このエントリーをはてなブックマークに追加

花谷泰広氏らヒマラヤキャンプ登山隊が5月8日、未踏峰の登頂に成功

ヒマラヤキャンプの動向を追う
ガイド・記録 2018年05月08日

4月14日にカトマンズから未踏峰に向けて旅立った登山家・花谷泰広氏が主宰する「ヒマラヤキャンプ」登山隊。今回はカトマンズに出発してから、未踏峰に登頂するまでを追う。

カトマンズから出発したヒマラヤキャンプ登山隊

「ヒマラヤキャンプ」、3度目の未踏峰登頂に成功

ネパール時間の2018年5月8日午前9時、花谷泰広氏が率いるヒマラヤキャンプ登山隊がパンカールヒマール(6264m)に初登頂を果たした。ヒマラヤキャンプとしては3度目の登頂成功のニュースだ。

時間を少し遡り、前回の記事から登頂までをヒマラヤキャンプのFacebook投稿とともに時系列で追っていきたいと思う。4月14日にカトマンズからパンカールヒマールに向けて旅立った登山隊。カトマンズからソティコーラまではバスで、すさまじい悪路を約9時間かけて移動した。

ソティコーラからは馬とポーターを雇い、ジャガトからチソパニ〜ナムルンと移動、麓の村ショウに到着したのは4月20日だった。ネパールの文化に慣れていない登山隊メンバーもいたが、キャラバンを通して、ネパールの食事やコミュニケーションには慣れたそうだ。

ショウに到着してからベースキャンプ予定地まで偵察を入念に行い、4月23日に2日遅れでベースキャンプ設営を行った登山隊。花谷氏は「ベースに入るまでに偵察を要したのは久しぶりで、キャラバンからかなり頭を使いました。それだけにベースに到着した時はホッとしました」と投稿している。花谷氏以外のメンバーは今回初めて本格的な氷河を経験。その迫力にメンバー全員が興奮していたという。ベースキャンプからの展望が良く、投稿された写真にはガネッシュ・ヒマール山群と思われる山容が美しく写されていた。

4月25日の投稿では、花谷氏が今回の目標がパンカールヒマール(6264m)であることを明かした。「有名なマナスルの北東、ネパールとチベットとの国境稜線上にあって、2014年に登山が解禁された未踏峰です。地元の人によると、ここに登山隊が入ったのは初めてということで、本当にこれまで手探りでここまできました」と花谷氏。「麓の街で情報収集をしたり地元の詳しい人に話を聞きながら、まるでRPGのような登山」だったという。

 

ルート変更、ベースキャンプの移動。逆境からの挑戦

順調に見えていたヒマラヤキャンプだが、2泊3日のパンポチェ氷河の偵察を終えた花谷氏は、5月1日にこんな長文の投稿を残している。

「結果から申し上げますと、我々の力では突破はできないと判断しました」。ルート上に突破できそうにないクレバス帯があり、プランの変更を余儀なくされたのだ。花谷氏の投稿の中には、パンポチェ氷河を越えるには2つの可能性があるが、可能性が高いプランでは登山隊全員で進むことができず、半分以上のメンバーが諦めなければならないこと。パンカールヒマールを目指すルートは2つあり、計画段階でより困難なポンパチェ氷河からの入山を決めたことが書かれている。そして偵察の後にメンバー全員で本音のミーティングを行い「悔しいけどここは全員で越えられそうにない。でも山頂に立ちたい、6人全員で」という意見でメンバーの気持ちがまとまり「一旦ベースキャンプごと撤収して麓に下山し、右側の氷河から6人全員で山頂を目指す」という結論を出した。残された10日間で4000mにあったベースキャンプをショウの対岸、2850m地点に移し、パンポチェ氷河からではない、もう1つのルートから山頂を目指す。

その翌日、5月2日に行動計画や携行する装備品についてを話し合った登山隊。5月3日にベースキャンプの移動を行い、5月5日から入山する計画を明かした。

5月4日の投稿で花谷氏は「サミットプッシュに先立ち、僕はメンバーにほぼ全ての部分を委ねました。それにきっちりと応えてくれて、メンバー主体で行動計画、装備の選定、食料計画などを練り直し、明日からの登山に備えています」、「当初の予定とは大幅に違うルートからの挑戦になります。偵察なし。泣いても笑っても一回限りのチャンスです」と伝え、「では皆さま、ヒマラヤキャンプ隊への応援をよろしくお願いいたします! 行ってきます!」と締めくくった。

5月6日に5200m地点まで登り、5月7日には氷河を突破し5500m地点に最終キャンプの設営に成功した。

 

そして5月8日にサミット・プッシュ(アタック)をし、登山隊全員でパンカールヒマールの頂に立ったことが投稿された。

5月8日午後8時時点の情報で、無事下山中とのこと。引き続き、ヒマラヤキャンプを追っていきたいと思う。

 

パーティ登山 海外 記録・ルポ
教えてくれた人

ヒマラヤキャンプ

公募により選抜されたメンバーとともに、ネパール・ヒマラヤの未踏峰あるいは未踏ルートに挑む【若手養成プロジェクト】。公式Facebookにて情報発信中。 https://www.facebook.com/himalayacamp.jp/

同じテーマの記事
花谷 泰広が率いるヒマラヤキャンプがカトマンズから目標の未踏峰に向けて出発
登山家 花谷泰広が主宰する「ヒマラヤキャンプ」が3回目の未踏峰登頂に向けて旅立った。目標とする山名は明かさず、Facebookの投稿で発信するという、今までとは違った方法で活動を行う。今回ヤマケイオンラインでは、彼らのFacebook投稿と、日本でサポートするメンバーへの取材を通して、「ヒマラヤキャンプ」を追っていきたい
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!