「オレ、フリーターだから絶対に無理」とガックリくる読者の顔が浮び辛いです。

でも、ズバリ・・・絶対に・・何としても、本当に必要なのは“雪山登山靴”。他は、登山をやめた友達や、山の先輩、親切なガイドに借りる・・・という手もあります。そして、ひとつずつ買い揃えていってはどうでしょうか?

うーん。やっぱり雪山装備はお金がかかります。

雪山・冬山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急時でも慌てずに判断を。雪山で下降路がわからなくなった時の行動は?
雪山、特に山頂付近で下降路がわからなくなることがあります。下山の方角が判らない、急斜面で自信が持てない時に、確信の持てないままやみくもに下山を強行するのはとても危険です。では、そんな時は、どのような行動をとったら良いでしょうか。
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握するのは難しく、同時に、“下山不能”の可能性も高まります。では、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのか、山岳ガイドの山田さんに聞きました。
登山中でも自分の現在位置、方向を教えてくれる便利なGPS地図アプリ。その付き合い方を考えよう
昨今、登山の世界で必需品になったかのように見えるGPS機器。自分のいる位置・方向を教えてくれる便利なツールを多くの人が使っていますが、これがあれば地形図は不要? 今回は、GPS機器との付き合い方を考える。
地図を見ればいろいろな景色が見えてくる。登山に大切な「地図」の話
安全登山のためだけでなく、登山の楽しみを広げるためにも身につけておきたいのが「地図読み」です。今回は山岳ガイド山田さんに、かつての登山者と地図の関係と地図読みのはじめ方について話を伺いました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2018年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW トレッキングシューズに合う登山用靴下の選び方とは?
トレッキングシューズに合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。