このエントリーをはてなブックマークに追加

チェーンスパイクとトレッキングポールで冬山登山を楽しもう!【前編:どんな服装でどの山に登る?】

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2021年01月14日

今年もスタートした冬山シーズン。「冬山」=アイゼンとピッケルで登る「本格的な雪山」と思われがちですが、実は雪が降らない冬山もあるし、雪が積もっていてもアイゼンとピッケルを使わずに登れる冬山もあるんです。今回は本格的な雪山とは違う、チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山の歩き方を、前後編に分けて紹介します!

教えてくれたのは、東京都三鷹市にある登山用具専門店ハイカーズデポの店主、土屋智哉さん。前編では「登れる山と最低限必要なウエア」について聞きました!

文/吉澤英晃

 

写真=花岡 凌

 

 

 アイゼン・ピッケルなしで登れる「冬山」って?

危険を知ることがスタートライン

――以前、お店で土屋さんが「アイゼンとピッケルがなくても登れる冬山はいっぱいあるのに」と話していたのが記憶に残っていて、私も「その通り!」と心の中で合点しました。でも「具体的にどこにあるの?」と聞かれると答えに窮してしまうんです。

まずは冬山の危険を見直しましょう。そうすればアイゼンとピッケルが要らない=チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山が見えてきます。

 

冬山に潜む3つの問題

冬山にはまず「寒さ・時間・雪の問題」があります。


1.寒さの問題
これはすべての冬山に関わることで、防寒対策が欠かせません。

2.時間の問題
冬山は、雪がある、地面が凍結しているなどの理由から、コースタイムが夏山の1.5倍以上はかかると思った方がいいでしょう。さらに冬は日が短いので、一度トラブルに陥ると明るいうちに下山できない可能性が高まります。

3.雪の問題
雪の上を歩くには相応の道具が必要で、雪上歩行のスキルが欠かせません。踏み跡がなければラッセルをする体力、さらに進路を誤らない読図技術なども必須です。

 
――やはり冬山は夏山以上に危険が多いですね。

ただし、冬山=危険でまとめるのは早計です。冬山といっても個々に条件が異なるので、ここでは雪の問題で冬山のレベルを別けて考えてみましょう。

 

冬山のレベルはおおむね3つに分けられる

1.雪の問題がない冬山

冬でも雪が降らない山です。地面の凍結は考えられるけど、もちろんアイゼンとピッケルは必要ない。こういった山は伊豆半島や東北地方の太平洋側にあって、これも冬山登山のひとつです。

2.雪上歩行の技術が多少は必要になる冬山

これがしばしば聞かれる、雪はあるけどアイゼンとピッケルがオーバースペックになるような山です。冬山初心者の方が登りやすい冬山と言えるでしょう。

3.雪上歩行の技術が必須になる冬山

これが多くの人がイメージする本格的な雪山です。ここではアイゼンとピッケルを用意して、それらを使いこなすスキルが必要。もっともハードルが高い冬山になります。

 

――こう考えると、①と②が冬山初心者でも計画しやすく、チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山になりますね。ただ②に該当する山が漠然としていて、ちょっとわかりづらいです。

 

森林限界以下から、さらに登りやすい山を絞る

雪があっても滑落の危険性が少ないという理由から、まずは森林限界以下の山に限定されます。関東だとおおむね標高2000m以下を目安に考えるといいでしょう。こういった山は風を避けることができて、標高が低いので低体温症に陥る心配も減ります。東京近郊では奥多摩、大菩薩、丹沢などに多いですね。

ただし森林限界以下の山でも雪が多い山域だと、ラッセルを強いられて予定以上に時間がかかる可能性が高く、道迷いの危険性も増すので、冬山初心者の方にはおすすめしません。とはいえ雪が少ない山域でも降雪直後に入山すれば踏み跡がない可能性はあるし、同じく道迷いの危険性が高くなります

こういった危険を回避するためにさらに的を絞ると、チェーンスパイクとトレッキングポールで登れる冬山はこのようになります。


・森林限界以下の標高(関東だと2000m以下)
・雪が少ない山域
・多くの人が歩く人気ルート
・もしくは、一度登ったことがあり夏道の状況を把握しているルート

(※初見のマイナールートなら、馴染みがあって山道の状況をイメージできる山域から選ぶ)

 

必要なウェアは?

――対象となる山が具体的にイメージできるようになりました。 次にウエアについて聞きたいのですが、そういった冬山を登る場合も、夏山用の服ではだめでしょうか?

 

最低限しっかりした雨具とダウンジャケットを準備すればOK

夏山の服しか持っていなければ、基本となるベース・ミドル・アウターレイヤーのレイヤリングで、ベースレイヤーの上に薄手のフリース、そしてしっかりしたレインジャケットを合わせるのがいいと思います。

パタゴニア/R1フルジップ・フーディ(2万1000円+税) ミッドレイヤーの定番フリース。秋山登山やタウンユースにもおすすめ。https://www.patagonia.jp/

――レインジャケットでもいいのですね。ハードシェルジャケットは要らないですか?

