このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者が楽しめる山の選び方の目安。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(2)

山の疑問・難問、登山ガイドが答えます!
基礎知識 2018年05月11日
山の選び方を知りたい

質問: 丹沢、大菩薩、奥多摩。首都圏近郊にも初心者が楽しめる山々が沢山あることがわかりました。では、その中からはじめに登る山の選び方を教えてください。体力にはあまり自信がありません。


最初は、全力を出し切るような登山をするのではなく、余裕をもった山行計画を立てることが大切です。初心者同士、または初心者だけのグループで登山をすると仮定して(初心者の登山は、複数人で行くことを勧めます)、はじめに登る山の選び方を解説します。体力に自信がない方でも、何回か山を登るうちに、必ず自分なりの力はついてくると思います。

 

コースタイムの合計が4時間前後の山

登山地図やガイドブックのコースタイム(歩行時間)の合計が、4時間前後の山を選ぶと良いでしょう。コースタイムとは、実際の歩行にかかるおおよその時間です(コースタイムの出し方は各媒体による)。写真を撮りながら登れば、当然、コースタイムより時間がかかるでしょう。昼食や、ちょっとした休憩も、コースタイムにプラスされていきます。ということは、「コースタイムが4時間だから、午前10時に出発すれば、2時頃には下山している」とは、ならないことには注意が必要です。

5月は、多くの低山で新緑が美しい季節

 

道に迷うこともありますし、自分や仲間の体調が悪くなることも考えられます。予定していなかったことが起こるのが登山です。“早く出発して、早く降りてくる”計画をはじめから習慣づけると良いでしょう。一般的には、朝は早い時間帯の方が展望の良いことが多いと言われています。早起きして山へ行けば、眼下に広がる美しい景色が見られる可能性が高まります。

 

登山口から山頂までの標高の差が600m前後の山

標高差の大きすぎない山とは、具体的には、登山口から山頂までの標高の差が600m前後の山を指します。“標高差=山の厳しさ”という訳ではありませんが、僕の経験では、一日で1000m以上を登り降りする山は、初心者、特に体力に自信がない方には厳しいでしょう。

 

“有名”で“人気”の山!?

“有名”で“人気”のある山からはじめると良いでしょう。有名で人気のある山は、登山者が多く来るので、登山道が整備され、分岐には道標があることが多いので、道迷いのリスクが低いです。登山者が多ければ、ちょっとしたトラブルでも相談できて安心です。静かな山での山行をしたいのであれば、経験を積み、「人だらけの山は卒業したぜ!」と自分の好みの山に向かってください。

分岐に立てられた道標。目的地までの距離を表示したものもある

 

健康であって、体力に自信がある方であれば、歩行4時間前後、標高差600m前後では物足りないと考える方も多いと思います。しかし「この程度なら、疲れずに登れる」と体感したうえで、ステップアップしてください。最初は余裕のある登山をお勧めします。

 

行きたい山を選ぶなら、詳細な条件から絞り込みができる「登山ルート検索」が便利!

∇ヤマケイオンライン「登山ルート検索」
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/route_search.php

小社ガイドブック「新分県登山ガイド」を元に2400以上の登山ルートから、山域、体力度、歩行時間など、条件に合う登山ルートを探すことができます。

 

初心者の方にお勧めの絞り込み項目は、「体力度」です。“★”を選ぶだけで「歩行時間が4時間前後までで、登高差もあまりないコース」の絞り込みができます。

山域は“関東”、登山最適期を“5月上旬”、体力度“★”で検索してみたところ、208件のコースがヒットしました! ぜひ、自分の行きたい山選びにご活用ください。 ※コースの詳細を閲覧する場合は、会員登録が必要です。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急提言! この酷暑の山から身を守るために、知っとくべきこと、ふだんの生活からできること
最近の夏の暑さは厳しい。標高の高い山に行けば少しは涼めると思いきや、やっぱり暑いのは変わらない。この暑さの中で山を登り切るために、知っておくべき知識と、生活習慣について緊急提言!
信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?
本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要になってきます。では、信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。現在の山岳会の状況をふまえて、山岳ガイドの山田哲也さんにアドバイスをもらいました。
ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 
山に夢中になってしまい、休みとなれば山行に向かってしまう皆さん。そんな姿を家族から冷ややかな目で見られているという方は、多いのではないでしょうか? 悪いことをしているわけではないのに、なぜか肩身が狭い登山が大好きな皆さんに向けて、家族に笑顔で見送られて山に行く方法を山岳ガイドの山田さんに聞いてみました。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
NEW グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック!
グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック! 今回のモニターは登山歴22年の山崎さん。フィット感が良く、「30ℓのザックを背負っているような軽さ」を感じたそうです。
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!