このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングシューズブランドの意欲的なミッドカットモデルを、朝日連峰・以東岳でテスト

高橋庄太郎の山MONO語り
道具・装備 2018年08月28日

今月のPICK UP HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)/スピードゴート 2 ミッド WP

価格:24,000円(税別)
サイズ:25.0cm~30.0cm
重量:358g(27.0cm/片足)

メーカーサイトへ >>
女性用モデルはこちら >>

 

分厚いミッドソール、前への推進力…。トレランシューズをベースに設計されたミッドカットモデルの特徴を確認

トレイルランニング系のシューズを登山に使用する人がますます増えている。 この手のシューズは柔軟ではあるが、不整地での安定感は期待できないために、岩稜帯がある高山には向かず、重い荷物を支える力も持っていない。だが、低山や日帰り登山程度の荷物ならば十分に使え、軽量ゆえの足さばきのよさに大きなメリットが生まれる。フィット感が高いのもよい点だ。だが、もう少し足首をホールドする感覚が高く、岩の上でのグリップ力が強いと使いやすいと思う方も多いことだろう。

今回ピックアップしたのは、最近になってトレイルランナーからの支持を急速に高めているフランス生まれの新進気鋭メーカー、ホカ オネオネの「スピードゴート 2 ミッド WP」。トレイルランニングシューズを母体に、トレッキングブーツとしての機能もアップさせた最新のミッドカットモデルだ。重量は片足27㎝で約358gと非常に軽量である。

このシューズを上部から見ると、前方には比較的余裕があり、かかと部分はいくぶんシェイプされていることがわかる。

柔らかなアッパーで、足を包みこむようなフォルムだ。シューレースはある程度の伸縮性を持たせたタイプで、多少大雑把に締め付けても一定以上のフィット感を保つ。もちろん、当初から適切にシューレースを締め付ければ、ますます理想的な履き心地だ。ただし、長時間はき続けていると、少々緩みやすいようではある。

出自がトレイルランニングとあって、スピードゴート 2 ミッド WPは前方への推進力を考慮している。例えば、菱形の凹凸をもつソールがつま先部分まで延びているのは、前進するときに、つま先の先端で地面をとらえ、強く蹴りだせるように設計されているからだ。

つま先部分にいくらかミゾを刻んだものはトレッキングシューズやライトアルパインブーツにも見られるが、これほど明瞭にソールを延長しているものは多くない。これはやはり、もともとはスニーカーのようなフォルムのトレイルランニングシューズが原型だからだ。

サイドから見ると際立っているのは、ミッドソールの分厚さ。じつはこのモデルに限らず、ホカ オネオネのシューズは、どれもこのようにものすごく厚みがあるミッドソールを持っている。

スピードゴート 2 ミッド WPのミッドソールの厚みを外側から計測すると、いちばん厚い部分で約4.5㎝。かかとの部分は内部でおわん型にシェイプされているので、ミッドソールによってかかとの下半分が覆われているような状態である。

ミッドソールは厚みだけではなく、幅の広さも相当なものだ。このシューズの本体といえるのは、このミッドソールなのではないかと思うほどである。また、ミッドソールの幅が広ければ、その上に張られているアウトソールも必然的に幅広いものになり、着地している際の接地面積もかなり大きい。これにより、ホカ オネオネのシューズは他メーカーよりも地面との摩擦力が高くなっている。

アウトソールに使われている素材は、ソールメーカーとして名高いビブラム社の製品の中でも特に地面をとらえる力が強い「ビブラムメガグリップ」だ。トレイルランニング系シューズに使うには少々硬いのではないかと思われる素材だが、スピードゴート 2 ミッド WPはアウトソールに深い切れ目を作り、グレーのミッドソールそのものが一部では裏面に出るようにデザインしている。そのためにアウトソールの湾曲性は増し、はいているときに硬さが気にならない一方、滑りにくさはキープされている。

ソールの分厚さと幅広さは、安定性という意味では大きなメリットだが、視点を変えればデメリットともいえる。体の重心は若干上がり、実際の人間の足幅との大きさがかなり異なるため、素足感覚で使えるとはいいがたいからだ。だが、ミッドソールがこれほど分厚いだけあって、スピードゴート 2 ミッド WPのクッション性はまさに驚異的! そのあたりについては、後ほど改めて説明しよう。

