このエントリーをはてなブックマークに追加

登山用ストーブ(バーナー)を、冬の山で使うなら?

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 基礎知識 2018年03月05日

山でお湯を沸かしたり料理をしたりする際には、登山用のストーブ・バーナー(以下 ストーブ)は欠かせないアイテムだ。燃料や形状など、さまざまな種類のストーブの中から、今回は冬の山などの気温の低い場所で使用に向いたストーブについて好日山荘の栗山さんに聞いてみた。

好日山荘 栗山さん
編集部N
:栗山さん、今回はストーブについて教えてください!

栗山さん:どうも〜。なんでも聞いてください!

好日山荘 銀座店のストーブ(バーナー)売り場

高火力と安定性で選ぶならガソリンストーブ

編集部N:たくさんのストーブが置いてありますね。それぞれ特徴があると思いますが、この中で冬の山など、気温の低い場所に向いたものはどれですか?

栗山さん:冬山などの気温が低い場所で考えられる主なリスクは、気温が下がって火力が落ちてしまうことです。ということは、強い火力を維持できるものを選べば、その問題点を解消できます。高火力と炎の安定性という点で一番強いのはガソリンストーブです。雪山で雪から水を作ったり、グループ登山で鍋を料理したりするようなシチュエーションでは、ガソリンストーブを持っていく方が多いですね。ただ、使用する前にプレヒート(※予めストーブに余熱を与え、気化を促進すること)が必要な製品が多く、いかんせん着火に一手間かかります。

編集部N:強い火力で安定して使いたい場合は、ガソリンストーブが良いと。

栗山さん:その中で、私がおススメするのはMSRの「ウィスパーライトインターナショナル」です。

MSRの「ウィスパーライト」

栗山さん:見てください。デザインが無骨でカッコいいでしょう! プレヒートが必要なことや火力調節ができないなどの弱点はありますが、シンプルな構造で丈夫です。定期的にメンテナンスをすれば、一生ものですよ。これは、灯油も燃料に使えるマルチフューエルのモデルです。同ブランドの「ウィスパーライト」という、ホワイトガソリン専用の、よりシンプルなタイプもあります。

編集部N:山で使うと、玄人感が出せそう…。

栗山さん:この赤い燃料ボトルも、見ていてワクワクしますね。こういった「定番ものの良さ」、みたいなところを私は推したいです。ガソリンストーブでもプレヒートの必要がないSOTOの「MUKAストーブ」や、ガスカートリッジも使える同ブランドの「ストームブレイカー」といった製品も最近は出てきています。実用性を重視する方は、そういったものを選ぶといいでしょう。

MSRの燃料ボトルを見て、少しうっとりする栗山さん

MSRの燃料ボトルを見て、うっとりする栗山さん

はじめて買うなら、手軽なガスストーブ

栗山さん:はじめてストーブを買う方には、取り扱いが楽なガスストーブをおススメします。低温下で使う際は「ドロップダウン」という、ガスが気化する際にガスカートリッジが冷やされて火力が下がる現象に注意が必要です。これを解決するためにSOTOのマイクロレギュレーター機構といった、火力を安定させる出力安定装置が付いている製品も出ています。

編集部N:出力安定装置が付いていることが大事なんですね。

栗山さん:山でお湯を沸かす目的に絞ってストーブを選ぶ場合は、SOTOの「マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター」がおススメです。

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター」

別売りの4本ゴトクを付けると、鍋をおいた時の安定性が増す

栗山さん:これは低温下でも火力を安定させる気化促進機構に加えて、耐風性も高い製品です。

編集部N:耐風性が強いストーブは、何が違うのでしょうか。

栗山さん:「マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター」は、独自のすり鉢状のバーナーヘッドを採用しており、これが風に強い構造になっています。他のメーカーの製品は、ゴトクに注目してみてください。例えば、EPIgasの「REVO-3700 STOVE」とPRIMUSの「153ウルトラバーナー」です。

EPIgas「REVO-3700 STOVE」とイワタニ・プリムス「153ウルトラバーナー」

EPIgas「REVO-3700 STOVE」(写真左)とPRIMUS「153ウルトラバーナー」(写真右)

栗山さん:これはゴトクがX字になっていて、バーナーヘッドが4つに区切られています。風で一つの区画が消えても、残りの区画が炎を出し続けてくれるのです。「REVO-3700 STOVE」と「153ウルトラバーナー」は火力も3,600〜3,700kcalと強いので、冬の使用もおススメできます。

編集部N:冬に使うガスストーブは、火力が強いほうがいいのですか?

栗山さん:低温下でガスストーブを使う際は、どうしても火力が落ちてしまいます。鍋とガスカートリッジがセットになった一体型のような構造でないかぎりは、燃費が悪くても火力が強いほうがいいと思います。
 

一体型は低燃費が魅力。大人数の料理なら分離型

編集部N:ジェットボイルのような鍋とストーブが一体になったものが出ていますが、メリットは何でしょうか。

栗山さん:一体型ストーブの鍋底には、ジャバラ状のパーツがついています。ストーブで起こした熱を鍋に伝える際に、一般的な鍋は炎が横に広がってしまい、熱の伝達に40〜50%くらいのロスが出ます。一体型ストーブは、ジャバラ状のパーツを鍋底に施すことで熱を伝えやすい構造を作り、熱効率を高めているのです。そうすることで、10〜20%までロスを減らすことができ、お湯をより早く沸かすことができるようになります。燃費がよくなることで、ガスカートリッジを持って行く量を減らすことができるので、結果的に軽量化にもつながります。縦走などの山行日数が多い時に効果を発揮するでしょう。

編集部N:鍋の構造が大きな違いなんですね。

栗山さん:最近は、DUG「HEAT-Ⅰ」のような、ジャバラ状のパーツが施された鍋が単体で売っています。すでにストーブを持っている方や、汎用性のある直結型ストーブを選びたい方には、こういった製品がおススメです。このタイプの鍋を使う場合は、ストーブは低火力のものを選ぶといいでしょう。

DUG「HEAT-Ⅰ」

DUG「HEAT-Ⅰ」

イワタニプリムス「イータスパイダー」

PRIMUS「イータスパイダー」も熱効率の高さが魅力だ

編集部N:火力が弱くてもいいのですか?

