このエントリーをはてなブックマークに追加

登山靴のプロに聞く! 自分でできる、靴を長持ちさせるお手入れ法

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2018年11月15日

これまで「長く使うための修理のタイミング」、「耐用年数と修理の現場」を登山靴のプロに教えてもらったが、安全な登山を楽しむ道具としての登山靴に、自分でできることは? 最終回は、長く愛用したくなる靴選びのポイントと、セルフメンテナンスについて聞いてみた。

取材/文/構成 辻 歌

 

 

株式会社ICI石井スポーツの本社内にある製靴工場(登山靴技術研究所)


登山靴選びは、とことんフィット感を追求してほしい

ライターT: これまでは登山靴の修理について伺ってきましたが、そもそも買うときに気をつけたほうがいいポイントがあれば教えてください。

中さん: なにはともあれ、自分の足にフィットしたものを! となります。登山靴は、あまり頻繁に買うものではありませんから、わからないことも多いかと思いますが、その点についてはお店のスタッフに相談して、実際に店頭で履いて歩いてみて、フィットするものを選ぶというのが基本中の基本となります。買ってみて、どうしても痛みを感じるようなら、遠慮なく当たり出しの相談をしてみてください。

ライターT: 足に合っていないと、結局履かなくなりますからね。ほかにありますか?

中さん: 素材で言うなら、昔ながらのオールレザーの登山靴は、耐久性がいいです。きちんと手入れしてあげると長持ちするのが天然皮革の良さです。実際、40年くらい大切に履いている靴を直したこともありますよ。

オールレザーの登山靴は、何度も修理を繰り返して長年愛用する人が多い。かなり年季の入った靴の修理を行うこともある

 

使用後は乾かして、お手入れは防水スプレー

ライターT: 登山靴を長く使うためにも、自分でできるお手入れの方法について教えてください。

中さん: レザー靴であれば、クリームやオイルを塗ることが絶対に必要です。ただ、最近のものは、レザーでも化学繊維(以下、化繊)とのミックスが多いでしょ? そうしたタイプの場合は、全体に防水スプレーをかけるくらいでいいと思っています。もちろん、レザーにはオイルを塗った方がいいのですが、オイルを塗ると化繊で機能性を持たせている空気の通り道を防いでしまうので、おすすめはできません。
クラシックなレザー靴ならクリームやオイルを塗る、レザーと化繊のミックス素材のものは保革成分が入った防水スプレー、ナイロンとか合成皮革の場合は普通の防水スプレーをしておくといいです。

「登山靴のプロ」中工場長


ライターT: なるほど、防水スプレーだけならお手入れもラクですね。

中さん: あとは、靴は使った後にしっかり乾かすことが大事です。最近の主流となるライニング(表面処理)はGORE-TEXなどの防水素材で、縫い目にはフルシーム加工を施しているタイプです。基本的に内部には水が入らない構造ですが、防水素材の手前までは水が浸入するわけです。表面が乾いているからといって安心していると、内部にカビが生えてくることがあります。

ライターT: 使用後は、中までしっかり乾かすことですね。

中さん: そう、もちろん中敷きは抜いて乾かしてください。また、本体と中敷きの間に砂が入ってしまい、その中に尖った石のかけらなどがあると防水膜を傷つけることがあります。そうすると防水性が損なわれてしまうので、登山から帰ってきたら必ず中敷きを抜いて、砂を払って、乾かしましょう。ちょっとしたひと手間で“持ち”が違ってきますよ。

ライターT: ほかに気をつけることはありますか?

中さん: 乾かすときは、風通しがある程度いい日陰で干してください。絶対にダメなのは直射日光です。速く乾かすためといっても、日当たりのいい外に置いておく乾かし方はアウトです。真夏の太陽にさらされると、それだけでソールの剥離が起きる可能性もあります。なにせ、今の靴は高温に弱いですからね。

 

工場内は、靴にも人にも快適な湿度に整えられている

 

湿気は大敵! 保管場所のおすすめを伝授

ライターT: 雨の日に登山すれば、靴が泥だれけになっていることがありますよね。こういうときは、どうしたら良いでしょうか?

中さん: 登山靴は丈夫なので、乾いてから専用ブラシで「ブワーッ」と泥を飛ばすだけでもいいですよ。

ライターT: 水で洗うのはダメですか?

