このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山装備を一式用意したい。できれば安く! 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(5)

山の疑問・難問、登山ガイドが答えます!
登山技術 2018年01月12日

雪山をはじめるための装備を一式揃えるには、やはり出費がかさみます。ギアは代用品がきかないので妥協せずに目的に合った製品を購入することをお勧めしますが、ウエア類はなるべく安く揃えられたら雪山がはじめやすいでしょう。

雪山装備を一式用意したい。できれば安く!

質問:
今年から本格的な雪山登山に挑戦しようと装備の準備を始めました。雪山登山靴、アイゼン、ワカン、ピッケルと購入した所で冬のボーナスは底を尽きました。ウエア類、小物なども準備したいのですが失敗せずに選ぶポイントとなるべく経済的に手に入れる方法をアドバイスください。

 

雪山用のウエアを選ぶ時のポイントは3つ、“動きやすい”“濡れても寒くない”“できれば自然に乾くモノ”です。

最も重視したいのは下着で、上記の原則に従うと素材は登山用に開発された新素材(以下、化繊)かウールになります。登山専用以外で化繊の下着を購入する時は、綿が入っていないものを選ぶと良いでしょう。僕は「下着はウール派」なのですが、一般量販店で買えるメリノウール、またはカシミヤ素材でできた薄手のVネックのセーターを肌着にしています。値段は登山用の五分の一!で性能的にも遜色ありません。

フリース類はポケットが使いやすい場所に配置されていることと、丈が長めのモノをお勧めします。「空気が着込める」ほどのサイズの余裕があると暖かくて、長時間着るには楽です。また、激しい動きをすると背中が出てしまうようなデザインは雪山では不適切。“お尻が隠れるほど長さ”が理想です。袖も着用した時に掌の半分が隠れる長さがあると良いです。

 

 

アウターでは素材が防水透湿素材であることが原則。更にストレッチ性があると着用時の拘束感が少なく快適です。日本の雪山は北アルプス北部でも雨やミゾレが降る事があるので防水性が完璧でないと濡れた後に凍結してしまいます。防水性が心配なものは雪山で使う場合は、日帰り、山小屋泊用に留めましょう。

フードは大きくて風雪下で顔を守ることができるつくりのモノ、できればフードのサイズ調整が可能なデザインが良いでしょう。ポケットは大きく、手袋を何枚か重ねていてもストレスなく必要な物が取り出せるモノを選ぶと失敗がありません。

また、胸の高さを越す湿った雪をラッセルすることもあるのでフリースと同じく、お尻が隠れる長さがあり、必要ならばオーバーズボンに裾が入れられると良いでしょう。上下とも、断熱材の入った物は避けたましょう。雪山と言っても気温の高い日があります。

手袋は“インナー手袋”と“オーバー手袋”が別のものがお勧めです。外からの濡れはもちろんですが、極寒でも行動中は汗をかくので手袋は濡れています。泊りの山行の場合、翌日にも手袋を使いますので完全に乾かせないと翌朝外に出た途端、寒さで手袋は凍ります。山小屋に強力なストーブがあって乾かせれば良いのですが、テント・ツェルト泊では一体型の手袋は乾きません。また、フリース素材のインナー手袋はウールほどの保温性はありません。本格的な雪山や長期山行を目指すなら、薄手のインナー手袋+中厚・厚手のウール手袋(どちらかは状況による)+長いオーバー手袋の三点セットが間違いなく、オーバー手袋以外は一組の替えを準備すれば万全です。

雪山のウエアは、できれば専門店で用意したいですが、ユ〇クロやシ〇ムラ、上〇屋などでも、押さえるべきポイントが判っていれば代用可能です。安く、失敗のない準備をしてください。

冬山用品
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 
山に夢中になってしまい、休みとなれば山行に向かってしまう皆さん。そんな姿を家族から冷ややかな目で見られているという方は、多いのではないでしょうか? 悪いことをしているわけではないのに、なぜか肩身が狭い登山が大好きな皆さんに向けて、家族に笑顔で見送られて山に行く方法を山岳ガイドの山田さんに聞いてみました。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
はじめに揃えるべき登山の必需品。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(3)
登山用品店に行くと、さまざまな種類の山道具。また、ひとつのアイテムをとってみても、多くのラインナップがあります。さて、これから登山をはじめる時、どの山道具から揃えたら良いでしょうか? 今回は、登山をはじめる時に絶対に必要となる道具について聞きました。
初心者が楽しめる山の選び方の目安。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(2)
丹沢、大菩薩、奥多摩。首都圏近郊にも初心者が楽しめる山々が沢山あることがわかりました。今回は、初心者が楽しめる山の選び方の目安を教わります。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。