もう少し細かなディテールも確認しておきたい。

スピードゴート 2 ミッド WPの足首まわりには、クッション性が高い素材が配置され、一部は何かにぶつかったときの衝撃を和らげるためにか、さらに少し盛り上がっている。この部分をじかに触っただけではそれほど効果があるとは思えない程度の弾力性だが、いくらかメリットはあるのだろう。

インソール(フットベット)は、ホカ オネオネ独自に作ったものではなく、オーソライト社のものを組み合わせている。通気性や透湿性、衝撃吸収性に優れ、防臭や防カビにも力を発揮するというオーソライトのソールは、近年になって多くのシューズメーカーの支持を集め、多くのモデルに採用されている。スピードゴート 2 ミッド WPに使われているものも非常に柔らかで、シューズの持ち味を損なうことなく、性能アップに貢献している。

さて、実際に歩き始めよう。前回のこの連載では、ビッグアグネスの「タイガーウォールUL2 EX」というテントを朝日連峰の大鳥池近くのテント場で試した。そして今回は、同じテント場からスピードゴート 2 ミッド WPで日本200名山の以東岳を目指していく。

 

以東岳へ! シューズの特徴を活かすため、スピーディーに登ってみる。そこで体感できたのは…

淡い光で包まれ、静けさに満ち溢れている大鳥池を出発。はじめに目指すのは西方にそびえるオツボ峰だ。

真夏とはいえ早朝は涼しく、両脇に笹が生い茂る登山道をどんどん進む。トレイルランニングほどのスピードは出していないが、できるだけスピーディに行動しようと、僕はコースタイムの目安の半分ほどの時間で標高を上げていった。

スピードゴート 2 ミッド WPのフィット感は申し分ない。途中で少々緩んだ気がしたのでシューレースを締め直したが、あとは歩き終えるまで調整する必要はなかった。

前方に進みながら、大小の岩があれば足を置いてみて、石質の違いがソールの滑りやすさにどれくらい影響するのか確かめてみる。地面が崩れかけた場所では足を強く蹴りだし、土や砂の上でのグリップ力もチェックしていった。

総じて言えるのは、ビブラムメガグリップの力は想像以上ではないか、ということだ。一般的なトレッキングシューズに使われているアウトソールよりも数段滑りにくいと思える。もっとも同じ場所で数種類のソールを履き比べたわけではないので、これはあくまで僕の印象に過ぎない。

オツボ峰付近で稜線に上がると、いかにもトレイルランニングに向いた緩やかな登山道になる。

僕はトレイルランニングよりも自分のペースで緩急をつけながら歩くほうが好きだが、それでも今回はときおり小走りになってみたりも…。スピードハイクの感覚でスピードゴート 2 ミッド WPの履き心地をさらに試していった。

一歩一歩ゆっくりと足を踏み出していった登りのときはそれほど明確ではなかったが、平坦な場所でスピードを上げると、足が地面に接した際の衝撃緩和力のスゴさが如実に感じられる。まるで足裏にバネがついているような弾力性があり、飛び跳ねるような歩行感なのだ。これは素直に気持ちいい。

この弾むような履き心地は、ホカ オネオネならではだ。僕は同社の他のシューズも使用したことがあるが、スピードゴート 2 ミッド WPにもその特徴がよく表れている。しかもミッドカットモデルだけに足首まわりのホールド感が高い。もちろん、ローカットのトレイルランニングシューズほど軽快ではないが、一般的なミッドカットのトレッキングシューズよりは足さばきがよく、衝撃吸収性と軽量性、そして安定感のバランスがうまくとれているように感じる。

以東岳が近付き、山頂付近には岩場もいくらか出てくる。しかし僕は何のトラブルもなく山頂に到着した。

遠くには西朝日岳のシルエットが見える。朝日連峰には急峻な岩場は少なく、それほど重い荷物でなければスピードゴート 2 ミッド WPでどこまでも縦走して行けそうだ。

 

