このエントリーをはてなブックマークに追加

「一生に一度は見たい」秋の絶景、北アルプス・涸沢に行くなら? おすすめの4プランを紹介

From ワンダーフォーゲル編集部
ガイド・記録 2018年09月14日

紅葉登山の代名詞的な場所、北アルプス・涸沢。その美しさは、登山愛好者なら一度は訪れるべきだろう。紅葉期の涸沢に行くなら、どんなプランで行く? モデルコースを4つ紹介する。

写真/渡辺幸雄、加戸昭太郎
文/ワンダーフォーゲル編集部

錦秋に染まる涸沢カール

北アルプス・涸沢の紅葉は、登山者のみならず誰もが「一生に一度は見たい」と憧れる秋の絶景です。登山雑誌での紹介はもちろん、近年は一般の旅行ガイドブックにまで登場するほど素晴らしい紅葉を味わえる場所です。

とはいえ、そこは北アルプスの山中。「最寄りのバス停から徒歩6時間」ということを忘れてはなりません。そんな涸沢を、今年の秋こそ、めざしてみてはいかがでしょうか。おすすめの4モデルコースを紹介します。

 

プラン1:上高地から横尾経由で涸沢へ

最もベーシックなプラン。横尾までは平坦な道が続き、危険な場所も少ない。初心者でも比較的無理なく歩けるコースだ。

上高地~涸沢の登山地図 ⇒登山計画をヤマタイムでたてる

1泊2日 初心者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾~涸沢 (6時間5分)
2日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル (5時間5分)

 

 プラン2:横尾ステイでゆったり宿泊

入浴もできる横尾山荘

プラン1とルートは同じだが、宿泊を横尾にすることで、涸沢よりも比較的混雑を避けられるプラン。翌日の行動時間はやや長めのため、日程に余裕があればプラス1泊するのもよい。

1泊2日 初心者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾 (3時間5分)
2日目 横尾~涸沢~上高地バスターミナル (8時間5分)

 

プラン3:パノラマ新道から涸沢へ

屏風の賽の河原から望む紅葉の穂高連峰

 

パノラマ新道は、その名の通り抜群の眺望が得られるルート。屏風の耳付近からは、槍穂高連峰の展望が広がり、涸沢カールの紅葉も一望できる。ただし、ガレ場のトラバースや急登もあるため、経験者向きだ。

上高地~涸沢の登山地図 ⇒登山計画をヤマタイムでたてる

1泊2日 中級者向け

1日目 上高地バスターミナル~新村橋~パノラマ新道~涸沢 6時間30分
2日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル 5時間5分

 

プラン4:北穂高岳・奥穂高岳へ挑戦!

涸沢をベースに、穂高のピークに挑戦するのももちろんいいだろう。涸沢からはどちらもクサリやハシゴが現れる岩場のコース。初心者なら経験者と一緒に登ろう。

涸沢をベースとすることで、荷物を少なくして身軽に行動できる点がこのプランのメリットだが、荷物を背負い、翌日に一気に上高地まで下る体力があれば、稜線の北穂高山荘や穂高岳山荘に泊まるプランもオススメ。

涸沢から見た奥穂高岳

 

また、北穂高岳と奥穂高岳の間は、落石も多いガレ場のある岩稜で、難易度は格段に高くなる。二つのピークをつなげるルートは、岩稜歩きに慣れた上級者向きだ。初心者はピークハントを欲張らないように。

2泊3日 中級者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾~涸沢 6時間5分
2日目 涸沢~北穂高岳~涸沢 5時間

または
2日目 涸沢~奥穂高岳~涸沢 5時間30分
3日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル 5時間5分

 

日本屈指の涸沢の紅葉ポイント、涸沢。ナナカマドの赤色やダケカンバのオレンジ色がカール内を染めるのは、例年9月下旬から10月初旬。例年、体育の日を含む3連休がピークとなります。

そんな涸沢の紅葉の見頃、アクセス方法、より詳しいコースガイドなど、涸沢での紅葉を楽しみ方をまとめたのが、ワンダーフォーゲル10月号。 涸沢以外にも、美しい紅葉の山を多数紹介。山が最も色鮮やかになる、紅葉登山の楽しみ方を、ワンダーフォーゲル10月号でお楽しみください。

 

自然観察 ガイド
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

ワンダーフォーゲル12月号の特集は「日帰りハイク100ルート」。一年中楽しめる、東京&大阪起点の日帰りハイキングルートをテーマ別に100本紹介。いつでも楽しめる永久保存版です!
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
ワンダーフォーゲル編集部の「シートゥーサミット参戦記」
「みんな、今年は行くぞ!」という編集長のひと声でシートゥーサミットの妙高・野尻湖大会に参戦! カヤック、自転車、登山で湖から山頂をつなぐ、アウトドアズマンらしい魅力的なイベント。でも私たち、普段は山しか登ってないけど大丈夫?
この夏こそ岩稜ルートへ! の前に覚えておこう。岩稜歩きの2大リスクを確認しよう
登山者の憧れ、北アルプスの岩稜ルートでは、技術的にも体力的にも難易度は一気に高まる。そこで、今回は岩稜歩きの2大リスクについて確認しておこう。
あなたはどのルートで行く? 槍ヶ岳をめざす4ルート
どこから見てもわかるトンガリピークの槍ヶ岳。多くの登山者を魅了する槍ヶ岳の魅力の一つが、コースの豊富さ。ここでは主要4ルートとして、槍沢、表銀座、裏銀座、大キレットを紹介します。
山火事を逃れたクマが海を泳いできて利尻島に住み着いた? 百名山トリビアクイズ
多くの登山者の1つの目標となっている「日本百名山」。100の山、1つひとつにさまざまな物語があるが、読者のみなさんはどこまで知っているだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。