このエントリーをはてなブックマークに追加

脚に負担のかからない登り方とは? トップトレイルランナーが教える、登山に効く体の使い方。

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年04月09日

1回のレースで短くても10km、長ければ100kmを越える距離の登山道を駆け抜けるトレイルランニング。これだけの距離を走れるのは、体力・脚力のみならず、身体に負担のかからない方法があるからこそでもある。

 

登山中にトレイルランナーとすれ違うことも多いと思うが、彼らがどれだけの距離を歩いている(走っている)のかご存じだろうか。“ショートレース”と言われるカテゴリーのレースでさえも10~30kmで、50km程度はあたりまえ。“ウルトラレース”と言われるもとなれば100km以上や100マイル(約160km)以上となる。

一般的な登山では、1日の行動距離は、長くてもせいぜい20km程度。軽装のトレイルランナーと登山者を単純には比較できないが、同じ山を上り下りする者にとっては、その体力・脚力には目を見張るものがある。

トレイルランナーたちが、ふだんどんなトレーニグをしているのか、山を走る上でどんなテクニックを駆使して、どんな身体のケアをしているのか。「マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2018 春号」の特集では、トップランナーたちが駆使しているそのテクニックをTips形式で紹介している。

登山愛好者にも、参考になるものばかりなので、その一部をここに紹介しよう。

 

登りでは歩幅を小さくすれば疲れにくい

日本を代表するトップランナーの一人、星野由香理選手は、疲れにくい登り方についてこうアドバイスする。

「登りをガムシャラに進めば、筋肉に乳酸がたまってすぐに疲れてしまいます。疲れにくい登り方のポイントは、腰を落とさずに股関節から脚を上げて、狭い歩幅で足踏みをするような感じで、“トントントントン”というように足を置いていくことです。お尻の筋肉を使うように意識しましょう。歩幅を広くしてしまうと、無駄に蹴ってしまって、すぐに疲れてしまいます」

 

階段の下りの衝撃は、筋肉ではなく骨で受ける

下山途中、階段の下りですっかり筋力を使ってしまい、疲労困憊となってしまった経験をしたことのある登山者も多いのではないだろうか? 歩幅の合わない階段ではとくに脚への負担が大きい。そんなシチュエーションでのテクニックについて、日本山岳耐久レースの優勝者、奥宮俊祐選手はこう説明する。

「脚の負担が大きい下りでは、筋力を無駄遣いせず、重力に逆らわないことが重要です。無駄な筋力を使わないために大切なのはフォームです。例えば腰が引けて脚だけが前に出ていると、転びやすいし脚だけで衝撃を受けることになり、故障やケガの原因になりかねません。身体の軸はまっすぐになっているか、腰は落ちていないか、脚はどの方向かなどを意識して、力まず脱力して降りましょう」

 

マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2018 春号では、そのほかにも「山を走った後の効果的なストレッチ」、「捻挫対策」、「脚を置く位置」、「体のバランスを整えるトレーニング」など、山を走るためのTipsが満載。

また「私が山を走る理由」では、静岡市の山岳救助隊の望月将悟さんのスペシャルインタビューを掲載。

TJAR(トランスジャパンアルプスレース:日本海から太平洋まで、アルプスを縦走しながら踏破する山岳レース)4連覇中の、山の鉄人・望月将悟さんの素顔に触れる内容となっている。

トレイルラン 歩き方
教えてくれた人

マウンテンスポーツマガジン トレイルラン

山で行われるスポーツ、トレイルランニングにフォーカスして、登山者・ランナーをつなぐ情報誌。山での基礎知識からランニングのためのノウハウ、トレーニング論などを掲載。また注目のトレイルランナーの素顔にも迫ります。

⇒2018年春号はこちら

同じテーマの記事
レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」
透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0に、保温力を強化したウォームモデルが登場。裏地に起毛トリコットを採用し、空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップ。
advertorial
アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」
朝夕は寒さが厳しくなる秋山では、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースでもなくダウンでもないチョイス、それがコロンビアのサンタフェパークフーディー。行動中も休憩中も、すべてに対応できる。
advertorial
着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」
秋の山は寒暖差が激しいのでウェア選びは重要。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと低体温症のリスク高まる。肌をドライにキープして濡れ冷えから体を守ってくれるのがファイントラック「スキンメッシュ」。
advertorial
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2018年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。