このエントリーをはてなブックマークに追加

脚に負担のかからない登り方とは? トップトレイルランナーが教える、登山に効く体の使い方。

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年04月09日

1回のレースで短くても10km、長ければ100kmを越える距離の登山道を駆け抜けるトレイルランニング。これだけの距離を走れるのは、体力・脚力のみならず、身体に負担のかからない方法があるからこそでもある。

 

登山中にトレイルランナーとすれ違うことも多いと思うが、彼らがどれだけの距離を歩いている(走っている)のかご存じだろうか。“ショートレース”と言われるカテゴリーのレースでさえも10~30kmで、50km程度はあたりまえ。“ウルトラレース”と言われるもとなれば100km以上や100マイル(約160km)以上となる。

一般的な登山では、1日の行動距離は、長くてもせいぜい20km程度。軽装のトレイルランナーと登山者を単純には比較できないが、同じ山を上り下りする者にとっては、その体力・脚力には目を見張るものがある。

トレイルランナーたちが、ふだんどんなトレーニグをしているのか、山を走る上でどんなテクニックを駆使して、どんな身体のケアをしているのか。「マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2018 春号」の特集では、トップランナーたちが駆使しているそのテクニックをTips形式で紹介している。

登山愛好者にも、参考になるものばかりなので、その一部をここに紹介しよう。

 

登りでは歩幅を小さくすれば疲れにくい

日本を代表するトップランナーの一人、星野由香理選手は、疲れにくい登り方についてこうアドバイスする。

「登りをガムシャラに進めば、筋肉に乳酸がたまってすぐに疲れてしまいます。疲れにくい登り方のポイントは、腰を落とさずに股関節から脚を上げて、狭い歩幅で足踏みをするような感じで、“トントントントン”というように足を置いていくことです。お尻の筋肉を使うように意識しましょう。歩幅を広くしてしまうと、無駄に蹴ってしまって、すぐに疲れてしまいます」

 

階段の下りの衝撃は、筋肉ではなく骨で受ける

下山途中、階段の下りですっかり筋力を使ってしまい、疲労困憊となってしまった経験をしたことのある登山者も多いのではないだろうか? 歩幅の合わない階段ではとくに脚への負担が大きい。そんなシチュエーションでのテクニックについて、日本山岳耐久レースの優勝者、奥宮俊祐選手はこう説明する。

「脚の負担が大きい下りでは、筋力を無駄遣いせず、重力に逆らわないことが重要です。無駄な筋力を使わないために大切なのはフォームです。例えば腰が引けて脚だけが前に出ていると、転びやすいし脚だけで衝撃を受けることになり、故障やケガの原因になりかねません。身体の軸はまっすぐになっているか、腰は落ちていないか、脚はどの方向かなどを意識して、力まず脱力して降りましょう」

 

マウンテンスポーツマガジン トレイルラン 2018 春号では、そのほかにも「山を走った後の効果的なストレッチ」、「捻挫対策」、「脚を置く位置」、「体のバランスを整えるトレーニング」など、山を走るためのTipsが満載。

また「私が山を走る理由」では、静岡市の山岳救助隊の望月将悟さんのスペシャルインタビューを掲載。

TJAR(トランスジャパンアルプスレース:日本海から太平洋まで、アルプスを縦走しながら踏破する山岳レース)4連覇中の、山の鉄人・望月将悟さんの素顔に触れる内容となっている。

トレイルラン 歩き方
教えてくれた人

マウンテンスポーツマガジン トレイルラン

山で行われるスポーツ、トレイルランニングにフォーカスして、登山者・ランナーをつなぐ情報誌。山での基礎知識からランニングのためのノウハウ、トレーニング論などを掲載。また注目のトレイルランナーの素顔にも迫ります。

⇒2018年春号はこちら

同じテーマの記事
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
50年前の涸沢は今と同様にテントの花が咲いていたが――、創刊999号の『山と溪谷』誌面で振り返る北アルプス
北アルプスが「登山」として注目されるようになってから130年ほどだという。1930年に創刊した『山と溪谷』は、北アルプス登山史の大半を誌面で紹介してきた。その一部をここに公開!
ライター根津貴央さんに聞いた、パタゴニアの最新ハイキングパンツの魅力
「ロングハイキング」の楽しみ方を、様々なメディアで発表しているライターの根津貴央さん。
独自の用具観を持つ根津さんに、今季のパタゴニアのハイキングパンツについて、その魅力を伺った。
advertorial
北アルプスって、ほかの山域となにが違う? 登山者憧れの北アルプスを形成した「岩」の秘密に迫る
穂高岳・槍ヶ岳・剱岳など名山の数々、素晴らしい景観、広大なスケール――、さまざまな魅力で登山者を誘ってきた北アルプス。日本の登山の源流であるこの地の真の姿を、さまざまな角度から探る。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。