下り道で真価を発揮したグリップ力とクッション性。加えて、防水性もチェック

山頂から下山を開始する。大鳥池という名前ではあるが、その水面の形を上から見た印象は、大きな頭と四肢をもつ、つぶれたカエルだ。

その水面の右手に当たる部分には大鳥小屋とテント場があり、以東岳との標高差は800mほど。それだけ長く登山道を下っていかねばならないわけである。

しかし、ミッドソールの弾力性のおかげで、足への衝撃はあまり感じない。アウトソールの滑りにくさも相変わらずである。今回のテストで撮影した写真は登り道と平坦地のものばかりになってしまったが、実際にこのシューズが真価を発揮するのは間違いなく下り道だ。もしくは、もともと得意であるトレイルランニングの時であろう。いずれにせよ、足にかかる負担がとても少なく、シューズの軽量性とも相まって体が疲れにくい。

大鳥池の一角まで下りると、テント場に戻る前にいったん沢を渡らねばならない。橋は架かっていないので、水量が多いときはシューズを濡らすことになる。ローカットのトレイルランニング系シューズには防水性をあえて省いたタイプも多いが、このモデルの名称には「WP」、つまりウォータープルーフ(防水)の文言が入り、SKYSHELLという素材を用いた結果、雨中でも濡れにくい構造となっている。

 

たしかに長い間、流れのなかにつけていても浸水はない。表面の撥水力も高く、水から引き上げれば大半の水はすぐに玉のように流れていった。柔らかなアッパーだけに穴が空く心配は避けられず、この防水性がいつまで保てるのかはわからない。しかし、新品のシューズがもつデフォルトの機能性としては合格点だろう。

 

「スピードゴート 2 ミッド WP」は、予想以上に登山に「使える」シューズだった

その後、僕は泡滝ダムへと下山した。スピードゴート 2 ミッド WPは最後まで履き心地よく、気温は高くてもシューズ内部の蒸れはごくわずか。予想以上に登山に「使える」シューズだ。僕はその後も数回の登山で履いたが、アウトソールの摩耗も少なく、グリップ力はまだまだキープされそうで、今のところ大きな問題はない。ただしミッドソール部分の外側は傷が目立つようになった。だが、それによって弾力性が失われているわけではない。

岩場が少ない低山を中心に、このシューズが活躍する場所は思いのほか多そうである。気になるのは、柔らかで華奢に感じるアッパーがどれくらいの強度をもち、いつまで機能をキープできるかということか。そのあたりは今回のテストでは判断しかねるが、ある程度の回数の山行には十分使えそうであり、シューズ購入時の選択肢のひとつに考える価値はある。

 

登った山
以東岳
山形県・新潟県
標高1,772m

関連する登山記録はこちら
関連する山道具はこちら

登山靴 日本の山
教えてくれた人

高橋 庄太郎

宮城県仙台市出身。山岳・アウトドアライター。 山、海、川を旅し、山岳・アウトドア専門誌で執筆。特に好きなのは、ソロで行う長距離&長期間の山の縦走、海や川のカヤック・ツーリングなど。こだわりは「できるだけ日帰りではなく、一泊だけでもテントで眠る」。『山登りABC テント泊登山の基本』(山と溪谷社)、『トレッキング実践学 改訂版』(枻出版)ほか著書多数。

同じテーマの記事
汎用性が高く1年中使える! ゆったりして履き心地の良いスカルパ「ZGトレック GTX」を、秋が深まる平標山テント泊山行で試す!
スカルパの「ZGトレック GTX」は、オーソドックスで汎用性が高いトレッキング系のブーツ。雨天の平標山を歩いてその性能をチェック!
重量バランスがよく、リーズナブルで使い勝手がいい! レキの最新トレッキングポールを南アルプス・光岳でテスト
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載。レキ(LEKI)の「マイクロバリオTAコンパクト」は、アルミ素材がメインながら2本でわずか534gの軽量でコンパクトなトレッキングポール。南アルプスの光岳でその使い勝手をチェック!
生地の組み合わせで、丈夫さと伸縮性を兼ね備えた最新トレッキングパンツを、北海道・恵庭岳で試す!
ホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」は、その名の通り「ラグド(Rugged)=頑丈」で「フレックス(Flex)=柔軟」なパンツ。岩場もある北海道・恵庭岳で、タフさとストレッチ性をチェック!
ダブルウォールで1kgを大きく下回るテント。ニーモの「ホーネットストーム1P」を、梅雨真っ只中の八ヶ岳のテント場で試す!
最小重量わずか760gのダブルウォール&自立式テント「ホーネットストーム1P」を、梅雨時期の八ヶ岳でテスト。軽量化を実現するために凝らされた様々な工夫と、その実力を徹底検証!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...