このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者が楽しめる山の選び方の目安。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(2)

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2018年05月11日
山の選び方を知りたい

質問: 丹沢、大菩薩、奥多摩。首都圏近郊にも初心者が楽しめる山々が沢山あることがわかりました。では、その中からはじめに登る山の選び方を教えてください。体力にはあまり自信がありません。


最初は、全力を出し切るような登山をするのではなく、余裕をもった山行計画を立てることが大切です。初心者同士、または初心者だけのグループで登山をすると仮定して(初心者の登山は、複数人で行くことを勧めます)、はじめに登る山の選び方を解説します。体力に自信がない方でも、何回か山を登るうちに、必ず自分なりの力はついてくると思います。

 

コースタイムの合計が4時間前後の山

登山地図やガイドブックのコースタイム(歩行時間)の合計が、4時間前後の山を選ぶと良いでしょう。コースタイムとは、実際の歩行にかかるおおよその時間です(コースタイムの出し方は各媒体による)。写真を撮りながら登れば、当然、コースタイムより時間がかかるでしょう。昼食や、ちょっとした休憩も、コースタイムにプラスされていきます。ということは、「コースタイムが4時間だから、午前10時に出発すれば、2時頃には下山している」とは、ならないことには注意が必要です。

5月は、多くの低山で新緑が美しい季節

 

道に迷うこともありますし、自分や仲間の体調が悪くなることも考えられます。予定していなかったことが起こるのが登山です。“早く出発して、早く降りてくる”計画をはじめから習慣づけると良いでしょう。一般的には、朝は早い時間帯の方が展望の良いことが多いと言われています。早起きして山へ行けば、眼下に広がる美しい景色が見られる可能性が高まります。

 

登山口から山頂までの標高の差が600m前後の山

標高差の大きすぎない山とは、具体的には、登山口から山頂までの標高の差が600m前後の山を指します。“標高差=山の厳しさ”という訳ではありませんが、僕の経験では、一日で1000m以上を登り降りする山は、初心者、特に体力に自信がない方には厳しいでしょう。

 

“有名”で“人気”の山!?

“有名”で“人気”のある山からはじめると良いでしょう。有名で人気のある山は、登山者が多く来るので、登山道が整備され、分岐には道標があることが多いので、道迷いのリスクが低いです。登山者が多ければ、ちょっとしたトラブルでも相談できて安心です。静かな山での山行をしたいのであれば、経験を積み、「人だらけの山は卒業したぜ!」と自分の好みの山に向かってください。

分岐に立てられた道標。目的地までの距離を表示したものもある

 

健康であって、体力に自信がある方であれば、歩行4時間前後、標高差600m前後では物足りないと考える方も多いと思います。しかし「この程度なら、疲れずに登れる」と体感したうえで、ステップアップしてください。最初は余裕のある登山をお勧めします。

 

行きたい山を選ぶなら、詳細な条件から絞り込みができる「登山ルート検索」が便利!

∇ヤマケイオンライン「登山ルート検索」
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/route_search.php

小社ガイドブック「新分県登山ガイド」を元に2400以上の登山ルートから、山域、体力度、歩行時間など、条件に合う登山ルートを探すことができます。

 

初心者の方にお勧めの絞り込み項目は、「体力度」です。“★”を選ぶだけで「歩行時間が4時間前後までで、登高差もあまりないコース」の絞り込みができます。

山域は“関東”、登山最適期を“5月上旬”、体力度“★”で検索してみたところ、208件のコースがヒットしました! ぜひ、自分の行きたい山選びにご活用ください。 ※コースの詳細を閲覧する場合は、会員登録が必要です。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
雪山に持っていく水の量は? 雪山での水分補給を考える
雪山登山は、無雪期の登山とは違う知識や技術が必要となることが多くある。では、雪山に持っていく水についてはどうだろうか? 山岳ガイドの山田哲哉氏に話も伺った。
世界有数の「雪国」。日本の雪山装備を考える
世界有数の豪雪地帯である日本で本格的な雪山登山をするために、安心の服装を準備する際のポイントを山岳ガイドの山田哲哉氏にアドバイスをもらう。
購入に失敗したくない高価な装備「雪山登山靴」。自分の足の形を知り、目指す雪山をイメージしよう
雪山登山を始めたい方へ向けて、早めに用意したい装備である雪山登山靴について、その必要性と選び方を山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらう。
緊急時でも慌てずに判断を。雪山で下降路がわからなくなった時の行動は?
雪山、特に山頂付近で下降路がわからなくなることがあります。下山の方角が判らない、急斜面で自信が持てない時に、確信の持てないままやみくもに下山を強行するのはとても危険です。では、そんな時は、どのような行動をとったら良いでしょうか。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!