このエントリーをはてなブックマークに追加

スカルパ「登山靴」のユーザー人気は「トリオレ プロ」、どこが魅力?

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2019年01月30日

スカルパの「登山靴」でヤマケイオンラインのユーザーに人気の商品は何だろうか。投稿コーナー「みんなの山道具」からユーザーの声をピックアップし、その製品について、さかいやスポーツ 斎藤さんに解説してもらった。

取材/文=吉澤 英晃
監修=さかいやスポーツ 斎藤 勇一 

 

トリオレ プロ GTX|堅牢かつコスパよしのアルパインブーツ

★★★★☆ tomomachado さん
トリオレプロGTX
スカルパ(SCAPRA )
★★★★★ 赤きつ さん
トリオレ
スカルパ(SCAPRA )

 

「スカルパ」はイタリアにある登山靴のトップメーカー。そのなかで「みんなの山道具」で投稿数の多いモデルが、北アルプスや南アルプスなどの岩稜帯で活躍するアルパインブーツである「トリオレ プロ GTX(TRIOLET PRO GTX)」です。

「トリオレ プロ GTXはスカルパの中核をなす代表モデルと言えます。岩場に強いのはもちろんですが、コストパフォーマンスに優れ、足幅が広めなので日本人の足に合いやすい点も特徴です」(さかいやスポーツ斎藤さん)

「みんなの山道具」の投稿数の多さからも、スカルパを代表する登山靴であることが伺えます。価格に注目してみると、多くのアルパインブーツが40,000円以上なのに対して、トリオレ プロ GTXは税込で3,7800円。これは確かにコストパフォーマンスが高いと言えますね。さらに足幅は日本人の足に合いやすとのこと。自分の足に合うかどうかは登山靴を選ぶ上で重要なポイントですよね。

「日本人向けに開発されたオリジナルの足型を使っているため、足幅は広めです。しかしソールの形状はクライミングを意識して内側に湾曲しているので、小指が靴の中で当たって痛みを感じてしまう人もいるかもしれません」(同)

単純に足幅が広めといっても、ソールの形状やアッパーの素材によって履き心地は大きく変わってしまいます。商品説明や見た目だけでは判断が難しいので、やはり登山靴を選ぶ時は試し履きを行うといいでしょう。

登る山がいつも岩稜帯とは限りません。アルパインブーツは一般的なトレッキングを楽しむ人には向いているのでしょうか?

「もちろん岩稜帯向きの登山靴なのですが、例えば荷物の多い縦走登山などにもオススメできます。ソールが硬いので、地面からの突き上げによる疲労や、不安定な路面からくる体のフラつきを軽減してくれます。そのため重装備で長距離をゆっくり歩くのにも適した登山靴でもあるのです」(同)

これならテント泊を考えている人なども検討してみる価値は大いにありますね。ちなみに、このシューズはアイゼンを装着することが可能です。冬山で履いても問題ないのでしょうか?

「基本的には6~10月中旬の無積雪期使用で、場合によっては雪渓などの雪が出てくるシーンを想定しています。しかし、登山に慣れている人は4~5月の残雪期に低山の雪山をこの靴で楽しむ人もいます」(同)

積極的な冬山での使用は避けたほうがよいですが、経験を積めばこの靴が活躍できる時期の範囲を広げることができそうですね。

製品情報

トリオレ プロ GTX

価格
35,000円(税別)
サイズ
#39~#47(24.9cm~29.7cm)
重量
約880g(片足、#42)

トリオレ プロ GTX WMN

価格
35,000円(税別)
サイズ
#36~#42(23.1cm~26.7cm)
重量
約720g(片足、#38)

 

クリスタロ GTX|トレッキングブーツと侮ることなかれ

★★★★★ うぉーキング さん
クリスタロGTX
スカルパ(SCAPRA )
★★★★☆ たぞ さん
クリスタロGTX
スカルパ(SCAPRA )

 

スカルパの中でトリオレ プロ GTXに次いで「みんなの山道具」で投稿数の多いモデルが「クリスタロ GTX(CRISTALLO GTX)」。一見するとトリオレ プロ GTXに似ていますが、この靴はスカルパの登山靴の中でどのようなポジションなのでしょうか?

「アッパーの素材やソールの仕様を変更することで価格を抑えたモデルがクリスタロ GTXです」(さかいやスポーツ斎藤さん)

トリオレ プロ GTXと見比べると、アッパーの素材にナイロンを使用している面積が多いことが分かります。このような細かい変更によって可能になった販売価格は税込でなんと27,000円。これは安い。さらに説明は続きます。

「メーカーではトレッキングブーツと呼んでいますが、ソールの硬さはトリオレ プロ GTXに代表されるアルパインブーツとほぼ一緒です。岩稜帯に向いていますし、荷物が重くなりがちな縦走登山やテント泊山行などにもオススメできます」(同)

高所登山用にアルパインブーツが欲しいけど高価で手が出せないという人は、ぜひ検討したいモデルといえますね。

これだけ性能が似ていると、単純に価格で比較してトリオレ プロ GTXよりもクリスタロ GTXの方が優れているように思えるのですが、他に違いはあるのでしょうか?