中さん: レザーを使っている靴の場合は、おすすめしません。レザーは水を完全に吸ってしまうと、変形が起きてしまいます。水に濡らして絞ったウエス(布)を用意して、そのウエスに靴についた汚れを移すのが、いちばんリスクが少ない方法です。レザー以外の素材でも、水で洗ってしまうと内部には水がたっぷり溜まってしまいます。そこからしっかり乾かすのは大変ですので、水洗いはあまりおすすめしません。

靴を構造を研究するために、切断して確認することもある


ライターT: おすすめの保管方法を教えてください。

中さん: もし許されるなら、リビングに置いておくのがベストです。リビングって、心地良い湿度とか、家で一番快適な環境じゃないですか。とはいえ、リビングに登山靴があるのはちょっと・・・という意見もあると思うので(笑)。
絶えず風が通る場所はよくありませんが、ある程度空気の循環があって、湿気が少ない状態のところであれば大丈夫です。あとはホコリ除けに布切れを1枚かけるなど、それ程度のケアでいいと思います。扉付きの下駄箱の中や、購入時の箱に入たまま積んでおくのは好ましくないですよ。

 

「靴は、命に直結しているもの」という思い

中さんの作業場。確実な修理を行うために、道具の手入れも怠らない


中さん: 面倒な手入れをしないといけない・・・というより、伝えたいのは「靴に興味を持ってほしい」ということ。興味を持っていれば、なんらかの変化に気づくし、ちょっとくらい手入れもするでしょうから。

ライターT: 靴に愛着をもって接してれば、急なトラブルも少なく、登山がもっと安全に楽しめる気がしますね。

中さん: 「靴は、命に直結しているもの」という思いは、工場のスタッフが共通して持っています。だから、安心してお客様に渡せる状態に修理しています。

ライターT: 中さんたちの熱い思いが、ずっと「登山靴技術研究所」では受け継がれているのですね。

中さん: 入社以来40年以上、この道一筋です。靴の技術をどこかで学んだ訳ではなく、ここで全てを学びました。連綿と続くこの工場の思いと技術を、先輩たちに教えてもらって、後輩に引き継いで。だから私は「靴のプロ」ではなく「登山靴のプロ」。自分の靴をいつも大切にしていても、困ったことがあればいつでも「登山靴のプロ」に頼ってくださいね。

中さんが石井スポーツの門を叩くきっかけとなったという、約40年前のカタログの1ページ。ここから靴への興味が始まったという

登山靴 メンテナンス用品
教えてくれた人

中 真人

Mt.石井スポーツの本社内にある製靴工場(登山靴技術研究所)の工場長。学生時代、石井スポーツが発行した山道具カタログに載っていた同工場の記事を見て入社を決意。以来約42年間、登山靴職人として製造と修理を手がける「登山靴のプロ」。

Mt.石井スポーツ 製靴工場

「Mt.石井スポーツ」オリジナルのハンドメイド靴の製作と、登山靴の修理を行う、通称「登山靴技術研究所」。店舗へ出張しての「登山靴相談会」を不定期で開催している。
Mt.石井スポーツ

同じテーマの記事
「防災グッズ」としての登山用品 3 -ウェア・シューズ・避難用品-
災害への備えを考え、「防災グッズ」の視点で登山用品を紹介する連載の3回目。今回は「シューズ・ウェア・避難用品」について。前回に引き続き、さかいやスポーツ 斎藤さんに聞いた。
極寒地で使われている防寒システム「VBL」は冬山での悩みを解決するか
冬季登山で汗の処理は命にかかわる問題、濡れた衣類を着たまま寒さにさらされると体温が奪われ、死につながることも。この問題を解決すべく開発されたのが、防寒システム「VBL」。保温はされるが、逆にデメリットも・・・。今回はそんなVBL製品をご紹介。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 2 -シーン別おすすめレイヤリング-
春から秋は、初心者でも登山にチャレンジしやすいシーズン。登山における服装選び方の基本として第1回目の「レイヤリングの重要性」に続き、挑む山の標高や滞在日数に応じたおすすめのレイヤリングを、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 1 -レイヤリングの重要性-
春は、はじめて登山に挑戦する人でも気軽に登りやすいシーズンだが、それなりのリスクがつきまとう。そこで今回は登山を始めるにあたって知っておきたい服装選びの基本について聞いた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!