このエントリーをはてなブックマークに追加

田中陽希さんが再びビッグチャレンジへ! 2018年元旦「日本3百名山全山ひと筆書き」に旅立つ

田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」旅先インタビュー
ガイド・記録 2017年12月27日

2014年に「日本百名山ひと筆書き」を達成し、続く2015年に「日本2百名山ひと筆書き」を成し遂げたアドベンチャーレーサーの田中陽希さん。旅の様子は、NHK BSプレミアム「グレートトラバース」としても放映され、多くの人たちに勇気と感動を与えた。その田中陽希さんが、2018年1月1日に新たな挑戦の旅へと出発する。

文:千葉弓子(GRANNOTE)、写真:千葉弓子、グレートトラバース事務局

 

百名山、二百名山、三百名山。さらに熊野古道や大峯奥駈への寄り道も

今回の目標は「日本3百名山全山ひと筆書き」。

鹿児島県の屋久島を出発し、北海道の利尻島まで、最長1年6ヶ月をかけて歩く。百名山、二百名山に三百名山も加わることから、総距離10,000km以上、獲得標高は320,000kmに及ぶ壮大なスケールだ。

出発に先駆け、12月16日に、東京・昭島のモリパーク・アウトドアヴィレッジで開催された壮行会で田中さんは、「これまでの集大成。日本の四季を全身全霊で見て感じて伝える旅にしていきたい」と意気込みを語った。

 

12月16日の壮行会には250人ものファンが集まった

 

厳冬期の北海道も踏破することから、気象条件による停滞も考慮し、あえてゴールの日程は定めていない。また今回は、日本一の階段、日本一長いベンチ、日本一のモグラ駅、熊野古道、大峯奥駈、六十里街道などへ寄り道もするという。これまでの徒歩とシーカヤックという移動方法のほか、パックラフトとスキーも使用する予定だ。

GPS情報のリアルタイムでの公開は行わないが、旅の様子はSNSなどを活用して発信していくという。

 

記者会見で日本地図を手に計画を話す田中陽希さん

 

出発直前の陽希さんからコメントをいただいた。

「スタートのカウントダウンが心臓の音のように、緊張感となって心に体に押し寄せてきます。今は早くスタートを切りたい、踏み出したい気持ちです」。

2018年、新たな“ヨーキ旋風”が巻き起こりそうだ。

 

12月19日、神田神保町にあるさかいやスポーツシューズ館で開催されたトークイベントにて

 

* * *

 

「ヤマケイオンライン」では今後も田中陽希さんの「日本3百名山ひと筆書き Great Traverse3」の情報を適宜紹介し、チャレンジを応援していきます。

 

■関連リンク

★グレートトラバース事務局

★『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(前編) 

★『グレートトラバース』田中陽希、次なる挑戦を語る(後編) 

 

田中陽希さんの最新刊著書
アドベンチャーレースに生きる!

田中正人・田中陽希共著
1300円+税 山と溪谷社刊
2017年2月24日発売

田中陽希さんのアドベンチャーレースの師匠であり、所属チーム、イーストウインドのキャプテンである田中正人さんとともに書き下ろした新刊。アドベンチャーレースという過酷な世界に挑み続けてきたこれまでの人生を、余すところなく書き綴った話題作。日本百名山への挑戦への思いや舞台裏も紹介されている。全国の書店、オンライン書店で好評発売中! 電子書籍あり。

⇒『アドベンチャーレースに生きる!』

 

日本の山 記録・ルポ
教えてくれた人

田中 陽希

1983年、埼玉県生まれ、北海道育ち。学生時代はクロスカントリースキー競技に取り組み、「全日本学生スキー選手権」などで入賞。2007年よりチームイーストウインドに所属する。陸上と海上を人力のみで進む「日本百名山ひと筆書き」「日本2百名山ひと筆書き」を達成。イーストウインドの次期キャプテンとして期待される。
2018年1月1日から「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中!

http://www.greattraverse.com/

同じテーマの記事
季節は一気に冬へ。ついに北アルプスの三百名山を踏破! 田中陽希さん 旅先インタビュー第9弾
「日本3百名山ひと筆書き」チャレンジに挑戦中の田中陽希さん、9月下旬からトライの北アルプス編、後半は穂高岳から槍ヶ岳、常念山脈の山々を歩く予定が降雪が迫っていた――。約40日に渡った北アルプスの後編を紹介する。
9月下旬、田中陽希さんがついに北アルプスへ! 降雪が迫るなかで、30座超の大縦走へ突入した
日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さんは、9月下旬からいよいよ北アルプスへ。なんとか雪に閉ざされる前に北アルプスを登り終えたい――。その思いは果たして。約40日に渡る北アルプスの旅を前編、後編に分けて紹介。
田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」、天候不順の8月後半から9月、岐阜北部と北陸の名山を巡る
「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さんは、8月の後半から9月にかけて、岐阜北部から北陸の山を歩いていた。この間登った15座のうち9座が、初めて登る「三百名山」の山だった。
西日本で最も過酷な「大峯奥駈道 全100km縦走」を含む、7、8月の旅。 日本3百名山ひと筆書き、田中陽希さん旅先インタビュー
「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さんは、西日本で最大のポイントとして考えていた大峯奥駈道の縦走に挑戦。さらに奈良・京都・滋賀の山まで来たところで、アクシデントに遭遇!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!