このエントリーをはてなブックマークに追加

東京から行ける魅力的な山々。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(1)

山の疑問・難問、登山ガイドが答えます!
基礎知識 2018年04月16日
東京から登りにいける山のことを知りたい

質問: 先日、友人に誘われて高尾山に行きました。行きはケーブルカーで高尾山駅まで行き、そこから山頂まで登りました。下山は登山道を使って、高尾山口駅まで歩きました。山頂で食べたお弁当は格別に美味しく、久しぶりに汗をかいて、「山登りっていいな」と思いました。
東京に住んでいて、登山の知識はありません。こんな私でも登れるような山が東京の近くにもありますか?

冬の空気の澄んだ晴れた日に、新宿の高層ビルの展望台から西の空を見渡すと、真っ白な富士山がカッコよく聳えています。その富士山の左右に見える山々は、上手に計画を立てれば、日帰りで登れる山が多数あります。

 

背景に相模湾を、行く手には富士山を臨む 丹沢

白山 竜ヶ馬場通過 写真/みやさんの登山記録より

 

新宿から見たときに富士山の左手に広がる山域は、丹沢の山々。最高峰は蛭が岳1673mで、首都圏の登山者に親しまれている山々です。小田急線の渋沢や秦野、新松田からアクセスがしやすく、また、中央線 藤野駅方面から訪れる登山者もいます。

かつてはブナの山として知られていました。残念ながら、高度成長期の大気汚染で表丹沢のブナの木は枯れてしまった歴史があります。それにしても、富士山が近くに仰げ、相模湾を見下ろしながらの登山は最高です。

▽特集記事
初心者もベテランも楽しめる!丹沢登山日帰り人気コースを紹介!

最も多くの登山者が訪れる塔ノ岳でも、登山口から山頂までの標高差は1000m以上あります。最初は必ずしも山頂に立つ事だけにこだわらず、途中のポイントを目的地としても良いでしょう。

 

甲府盆地を眼下に銀屏風の南アルプスを眺める大菩薩

大菩薩嶺 大菩薩峠は展望が最高 写真/山が好き!さんの登山記録より

 

新宿から見たときに富士山の右手に広がるのは、大菩薩の山々。小説『大菩薩峠』で有名ですが、最高峰の大菩薩嶺は2057mで日本百名山の一つです。四月では積雪があることも多く、北側の谷の雪が消えるのは五月になってからです。

この大菩薩連嶺は東西10km、南北12kmの大きな山塊ですが、標高1700m近い上日川峠までバス、タクシーが入るようになっています。 大菩薩嶺から西側に大きく富士山、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父を臨むことができる明るい尾根を大菩薩峠まで歩き、上日川峠に戻るコースなら3時間前後です。かつては青梅街道 裂石の大菩薩登山口(標高900m)から登るのが一般的だったので、昔から登山をしている僕としては、3時間程度で歩けるように“なってしまった”と思ってしまいますが、おススメのコースなので、ぜひ登ってください。

▽モデルコース *会員登録して閲覧してください
初心者もベテランも楽しめる!丹沢登山日帰り人気コースを紹介!

さらにこの山塊は、南に向かって変化に富んだ小金沢連嶺・南大菩薩の山々が連ねています。東には「牛ノ寝通り」という明るい自然林の尾根が奥多摩へと続き、北には黒川鶏冠山などの静寂の山があります。少しずつ、登るエリアを広げていったら良いでしょう。

 

澄んだ渓谷美と森の美しさが残る奥多摩

海沢探勝路から御岳山 写真/ぼっけもんさんの登山記録より

新宿から見たときに富士山を基準に大菩薩のさらに右側と手前に広がるのは奥多摩と呼ばれ、多摩川水源の山々です。最高峰は唐松尾山2109m。

東京都最高峰で日本百名山の雲取山(2017m)周辺は標高2000mを越える亜高山が連なります。そこを起点に青梅、あきる野市の里山へと少しずつ標高を下げた山塊が広がります。駅(JR青梅線、五日市線沿線)から直接登山口へ行けるアクセスのより山が多いのですが、手つかずの自然が残ってる魅力的な山々です。高尾山と同様にケーブルカーがある御岳山周辺は、気軽に山の良さを楽しめる山域として覚えておくと良いでしょう。

▽特集記事!
奥多摩ナビ - みんなが楽しめる東京の奥座敷の山

少し足を延ばせば、東京に住んでいても日帰りで取り付きやすい山が多くあります。天候が安定し、体調の良い時を選んで好条件のもとでチャレンジしてください。次につながる良い経験になるでしょう。

歩き方 日本の山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
ヤマヤの超難題!? 家族に笑顔で見送られて、山に行く方法は? 
山に夢中になってしまい、休みとなれば山行に向かってしまう皆さん。そんな姿を家族から冷ややかな目で見られているという方は、多いのではないでしょうか? 悪いことをしているわけではないのに、なぜか肩身が狭い登山が大好きな皆さんに向けて、家族に笑顔で見送られて山に行く方法を山岳ガイドの山田さんに聞いてみました。
山小屋に泊まりたい! 泊まる前に知っておくべきこと・やるべきこと。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(4)
山小屋には5人くらい入れば一杯になってしまう避難小屋から、1000人が宿泊できるホテルのような山荘まで。山小屋と言っても、規模、設備、ルール―などはさまざま。これから山小屋泊まりの登山をされる方へ向けて、ズバリ山小屋って、どんな所かを解説。
はじめに揃えるべき登山の必需品。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(3)
登山用品店に行くと、さまざまな種類の山道具。また、ひとつのアイテムをとってみても、多くのラインナップがあります。さて、これから登山をはじめる時、どの山道具から揃えたら良いでしょうか? 今回は、登山をはじめる時に絶対に必要となる道具について聞きました。
初心者が楽しめる山の選び方の目安。山岳ガイドに教わる“登山 はじめの一歩”(2)
丹沢、大菩薩、奥多摩。首都圏近郊にも初心者が楽しめる山々が沢山あることがわかりました。今回は、初心者が楽しめる山の選び方の目安を教わります。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年7月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。