このエントリーをはてなブックマークに追加

室生山地最高峰の倶留尊山で晩秋を堪能、枯野にススキの穂が輝く曽爾高原、池ノ平の絶景

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年11月21日

紅葉もすっかり終了し、広葉樹の樹木は落葉して山は寂しげな風景となる晩秋――。緑の草原だった場所は、すっかり枯野となってしまうが、この枯野が広がる風景もまた趣がある。三重県と奈良県の県境にそびえる倶留尊山は、ススキの穂が黄金色に輝き、晩秋の風情が楽しめる。

 

今回紹介するのは、三重県と奈良県の県境に延びる、室生山地の最高峰の倶留尊山。読み方は「くるそやま」で、日本三百名山の1つにも数えられれている山だ。火山活動によってできたという地形は、東側(三重県側)は断崖絶壁、西側(奈良県側)は緩やかな高原が広がるという特異な地形を形成している。

奈良県側の緩やかな斜面は曽爾高原と呼ばれる場所で、室生赤目青山国定公園に指定されている緑の草原が広がる自然豊かな場所として知られている。

美しい緑の草原の時期も良いが、晩秋の枯野が広がる頃も趣がある。そんな晩秋の倶留尊山を、急峻な三重県側から周回するルートのレポートを、週刊ヤマケイから紹介する。

 

ススキの穂が輝く池ノ平から室生山地最高峰を目指す

倶留尊山は室生山地の中心に位置し室生山地の最高峰です。三重県側には池の平、奈良県側には曽爾(そに)高原があり、11月下旬の時期はススキの穂が黄金色に輝き、晩秋の風情が楽しめるところです。この日、2017年11月25日は穏やかな天候に恵まれましたが、昨夜の冷え込みで山道には霜柱が立っていました。

ススキの穂が揺れる池ノ平から見る大洞山(写真=金丸勝実)


この山域は、倶留尊山を経由する曽爾高原からの登山、または池ノ平を組み入れた周回ルートがお勧めです。いずれも歩行距離が約6km、所要時間が約4時間弱のコンパクトな周回が楽しめます。三重県側からは池ノ平、奈良県側は曽爾高原が基点となり、今回は三重県側の池ノ平から周回しました。

 

池の平から亀山峠に登ると、眼下にススキ野原が広がる曽爾高原が一望できます。この時季は野焼きの前で、稜線に沿って幅が5mほどの防火帯が造られていました。野焼きが行われると一面が真っ黒になります。

県境稜線から見下ろす、枯野が広がる様子が独特な曽爾高原(写真=金丸勝実)


ルートは稜線に沿って左手に曽爾高原を見ながら登り、最初のピークが「二本ボソ」になります。展望の良いところで、倶留尊山、池ノ平越しに大洞山、尼ケ岳が見えます。なお、この山域は私有地なので料金徴収所があり、大人は一人500円です。

倶留尊山へは稜線に沿っていったん鞍部まで下り登り返します。稜線の東側は断崖になっているので注意が必要です。山頂に到着すると多くの登山者で賑わっていました。紅葉はすでに終わり、華やぎはありませんが、郷愁を誘う晩秋の風景の楽しめるのが低山歩きのよいところです。

下山は稜線を西浦峠まで進み、東に下って東海自然歩道に合流します。途中に展望のより三ツ岩があるのでぜひとも立ち寄ってほしいところです。

 

教えてくれた人

金丸勝実

1956年三重県鈴鹿市生まれ。教育者、登山家、山岳ライター。90年代から本格的に鈴鹿や台高の山を歩きはじめ、花を中心に撮影活動をするかたわら、ガイドブックや山岳雑誌の執筆を続けている。
ホームページ「歩人倶楽部」やSNSで、山や花に関する情報を提供している。
⇒歩人倶楽部

同じテーマの記事
山開き直後の南アルプス・北岳――、固有種キタダケソウ、大樺沢の雪渓歩きなど魅力がいっぱい
日本第2の高峰である南アルプス・北岳は、例年、6月下旬に入山口の広河原までの道路が開通して登山シーズンが始まる。その瞬間は一段と輝く時期で、固有種のキタダケソウの開花、百花繚乱の高山植物、雪渓歩きと、たくさんの山の魅力が詰まっている。
貴重なヒメサユリ咲く浅草岳へ――、鬼ヶ面山コースの豪快な断崖絶壁を歩く
新潟県と福島県の県境、豪雪地帯で知られる浅草岳は、6月も下旬に差し掛かる頃になって、ようやく登山道の雪が消える。そしてその頃は、この地域周辺だけに咲く準絶滅危惧種のヒメサユリが稜線を彩る。美しいブナの新緑や豪快な断崖絶壁――、美しい風景が堪能できる。
期間限定! 大雪高原温泉沼めぐりから、ヒグマが出没する前だけ通れる三笠新道を使って高根ヶ原・緑岳へ
春の訪れの遅い北海道・大雪山系でも、6月に入れば雪融けが進み、入山できるようになる場所も増えてくる。例年、6月10日頃から入山できるようになる大雪高原温泉からは、大雪高原温泉沼めぐりコースを経て、この時期限定で三笠新道へと進むことができる。
6月の入笠山――、100万本のスズランをはじめ類を見ないほどの花の宝庫に巡り会える場所
梅雨入り前後の時期は、花が咲き誇り、新緑が美しい山が多く目移りしてしまう。そんな中で、南アルプスの北端に位置する入笠山は、ゴンドラで標高1800m近くまで登れる手軽さに加え、他に類を見ないほどの花の宝庫に巡り会える場所だ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!