このエントリーをはてなブックマークに追加

「一生に一度は見たい」秋の絶景、北アルプス・涸沢に行くなら? おすすめの4プランを紹介

From ワンダーフォーゲル編集部
ガイド・記録 2018年09月14日

紅葉登山の代名詞的な場所、北アルプス・涸沢。その美しさは、登山愛好者なら一度は訪れるべきだろう。紅葉期の涸沢に行くなら、どんなプランで行く? モデルコースを4つ紹介する。

写真/渡辺幸雄、加戸昭太郎
文/ワンダーフォーゲル編集部

錦秋に染まる涸沢カール

北アルプス・涸沢の紅葉は、登山者のみならず誰もが「一生に一度は見たい」と憧れる秋の絶景です。登山雑誌での紹介はもちろん、近年は一般の旅行ガイドブックにまで登場するほど素晴らしい紅葉を味わえる場所です。

とはいえ、そこは北アルプスの山中。「最寄りのバス停から徒歩6時間」ということを忘れてはなりません。そんな涸沢を、今年の秋こそ、めざしてみてはいかがでしょうか。おすすめの4モデルコースを紹介します。

 

プラン1:上高地から横尾経由で涸沢へ

最もベーシックなプラン。横尾までは平坦な道が続き、危険な場所も少ない。初心者でも比較的無理なく歩けるコースだ。

上高地~涸沢の登山地図 ⇒登山計画をヤマタイムでたてる

1泊2日 初心者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾~涸沢 (6時間5分)
2日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル (5時間5分)

 

 プラン2:横尾ステイでゆったり宿泊

入浴もできる横尾山荘

プラン1とルートは同じだが、宿泊を横尾にすることで、涸沢よりも比較的混雑を避けられるプラン。翌日の行動時間はやや長めのため、日程に余裕があればプラス1泊するのもよい。

1泊2日 初心者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾 (3時間5分)
2日目 横尾~涸沢~上高地バスターミナル (8時間5分)

 

プラン3:パノラマ新道から涸沢へ

屏風の賽の河原から望む紅葉の穂高連峰

 

パノラマ新道は、その名の通り抜群の眺望が得られるルート。屏風の耳付近からは、槍穂高連峰の展望が広がり、涸沢カールの紅葉も一望できる。ただし、ガレ場のトラバースや急登もあるため、経験者向きだ。

上高地~涸沢の登山地図 ⇒登山計画をヤマタイムでたてる

1泊2日 中級者向け

1日目 上高地バスターミナル~新村橋~パノラマ新道~涸沢 6時間30分
2日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル 5時間5分

 

プラン4:北穂高岳・奥穂高岳へ挑戦!

涸沢をベースに、穂高のピークに挑戦するのももちろんいいだろう。涸沢からはどちらもクサリやハシゴが現れる岩場のコース。初心者なら経験者と一緒に登ろう。

涸沢をベースとすることで、荷物を少なくして身軽に行動できる点がこのプランのメリットだが、荷物を背負い、翌日に一気に上高地まで下る体力があれば、稜線の北穂高山荘や穂高岳山荘に泊まるプランもオススメ。

涸沢から見た奥穂高岳

 

また、北穂高岳と奥穂高岳の間は、落石も多いガレ場のある岩稜で、難易度は格段に高くなる。二つのピークをつなげるルートは、岩稜歩きに慣れた上級者向きだ。初心者はピークハントを欲張らないように。

2泊3日 中級者向け

1日目 上高地バスターミナル~横尾~涸沢 6時間5分
2日目 涸沢~北穂高岳~涸沢 5時間

または
2日目 涸沢~奥穂高岳~涸沢 5時間30分
3日目 涸沢~横尾~上高地バスターミナル 5時間5分

 

日本屈指の涸沢の紅葉ポイント、涸沢。ナナカマドの赤色やダケカンバのオレンジ色がカール内を染めるのは、例年9月下旬から10月初旬。例年、体育の日を含む3連休がピークとなります。

そんな涸沢の紅葉の見頃、アクセス方法、より詳しいコースガイドなど、涸沢での紅葉を楽しみ方をまとめたのが、ワンダーフォーゲル10月号。 涸沢以外にも、美しい紅葉の山を多数紹介。山が最も色鮮やかになる、紅葉登山の楽しみ方を、ワンダーフォーゲル10月号でお楽しみください。

 

自然観察 ガイド
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

ワンダーフォーゲル4月号の特集は「山登り年間計画」。計画なくして登山なし。四季折々の山の見頃を逃さないための、一年を見通した計画作りが大切。この一年をどう登ろうか。どんな山に出かけようか。2019年の山登りのヒントとなる、テーマ別ガイド特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
NMB48白間美瑠クライマー化計画! 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
アイドルグループNMB48のメンバー“みるるん”こと白間美瑠さんが、クライマーをめざして挑戦! ワンダーフォーゲル4月号からスタートする連載第1回目の様子をチラッとご紹介します。
登山中のコンパスの出番とは? 今年こそコンパスを使える登山者になろう!
「最低でも地図とコンパスは持参すべし!」という言葉どおり、登山に地図もコンパスも持っていくけど、山で一度も使ったことがない――、とすっかり宝の持ち腐れな方へ。どんなシチュエーションでコンパスは必要になるのだろうか?
空気が澄んでくる季節――。山頂で夜景を楽しむナイトハイキングに行ってみよう
山頂で夜景を楽しむナイトハイキングは、空気が冷えて澄んでくるこれからの季節がおすすめ。ナイトハイキングを楽しむポイントとおすすめの山を紹介する。
ワンダーフォーゲル編集部の「シートゥーサミット参戦記」
「みんな、今年は行くぞ!」という編集長のひと声でシートゥーサミットの妙高・野尻湖大会に参戦! カヤック、自転車、登山で湖から山頂をつなぐ、アウトドアズマンらしい魅力的なイベント。でも私たち、普段は山しか登ってないけど大丈夫?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年3月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!