このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟・魚沼から楽しむ尾瀬ハイキング。船でアクセスして、“尾瀬の香り”を楽しもう

はるかなる尾瀬――、尾瀬の風景・春夏秋冬
ガイド・記録 2019年10月09日

尾瀬の魅力をもっと深く知るために、尾瀬の自然環境の保全・調査研究に取り組んでいる尾瀬保護財団が、尾瀬の贅沢な過ごし方を紹介。今回は新潟県魚沼から、船に乗ってアクセスするルートの魅力を紹介する。

 

「はるかな尾瀬」の歌で知られる、一度は行ってみたい! と皆さん声にする尾瀬。そんな人に、主に北陸・関西方面からのツアーが多い「魚沼から行く尾瀬ルート」をご紹介したいと思います。

魚沼とは、新潟県魚沼市。出発地点となるのは奥只見ダム乗船場からで、尾瀬への旅は船の旅から始まります。水力発電としては最大規模の奥只見ダムの壮大な景色を約40分かけて楽しみます。湖上からは、荒沢岳、燧ヶ岳を望む事が出来ます。

新潟県魚沼から始まるルートは、船でアクセスするのが魅力。船上からの景色は他では味わえないのが魅力


その後、尾瀬の入山口でもある沼山峠までは約1時間、天然ブナや針葉樹林帯の中をバスで移動、道中、平ヶ岳、至仏山、燧ヶ岳を望みながら、山好きな人にはワクワクゾーンです。トータル約2時間の移動で沼山峠へ到着です。

ここからは静かなしっとりとした尾瀬の始まり。既に標高約1700mの沼山峠入山口は、オオシラビソなどの針葉樹や野鳥が出迎えてくれます。約1時間半くらいかけて、尾瀬沼へと抜けて行きます。

 

沼山峠の主役、針葉樹オオシラビソ

沼山峠に多く植生する針葉樹のオオシラビソは、別名「青森トドマツ」ともいわれ、標高1600m以上で見る事ができる常緑針葉樹です。沼山峠以外の尾瀬エリアでも見ることは出来ますが、初めて尾瀬に訪れる人には、沼山峠で「これぞオオシラビソ!」というくらい、たくさんの木々に囲まれることになるでしょう。

オオシラビソに囲まれている沼山峠。訪れると、その葉から発する香りに癒やされることになる


常緑針葉樹なので、少し薄暗い森の中を歩いていると、ふわっと、いい香りがしてきます。そう、沼山峠は天然の香りのおもてなしもあるのです。この香りの正体こそ、オオシラビソなのです。

スーッとしたαピネンなどの天然芳香成分は、呼吸によって摂りこむことでリラックスやリフレッシュされることをご存知のでしょうか? バス酔いなどで気分が優れない時でも、沼山峠をゆっくりと歩く事で自然と改善されたりするケースが多々あります。凄いですね、オオシラビソの香りって・・・。

 

峠を抜けて尾瀬沼と大江湿原へ

森の中を抜けると、いよいよ大江湿原がひらけてきます。夏の季節は、ニッコウキスゲやノアザミ、キンコウカなどのお花達が出迎えてくれます。近年は少しお花達も早目に咲いている気がしますが、ほかにもミヤマワレモコウやサワギキョウなども、たくさん目にすることになるでしょう。

夏はニッコウキスゲが美しい大江湿原。夏の時期は次々と花が咲いていく

ノアザミやキンコウカも夏の尾瀬を代表する花で、湿原をカラフルに彩る


だんだんと尾瀬沼が近づいて、沼湖畔にたどり着く頃にはランチタイムになります。尾瀬沼東岸からは展望が素晴らしく、とくに燧ヶ岳が一望できる絶好のポイントです。

釜ッ堀田代にはコバイケイソウの大群落があり、大当たりの年になるとフローラルな香りに包まれます。コバイケイソウは、直接花の香りを嗅いでもさほどいい香りとは感じないものの、群生してる場所に行くと、とってもフローラルでいい香りがします。植物の香り分野では良くある事なんです不思議ですね。

尾瀬沼周辺の散策を楽しんだら、沼山峠へと戻るのが一般的なコースとなります。

 

日帰りできるけれど、ゆっくと堪能してほしい

紹介した「魚沼から楽しむ尾瀬」は、日帰りが出来るルートではありますが、時間的には結構タイトとなります。せっかく遠くから訪れるなら、山小屋へ1泊すると、もっと幻想的な尾瀬を体験できたり、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳登山、尾瀬ヶ原への縦走もできたりするので、ゆっくり楽しむ尾瀬をおすすめしたいです。

御池口からブナ林の裏燧林道を辿り、早朝の上田代(うわたしろ)へ向かうコースも時間が無い方はおすすめです。幻想的な景色が待っています。

なお、魚沼から行く尾瀬ルートの船とバスの交通手段は、事前予約が必要になります。魚沼市観光協会へお問い合わせ下さい。

尾瀬沼湖畔の釜ッ堀田代はコバイケイソウの大群生地(左)。燧裏林道は途中に湿原が点在し、それぞれの湿原で個性的な表情を見せてくれる(右)
日本の山 ガイド 自然観察
教えてくれた人

山田明美

尾瀬認定ガイド新潟支部所属。「魚沼から行く尾瀬」ルートを主に尾瀬ガイド活動をしている。
経験をもとに若手ガイド養成にも尽力、各地ホテルやアパレルなどへのアロマ空間デザイナーとしても兼業し、尾瀬では「香り」についても五感の一部として案内している。

公益財団法人 尾瀬保護財団

群馬県前橋市に事務所を置く公益財団法人。環境保全や調査研究に取り組むとともに、尾瀬ボランティアなどと連携した入山者への啓発、利用者への自然解説など、尾瀬の保護と適正な利用を図るための活動を続けています。

⇒公益財団法人尾瀬保護財団

同じテーマの記事
「この木なんの木?」尾瀬の景観を四季折々に彩る植物たちを、どんな季節にも楽しむには?
湿原のイメージが大きい尾瀬だが、森や樹木の美しさも随一の場所だ。とくに、新潟県側の玄関口である奥只見郷は尾瀬随一の鮮やかな紅葉が楽しめるのをご存じだろうか?
金色に輝く尾瀬を歩こう。色とりどり煌めく秋の尾瀬、さまざまな秋を観察するために――
尾瀬が最も色鮮やかになる時期が秋。厳しい冬を前に、一瞬煌めくこの時期を深く楽しむために、尾瀬の紅葉に関するエトセトラを余すことなく紹介する。
新しい尾瀬に出会う、贅沢な“尾瀬時間”のススメ! 夏の尾瀬は朝と夜が特に素晴らしい
夏の間の尾瀬の楽しみ方には、燧ヶ岳・至仏山への登山もあるが、「ゆっくり過ごす」という選択はいかがだろうか。とくに尾瀬沼の湖畔からの夕刻と朝の時間は見逃せない。
ミズバショウの次はこれ! 初夏の尾瀬、白い“ふわふわ”、ワタスゲに会いに行こう!
尾瀬は、代名詞のミズバショウが終わった頃に、次の絶景が待っています。その主役が「ワタスゲ」。湿原にふわふわと揺れる姿は、他の植物たちと共演しながら、静かになった尾瀬で一段と輝きを見せてくれるのです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!