このエントリーをはてなブックマークに追加

『生き残った人の7つの習慣』への想い――、トップクライマーが実践する企業経営に活きる究極の危機管理術

登る前にも後にも読みたい「山の本」
たしなみ 2019年01月21日

プロクライマーの小西浩文氏は、14座ある「8000メートル峰の無酸素登頂」に挑みつづけ、過去、事故に巻き込まれながら「生還」してきた。どうすれば生き残れたか――。トップクライマーが実践する、企業経営に活きる究極の危機管理術を伝える。

 

登山はよく、ビジネスでのマネジメントに例えられることがある。綿密な準備・計画を行い、パーティの結束を固め、それぞれの役割を担いながら頂上を目指していく――。こうした行動様式は、確かにビジネスシーンに似ている。実際に会社の経営者やリーダーたちは、登山の中でマネジメントを学ぶことは少なくないと思っているはずだ。

世界に14座ある8000m峰のうち6座を無酸素で登頂する記録(人類初)を持ち、3度のガン手術を経験しながらも8000m峰無酸素登頂に挑んできた登山家の小西浩文氏は、近年ビジネスセミナーの世界でも頭角を現わし、大きな反響を呼んでいる。登山の中で数々の危機を乗り越えた実体験を、ビジネスシーンでの「リスク・マネジメント」に重ねて語る言葉に、強力な説得力があるからだ。

さまざまな危機に晒されながらも、文字通り「生き残ってきた」という小西氏は、これまでの危機を、こう振り返る。

「私は、これまで30年以上にわたり、世界の8000メートル峰の無酸素登頂に挑戦し、6座の登頂に成功してきました。私が挑んできたのは、『デス・ゾーン』と呼ばれる世界、まさに生物が生存することさえ許されないような最も過酷な環境条件の場所でした。そのため、今日まで一緒に山に登った仲間たちのうち60名近くが亡くなりました。私自身も、何度も死線をくぐりぬけてきましたが、幸運にも、この世界でケガひとつすることなく、生き残ってまいりました」

そんな経験から、現在はさまざまな講演を通して、社会全体の危機管理の重要性を説いている。各講演・セミナーの内容も含めた、小西氏の危機管理のあり方・考え方を、登山での実体験をもとに培った危険回避に関する経験を述べたのが、弊社から刊行された『生き残った人の7つの習慣』だ。

生き残った人の7つの習慣

高峰登山に長年関わってきた経験と企業経営のマネジメントが融合!
異変の予兆はなかったか――、どうすれば生き残れたか――。
トップクライマーが実践する、企業経営に活きる究極の危機管理術。

 

著者: 小西浩文
発行: 山と溪谷社
価格: 1200円+税


小西氏は本書を執筆した動機について、こう説明している。

「私はこれまでの登山における様々な困難や経験を通して、生き残る人とそうでない人との違いは、一体何なのかという疑問を強く抱くようになりました。実は登山以外にも、私の人生には、様々なことがありました。20代後半から30代前半にかけて3回ガンの手術を受け、阪神淡路大震災では兵庫県宝塚市の実家が全壊し、40歳の時には妻を病気で亡くしました。
このように、人生における困難や苦しみ、悩みは、多かれ少なかれ、誰の人生にも立ちはだかってきます。避けて通れればよいのですが、なかなかそうもいかないのが人生です。私には、どうしても見極めたいふたつの想いがあり、それを究極の目標として登山を続けてきました。
ひとつは、仏教で言う「四苦八苦」。どうしたら、乗り越えられるのか。そしてふたつめは、『運』というものが自分の努力によって変わっていくのか、ということでした。
その答えが、この『生き残った人の7つの習慣』に書かれています」

7つの習慣について、小西氏の点を挙げる。

  • 危機の予兆を察知せよ
  • ゴール直前の「気の緩み」に注意せよ 
  • 「焦り」と「驕り」を支配せよ 
  • 「想定外」に甘えるな 
  • 「平常心」を忘れるな 
  • 「微かな異変」を見逃すな 
  • 「事前の準備」に集中せよ 

本書では、実際に小西氏が体験した9件の事故のケースを検証しながら、そうした事例から得られる教訓、危機管理とは「心のマネジメント」であることに言及する。 「登山でもビジネスでも『危険』を回避した人は必ずこれをやっている」というコピーのとおり、本書は登山者への危機回避に向けての書籍というものに収まらない内容で、ビジネス書やふだんの生活でも活用できる内容となっている。

危機管理 書籍・書評
同じテーマの記事
『生き物としての力を取り戻す50の自然体験』から浮かび上がってきた、自然への興味と輪郭
身近な野あそびから森で生きる50の方法を、33人のスペシャリストが実際に自ら行って説明した書籍『生き物としての力を取り戻す50の自然体験』。その1つひとつを紐解いていくと、ぼんやりとしていた自然への興味・輪郭がくっきりと浮かび上がってくる。
ビギナーやファミリーハイクにも――湘南の低山に遊びに行こう! 「湘南ハイク」のススメ
山に行きが降り積もっている冬から早春の時期は、山から足が遠のきがちだ。しかし、少ししてんを変えてみれば、近場で大自然を満喫できる。その1つが、“湘南”でのハイキングだ。
山で起きる法的トラブルを知る上で必読! 「登山者に必要な法律の知識」
山の楽しみ方が多様化する中で、山の中でもさまざまなトラブルが生じている。人どうしのトラブルの最終的な判断は法律に則って行われるが、みなさんは登山でどれぐらい法律を意識しているだろうか?
クマと遭遇! どう対処する? 新刊『人を襲うクマ』が教えてくれること
登山中に熊に遭遇した経験のある登山者はどれだけいるだろうか? その瞬間、我々は何ができるのだろう。『人を襲うクマ』の著者の羽根田治氏が取材を通して見た被害の実態は、我々の理解をかなり超えた世界だった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!