このエントリーをはてなブックマークに追加

田中陽希さんが再びビッグチャレンジへ! 2018年元旦「日本3百名山全山ひと筆書き」に旅立つ

田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」旅先インタビュー
ガイド・記録 2017年12月27日

2014年に「日本百名山ひと筆書き」を達成し、続く2015年に「日本2百名山ひと筆書き」を成し遂げたアドベンチャーレーサーの田中陽希さん。旅の様子は、NHK BSプレミアム「グレートトラバース」としても放映され、多くの人たちに勇気と感動を与えた。その田中陽希さんが、2018年1月1日に新たな挑戦の旅へと出発する。

文:千葉弓子(GRANNOTE)、写真:千葉弓子、グレートトラバース事務局

 

百名山、二百名山、三百名山。さらに熊野古道や大峯奥駈への寄り道も

今回の目標は「日本3百名山全山ひと筆書き」。

鹿児島県の屋久島を出発し、北海道の利尻島まで、最長1年6ヶ月をかけて歩く。百名山、二百名山に三百名山も加わることから、総距離10,000km以上、獲得標高は320,000kmに及ぶ壮大なスケールだ。

出発に先駆け、12月16日に、東京・昭島のモリパーク・アウトドアヴィレッジで開催された壮行会で田中さんは、「これまでの集大成。日本の四季を全身全霊で見て感じて伝える旅にしていきたい」と意気込みを語った。

 

12月16日の壮行会には250人ものファンが集まった

 

厳冬期の北海道も踏破することから、気象条件による停滞も考慮し、あえてゴールの日程は定めていない。また今回は、日本一の階段、日本一長いベンチ、日本一のモグラ駅、熊野古道、大峯奥駈、六十里街道などへ寄り道もするという。これまでの徒歩とシーカヤックという移動方法のほか、パックラフトとスキーも使用する予定だ。

GPS情報のリアルタイムでの公開は行わないが、旅の様子はSNSなどを活用して発信していくという。

 

記者会見で日本地図を手に計画を話す田中陽希さん

 

出発直前の陽希さんからコメントをいただいた。

「スタートのカウントダウンが心臓の音のように、緊張感となって心に体に押し寄せてきます。今は早くスタートを切りたい、踏み出したい気持ちです」。

2018年、新たな“ヨーキ旋風”が巻き起こりそうだ。

 

12月19日、神田神保町にあるさかいやスポーツシューズ館で開催されたトークイベントにて

 

* * *

 

「ヤマケイオンライン」では今後も田中陽希さんの「日本3百名山ひと筆書き Great Traverse3」の情報を適宜紹介し、チャレンジを応援していきます。

 

■関連リンク

★グレートトラバース事務局

★『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(前編) 

★『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(後編) 

 

田中陽希さんの最新刊著書
アドベンチャーレースに生きる!

田中正人・田中陽希共著
1300円+税 山と溪谷社刊
2017年2月24日発売

田中陽希さんのアドベンチャーレースの師匠であり、所属チーム、イーストウインドのキャプテンである田中正人さんとともに書き下ろした新刊。アドベンチャーレースという過酷な世界に挑み続けてきたこれまでの人生を、余すところなく書き綴った話題作。日本百名山への挑戦への思いや舞台裏も紹介されている。全国の書店、オンライン書店で好評発売中! 電子書籍あり。

⇒『アドベンチャーレースに生きる!』

 

日本の山 記録・ルポ
教えてくれた人

田中 陽希

1983年、埼玉県生まれ、北海道育ち。学生時代はクロスカントリースキー競技に取り組み、「全日本学生スキー選手権」などで入賞。2007年よりチームイーストウインドに所属する。陸上と海上を人力のみで進む「日本百名山ひと筆書き」「日本2百名山ひと筆書き」を達成。イーストウインドの次期キャプテンとして期待される。
2018年1月1日から「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中!

http://www.greattraverse.com/

同じテーマの記事
田中陽希さんの「日本3百名山ひと筆書き」旅は近畿地方へ突入! 六甲山全山やダイヤモンドトレールの縦走も達成
「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の、プロアドベンチャーレーサー田中陽希さん。四国から再び中国地方に戻り、六甲山全山縦走、大阪の街、そしてダイヤモンドトレールの縦走へと進む。
三百名山をめぐりながら、四万十川の川下りも実現! 四国を駆け抜けた田中陽希さんの旅先インタビュー第4弾
完全人力での「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の、プロアドベンチャーレーサー田中陽希さん。約ひと月にわたって四国の三百名山9座を登りながら、四万十川の川下りも達成し、最後はシーカヤックで岡山へ渡りました。四国の旅を振りかえって、お話を聞きました。
三百名山の人力旅は、九州から中国地方、そして四国へ。田中陽希さん「グレートトラバース3」旅先インタビュー第3弾
完全人力での「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の、プロアドベンチャーレーサー田中陽希さん。九州の三百名山22座を登りきって、関門海峡を渡り、中国地方の山を経て、四国へ渡りました。四国山地の連続登山を前に、電話でお話を伺いました。
三百名山に登りながら、九州を東へ西へ。田中陽希さん「グレートトラバース3」旅先インタビュー第2弾
現在、九州を東へ西へ移動しながら、山を登り、峠を越えて、人力移動中のプロアドベンチャーレーサー・田中陽希さん。宮崎、大分、熊本を行き来して、長崎県にはカヤックで上陸。3月8日にお話を伺いました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年8月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。