このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山登山の目標は赤岳! 山岳ガイドに教わる“雪山登山 入門のススメ”(8)

山の疑問・難問、登山ガイドが答えます!
基礎知識 2018年03月02日

いつか登りたい山はありますか? 目標を持つことで、山へのモチベーションがあがったり、自分を知り、ステプアップにつながったりすることもあるでしょう。今回は、雪山登山でよく目標とされる「赤岳」について、憧れとされる理由、難しいポイント、挑戦する際に注意したいことなどを聞きました。

POINT
  • 見事な山容・アクセスの良さ・山小屋の冬季営業
  • 一番の難しさは、岩と雪のミックスした氷雪登山
  • 訓練を積み重ね、安定した技術と体力の上に、ぜひ赤岳へ挑戦を!
雪山登山者の憧れ「赤岳」

質問: 今年から雪山登山を始めたのですが、目標は「赤岳」です! 週末には、たくさんの登山者が赤岳を目指して登っていると聞きます。私も、ぜひ登りたいです。赤岳について教えてください。

八ヶ岳最高峰、屹立した岩壁をもち重厚な山容の赤岳

八ヶ岳最高峰・主峰である赤岳は雪山登山者の憧れです。東西に屹立した岩壁をもち、どこから見ても重厚な山容は見事です。“初めての本格的な雪山”として赤岳が目標とされる理由には、首都圏からも関西からもアクセスが良い事、山麓・山中・頂上直下に冬季も営業する食事付きの山小屋があり、雪山登頂に専念できる事が考えられます。

諏訪側から登山を行なう場合、登山口の美濃戸口の標高が1500m。山頂との標高差は1400m前後で、これを一泊二日で登る計画であれば、体力的には一般の登山者なら対応できるレベルです。行く前から他人のトレースをあてにするのも何ですが、週末には多くの登山者が入山しているので、赤岳鉱泉や行者小屋などの拠点までは、ラッセルすることなく行けることが多いです。

*赤岳鉱泉からの現地情報はこちらから

岩と雪のミックスした氷雪登山、慎重さを要する尾根ルート

積雪期の赤岳の一番の難しさは、岩と雪のミックスした氷雪を登山することでしょう。八ヶ岳全体では、この赤岳と阿弥陀岳、横岳、権現岳は、アイゼンやピッケルを使う氷雪技術をフルに活用しての登山となります。足元が完全にアイスバーンのように凍結していることも、気がついたらホワイトアウトになることもあります。その状況下でも間違いなく、アイゼンを斜面に効かせ、ピッケルで確実にバランスを保ち続ける技術が必要になります。

特に、赤岳の山頂を行者小屋から目指す周回ルートで通る地蔵尾根では、木々がまだらになる辺りから雪が不安定になり、雪質を観察する事が必要です。そこからの斜面は岩混じりの氷雪の斜面で、安定したアイゼン歩行が求められます。さらに主稜線に出る手前は尾根が痩せて、高度感もあり、慎重に行動しなければいけません。天望荘から先は、上に行くほど左右の岩壁が迫り、風の影響も受けやすく、僕でも緊張します。

また、文三郎尾根をルートにとった場合は、いきなりの急登でここも注意が必要です。中岳との分岐を過ぎ、立場川の上部へと回り込むまでは強い風の中。ここからは岩と雪のミックスで、一見、穏やかに見える傾斜の下は立場川奥壁で一気に切れ落ちています。キレットからの尾根に合流してからは急峻な登りで、山頂直下は、これまた佐久側(東側)が大門沢まで切れ落ちていて、慎重な行動が求められます。こういったところでの転倒は、滑落につながり致命的な事故になるケースがあるので、細心の注意で臨んでください。

ぜひ、安定した技術の上で挑戦を!

赤岳に登っている登山者は、みな雪山技術を身につけた人ばかりでしょうか? 雪山初心者に登山経験を訪ねると「赤岳は登ってます」という登山者に多く出会います。「えっ。大変じゃなかった?」と尋ねると、「大勢登っていたし。高齢の人も一人で登っていたし。僕も大丈夫でした」などの答えが返ってきます。赤岳を登っていると、単独山行で、ピッケルの持ち方すら怪しい登山者がクサリにしがみついて前進している姿をよく見かけます。それは、とても危険な状況です。実際に、多くの滑落事故が発生していることを認識してください。

雪山技術を習得中で、ちょっと自信のない人は、氷雪技術の基礎を繰り返し習得してから挑んでほしいと思います。それが不十分な場合は、ロープを積極的に使用してください。「みんなロープ使ってないし・・・」なんて、言っていてはダメ。僕がガイドのときは、積極的にロープを使ってもらいっています。

赤岳は、大きな指標となる山です。「雪の赤岳に登りたい!」と努力しても良いですし、赤岳の登頂がきっかけとなって、本格的に雪山登山をはじめる登山者もいます。丁寧に訓練を積み重ね、安定した技術、体力の上に挑戦していただければと思います。

日本の山 雪山・冬山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急提言! この酷暑の山から身を守るために、知っとくべきこと、ふだんの生活からできること
最近の夏の暑さは厳しい。標高の高い山に行けば少しは涼めると思いきや、やっぱり暑いのは変わらない。この暑さの中で山を登り切るために、知っておくべき知識と、生活習慣について緊急提言!
信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?
本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要になってきます。では、信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。現在の山岳会の状況をふまえて、山岳ガイドの山田哲也さんにアドバイスをもらいました。
ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 
山に夢中になってしまい、休みとなれば山行に向かってしまう皆さん。そんな姿を家族から冷ややかな目で見られているという方は、多いのではないでしょうか? 悪いことをしているわけではないのに、なぜか肩身が狭い登山が大好きな皆さんに向けて、家族に笑顔で見送られて山に行く方法を山岳ガイドの山田さんに聞いてみました。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!