栗山さん:このタイプは鍋底に熱を効率よく伝達できるので、火力が弱いストーブでも大丈夫なのです。

編集部N:PRIMUSの「イータスパイダー」のように、ゴトクが分離しているストーブは他にもありますよね。こういった分離型のメリットはどんなところにありますか。

EPIgas「SPLIT STOVE」

ガスカートリッジが分離しているEPIgas「SPLIT STOVE」

栗山さん:ガスカートリッジが下にない分、重心が低いので、大きな鍋を安定して置くことができます。大人数で鍋をしたい時や、スープを作りたい時に活躍してくれます。また、分離型は火力が強いものが多いので、山ごはんにこだわりたい方にもおススメですね。ガスカートリッジを雪の上に置いてしまうとドロップダウンの原因になるので、そのあたりは注意が必要です。

おさえておきたい、ガスカートリッジ選びのキホン

編集部N:ガスカートリッジにも種類がありますが、気をつけることはありますか?

栗山さん:まず、使っているストーブと同じメーカーのガスカートリッジを使うようにしましょう。また、カートリッジは使える温度帯で大きく3種類に分かれます。

ガスカートリッジは温度帯によって3種類ある

10℃以上で使えるキャンプ用(写真左) 、-10℃まで使える登山用 (写真真ん中)、-20℃まで使えるエクスペディション用(写真右) ​

栗山さん:例えば、-10℃くらいの気温が低い所でキャンプ用のカートリッジを使っても、なかなかお湯が湧きません。逆に、気温の高い所でエクスペディション用のカートリッジを使おうとすると、ガス圧が強すぎてボッと炎が勢いよく出てきたりして危険です。温度帯に合ったガスカートリッジを使うようにしてください。どれを買ったらいいかわからない時は、店員にご質問くださいね。

編集部N:ストーブは燃料も形状もさまざまなので、迷ったら店員さんに聞くのが一番ですね。

栗山さん:例えば「このストーブで、どんな料理ができる?」とか、料理のレシピでも構いません。私たちもいろいろとネタを持っていますので、なんでも気軽に聞いてください。

 

山専ボトルは、お湯の持ち運びに便利

お湯の持ち運びに便利な山専ボトル

「朝、お湯を沸かして山専ボトル(保温性・保冷性の高い登山用ボトル)に入れていけば、その日のうちは温かい状態が保てます。ストーブの燃料も節約できて便利ですよ」と栗山さん。お湯を山専ボトルで持ち運び、料理で熱いお湯が必要な時は、それを沸かしなおせば燃料の節約になる。冬に限らず活用したいテクニックだ。

登山グッズ 料理・食料
教えてくれた人

栗山 啓一(銀座好日山荘)

登山歴9年。登山・キャンプ・自転車・スキー・バイクツーリングなどジャンルをクロスオーバーして遊んでいます! 自分の経験をお伝えするのがモットー!! 実はネットサーフィンが大好き!?

銀座 好日山荘

日帰りハイキングから長期縦走、クライミング、雪山登山、沢登りまでさまざまな登山スタイルに対応する品揃えを誇る登山用品店。同じビルにはクライミングジム「グラビティリサーチ」が併設されており、ロープワーク講習や岩稜帯の歩き方など、さらなるステップアップを目指す登山者に向けてさまざまな講習会を開催中。

住所/東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビルB1・B2
TEL/ 03-6228-5018
営業時間/平日 12:00~22:00 土日祝 11:00~21:00
アクセス/銀座駅B7、B9出口より徒歩2分。有楽町駅南口より徒歩5分。

同じテーマの記事
意外とかさばる食料、軽量化する場合の選択とは? テント泊登山の軽量化の秘訣を山岳マラソンに学ぶ
1泊2日のテント泊登山で、日帰り登山と同様に軽快に歩きたい! 登山装備を軽量化/コンパクト化を目指すための食料計画とは? 山岳マラソン直伝のテクニックで、どこまで軽量化できるか、この夏こそ挑戦してみよう!
テントマット、寝袋は工夫次第で大幅に軽量化が可能。1泊2日テント泊登山装備の軽量化の秘訣を山岳マラソンに学ぶ
1泊2日のテント泊登山、日帰り登山と比べると、ザックの重量がズッシリと両肩に食い込む。日帰り登山と同様に軽快に歩くために軽量化したい! そんな、ウルトラライトなテクニックを、「山岳マラソン」から学んでみよう!
山岳マラソンで学ぶ、1泊2日テント泊登山の軽量化の秘訣。気象情報を制する者は軽量化を制する!?
テント登山者を中心に、登山装備の軽量化、ウルトラライトは最近の話題の一つ。その究極を目指す山岳マラソンの中から、そのノウハウを学ぶ3回シリーズ。第1回は軽量を目指すための情報戦略を説明。
装備を知り、選択の目がシビアになり、工夫できるようになる! マウンテンマラソンが教える登山スキル
近年、日本でもじわりと人気が高まっている山岳マラソン。このレースが教えてくれることは、ふだんの登山で役に立つことばかり。第2回は、装備についてマウンテンマラソンが教えてくれることについて説明する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!