ハードシェルジャケットは生地に厚みがあって、ヘルメット対応フードやパウダースカート、グローブを収納できる大型ポケットなどを備えているのが一般的な特長といえます。でも森林限界以下の冬山ではそこまで必要ありません。天候判断さえ誤らなければ、しっかりしたレインジャケットで充分対応できます。

 

レインジャケットの“しっかり”具合は重量で見極める

――“しっかりした”というのを具体的に知りたいです。

市場にあるレインジャケットは300g以下のモデルが大半なので、300〜250gくらいの重さであれば“しっかりしている”と言えるでしょう。これよりも軽量で生地が薄いモデルは、風を受けて肌に触れると寒く感じてしまうのでおすすめしません。

モンベル/ストームクルーザージャケット Men's(2万800円+税) ゴアテックスを採用した王道レインジャケット。平均重量は254g https://www.montbell.jp/

さらに踏み込んで話をすると、透湿性が高いレインジャケットは内側に湿気がこもらず気化熱で体温も一緒に奪われてしまうので、避けた方がいいかもしれないですね。

 

ダウンジャケットの保温力も重量で見極める

しっかりしたレインジャケットに加えて、動かないで休憩しているときは誰でも体が相当冷えるので、温かいダウンジャケットも準備しましょう。

――ダウンジャケットもレインジャケットと同様に目安になる重さはありますか?

封入されているダウン量が100〜150gくらいで、トータルで300gくらいのモデルであれば保温性は充分だと思います。化繊綿のジャケットでも同様に300gくらいの重さがあるといいですね。

ザ・ノース・フェイス/アコンカグアジャケット(3万1000円+税)遠赤外線効果で温かさが持続する光電子ダウンを使用。Lサイズで405g https://www.goldwin.co.jp/tnf/

 

パンツは夏山用のトレッキングパンツ+タイツでOK!

――パンツには何をはいたらいいでしょう?

夏山で使っていたトレッキングパンツが使えます。そして寒さ対策のためにタイツをはきましょう。防寒を意識しすぎると行動中に熱くなり過ぎてしまうので、タイツは薄手か中厚手くらいがちょうどいいです。防水と防寒用にレインパンツも持っていきましょう。

ファイントラック/メリノスピンサーモタイツ(8300円+税) 速乾性に優れるポリエステルと、保温性が高いメリノウールを混紡したハイブリッドタイツ https://www.finetrack.com/products/l2-baselayer/merinospin-thermo/

 

もし寒かったら無理せず下山しよう

――ひとまず教えて頂いた服装で森林限界以下の冬山に登ってみて、寒さを感じたらどうしたらいいですか?

もし寒いと感じたら無理せずにダウンジャケットなどで体を温めてから下山しましょう。そして次回に向けて新しく冬山用のウエアを買ってください。このプロセスを積み重ねて必要なウエアにたどり着くのが理想的かなと思います。ここから先の話は歩くペースや寒さに対する感覚などに左右される部分が大きいので、専門店のスタッフに個別に相談した方がいいです。

このとき寒いと感じた当時の気温を計っておくとアドバイスしてもらうときに役立ちます。自分の寒さに対する感覚が客観的に分かるし、次回から服を選ぶときの参考にもなるので、日頃から気温を計って情報を蓄積しておくといいでしょう。

SUN/ジッポゲージ(1100円+税) −30℃から50℃まで計測できるキーホルダー型の温度計。裏面に体感温度表がある http://www.highmount.jp

――冬山は莫大な初期投資が必要な山登りだと思っていましたが、これなら低予算ではじめられそうです。次回はチェーンスパイクやシューズ、手袋について教えてください!

■次回は2021年1月下旬更新予定です

冬山用品 登山グッズ 雪山・冬山
教えてくれた人

土屋智哉

1971年、埼玉県生まれ。古書店で手にした『バックパッキング入門』に魅了され、大学探検部で山を始め、のちに洞窟探検に没頭する。アウトドアショップバイヤー時代にアメリカでウルトラライトハイキングに出会う。このムーブメントに傾倒し、自らの原点でもある「山歩き」のすばらしさを再発見。2008年、John Muir Trailをスルーハイクしたのち、幼少期を過ごした三鷹にウルトラライトハイキングをテーマにしたショップ「ハイカーズデポ」をオープンした。シンプルなハイキングスタイルと奥多摩・奥秩父の魅力を伝えようと奮闘中。著書に『ウルトラライトハイキング』(山と溪谷社)。

同じテーマの記事
チェーンスパイクとトレッキングポールで冬山登山を楽しもう! 【後編:スパイクと登山靴、手袋はなにがおすすめ?】
今年もスタートした冬山シーズン。「冬山」=アイゼンとピッケルで登る「本格的な雪山」と思われがちですが、実は雪が降らない冬山もあるし、雪が積もっていてもアイゼンとピッケルを使わずに登れる冬山もあるんです。今回は本格的な雪山とは違う、チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山の歩き方を、前後編に分けて紹介します!
爽快感MAX!日本独自の登山スタイル「沢登り」の基本装備を覚えよう!
「沢登り」には興味はあるけど、どんな装備が必要なのかわからない人も多いはず。今回は初心者がツアーなどに参加して日帰りで沢登りを楽しむ際に必要な装備について、埼玉県川越市でオリジナルの沢登り用品も販売する「秀山荘」に勤める森ガイドに話を聞いてきました!
登山を楽しむときの大敵・紫外線! 女性目線で選ぶ、山でのUV対策の必需品
燦々と日差しが降り注ぐなかでの登山は、気持ちいいけど、しっかりUV対策をしておきたいものです。そこで、山での紫外線の影響についてと、おすすめのUV対策アイテムについてうかがいました。
女性の登山スタイルは、下着も山仕様に![2]-「山ブラ」の質問に答えます-
心地よく登山をするための服装に欠かせないアイテムなのに、あまり話題にあがらない「女性の下着」のこと。前回は、「快適性アップの『山ブラ』選び」として、登山仕様のブラジャーの基本的なポイントと、求めるタイプ別のおすすめアイテムを紹介してもらいました。
第2弾は、レディースアウトドア専門ショップ LaLaさかいやの山岸さんが、「山ブラ」でよくある質問に回答します。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。今日まで、登山から自然、アウトドア、スポーツ、旅などをテーマを広げ、メディアの可能...
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!