このエントリーをはてなブックマークに追加

登山中のコンパスの出番とは? 今年こそコンパスを使える登山者になろう!

From ワンダーフォーゲル編集部
基礎知識 2019年01月22日

「最低でも地図とコンパスは持参すべし!」という言葉どおり、登山に地図もコンパスも持っていくけど、山で一度も使ったことがない――、とすっかり宝の持ち腐れな方へ。どんなシチュエーションでコンパスは必要になるのだろうか?

文=編集部/写真=中村英史

 

コンパスは使わない・・・?

槍ヶ岳からの下山後、「今回も使わなかったなあ~」と思いながら、バックパックの雨蓋からコンパスを取り出した。“地図とコンパスは登山者必携のアイテム”と耳が痛くなるほど聞いて、必ず山行には持って行く。・・・にも関わらず、コンパスを使った試しがない。

上高地から分岐に行けば、立派な道標があっちは槍ヶ岳、こっちは涸沢と書いてあるし・・・。コンパスなんて方角わかるだけだし、地図があれば別にいらなくない?

 

正しい方角を知ることがとても重要

登山を始めた人の中には、そう考えている人もいるのではないでしょうか。「コンパスは方角がわかるだけ」、全くその通りなのですが、正確な方角を知ることこそが、読図ではとても重要なことなのです。

登山道がよく整備されていて、分岐ごとにしっかりした道標があるような人気の山では、上記のようにコンパスの出番がないこともあるかもしれません。

しかし、例えば奥多摩などの登山道と作業用林道が多く、時には地図にない道まで現われるような低山では、道迷いのリスクが高くなります。そのような山域では、コンパスを使った読図の重要性は増します。コンパスを使うことで、地図上の道や尾根と現在見えている地形の方角が合っているかを判断することができるからです。

 

コンパスを使う場所

コンパスで正確な方角を知ることで、道迷いを防ぐことができます。例えば、以下のような地点が、地図とコンパスの出番です。自分がどの方角を向いて歩いているのかを意識することも重要です。

1.分岐点

低山には、地図(地形図)には書かれていない道があることも多いものです。また、地図と見えている道の方角が合っているかを確認することで、正しい分岐なのかを判断できます。

 

2.尾根が分かれる地点

下りでいつの間にか違う尾根に入ってしまいやすい注意地点。道がはっきりしていれば問題なく進めるかもしれませんが、間違った踏み跡が、地図上の東の尾根方面についている可能性もあります。いつまでも東に向かって歩いていたら、間違った尾根に入ってしまったということ。それに気がつけるかは、あらかじめ地図で間違いやすいポイントを把握していることも必要です。

 

3.登山道の屈曲点
 
こちらも尾根の分かれる地点と同様に、下りでの要注意地点です。途中で大きく西に曲がり、急斜面を下って行くのが正しい道ですが、気がつかないと尾根通しに歩いてしまいやすい場所です。

 

 

もっと詳しいコンパスと読図の解説は、ワンダーフォーゲル2月号で

発売中のワンダーフォーゲル2月号特集「読図 天気 ロープワーク」では、コンパスのさらに詳しい使い方を含めた読図の知識を紹介しています。

特集では、読図の他にも、登山者に必要な天気とロープワークの知識と技術を、わかりやすくコンパクトにまとめて解説。今年は新しい知識と技術を身につけて、ステップアップしましょう。

 
地図・読図
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

ワンダーフォーゲル4月号の特集は「山登り年間計画」。計画なくして登山なし。四季折々の山の見頃を逃さないための、一年を見通した計画作りが大切。この一年をどう登ろうか。どんな山に出かけようか。2019年の山登りのヒントとなる、テーマ別ガイド特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
NMB48白間美瑠クライマー化計画! 『ワンダーフォーゲル』で新連載スタート
アイドルグループNMB48のメンバー“みるるん”こと白間美瑠さんが、クライマーをめざして挑戦! ワンダーフォーゲル4月号からスタートする連載第1回目の様子をチラッとご紹介します。
空気が澄んでくる季節――。山頂で夜景を楽しむナイトハイキングに行ってみよう
山頂で夜景を楽しむナイトハイキングは、空気が冷えて澄んでくるこれからの季節がおすすめ。ナイトハイキングを楽しむポイントとおすすめの山を紹介する。
ワンダーフォーゲル編集部の「シートゥーサミット参戦記」
「みんな、今年は行くぞ!」という編集長のひと声でシートゥーサミットの妙高・野尻湖大会に参戦! カヤック、自転車、登山で湖から山頂をつなぐ、アウトドアズマンらしい魅力的なイベント。でも私たち、普段は山しか登ってないけど大丈夫?
「一生に一度は見たい」秋の絶景、北アルプス・涸沢に行くなら? おすすめの4プランを紹介
紅葉登山の代名詞的な場所、北アルプス・涸沢。その美しさは、登山愛好者なら一度は訪れるべき場所。そんな紅葉期の涸沢に行くなら、どんなプランで行く? モデルコースを4つ紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年5月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...