「クリスタロ GTXにはアイゼンを装着するコバ(ワンタッチアイゼンやセミワンタッチアイゼンを装着する時に必要な、つま先とカカトに施される溝)がありません。その為、クリスタロ GTXを購入する人には、冬と春から秋の季節で登山靴を履き分けている人が多いです」(同)

残雪期の雪山も想定範囲に含めるとトリオレ プロ GTXが候補に挙がります。しかし、シーズンによって登山靴を使い分けできる人にとっては、非常にコストパフォーマンスがいい登山靴がクリスタロ GTXといえそうです。

 

製品情報

クリスタロ GTX

価格
25,000円(税別)
サイズ
#39~#48(24.9cm~30.3cm)
重量
約800g(片足、#42)

クリスタロ GTX WMN

価格
25,000円(税別)
サイズ
#36~#42(23.1cm~26.7cm)
重量
約650g(片足、#38)

 

モンブランプロ GTX|冬山入門にもおすすめの定番モデル

 

★★★★★ ゆうゆう さん
モンブランプロGTX
スカルパ(SCAPRA )
★★★★★ opiro772 さん
モンブランGTX
スカルパ(SCAPRA )

 

スカルパが展開するウィンターブーツである「モンブランプロ GTX(MONT BLANC PRO GTX)」。このモデルの基になった登山靴が「モンブラン GTX」です。

「モンブラン GTXの足指周りがゆったりしていたのに対して、フィット感と剛性を向上させたのがモンブランプロ GTXになります。さらにゲイターを付けることで保温性も確保できるように進化しました。2019年の冬にフルモデルチェンジを予定しています」(さかいやスポーツ斎藤さん)

ゲイター付きのデザインは一見するとエキスパート向けの登山靴に思えるのですが、どのような人にオススメなのでしょうか?

「ゲイターとタンにはストレッチ性のあるゴアテックス素材が使われているため、足首周りが非常に柔らかいのも特徴の一つです。最近では冬山登山を始めたいという人の中で、ソールの柔らかいトレッキングシューズしか履いたことがないという方が増えています。ソールが硬く足首周りがしっかりした登山靴を履くと、歩き方や歩幅が変わってくるのですが、そのような歩き方に慣れていない人には、足首周りの柔らかいモンブランプロ GTXのような靴が履きやすいと思います」(同)

見た目によらず、冬山入門者にもオススメとのこと。その柔らかさと歩きやすさは、是非一度足を入れて試して頂きたいポイントです。さらに、足を蹴り出す、段差に立ち込む時などに足指が動く人には、フィット感の高い靴を履くことによって、靴の中での足のズレを抑えることができるそうです。

初級者にもオススメできるウィンターブーツということは分かりました。では、対応できる冬山のレベルはどうでしょうか?

「ウィンターブーツと言っても、寒さを防ぐために使われている素材は断熱材だけです。厳冬期の高山を登る場合は、さらにしっかりとした保温性のある登山靴を検討したほうがいいかもしれませんね」(同)

とは言え、厳冬期を除けば2000m級以上の山でも充分活躍可能。大半の冬山は充分楽しむことができそうですね。

製品情報

モンブランプロ GTX

価格
53,000円(税別)
サイズ
#39~#48(24.9cm~30.3cm)
重量
約910g(片足、#42)

モンブランプロ GTX WMN

価格
53,000円(税別)
サイズ
#37~#43(23.7cm~27.3cm)
重量
約780g(片足、#38)

※掲載した情報は、2019年1月現在のものです

同じテーマの記事
キーン(KEEN)の登山靴はタウンユースとして愛用する人も。その魅力とは?
今回はキーン(KEEN)の「靴」をピックアップ。デザインが気に入り、登山で履かなくなってからもタウンユースとして愛用する人多し。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、利用シーンやエピソードを紹介する。
「ファイントラック(finetrack)」のツェルトやテント。「ツエルト2ロング」「カミナドーム」など「みんなの山道具」に投稿された人気アイテムをチェック! 
ブランドごとの名品、名アイテムを、「みんなの山道具」に寄せられたユーザー投稿から探る。今回は「ファイントラック(finetrack)」のツェルトとテントをピックアップ。テントブランドとしては若いファイントラック、果たしてみんなの評価は!?
「プロモンテ(PURO MONTE)」の人気テントは? プロモンテ VLシリーズのユーザー投稿をチェック!
日本の山の事情を配慮し、より軽量に・よりコンパクトな山岳テントを目指してスタートしたのが「プロモンテ(PURO MONTE)」。かつてはダンロップのテントとして登山界を席巻し、人気を博したモデル。 「みんなの山道具」に投稿された「プロモンテ」のテントから分析する。
ダンロップ「テント」、80年代ビンテージものを使っている登山者も…!?
ユーザー投稿の中には30年以上前のテントも・・・? 今回はダンロップ「テント」をピックアップ。ヤマケイオンライン「みんなの山道具」のユーザー投稿から、実際に使われている登山道具を調べた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?