このエントリーをはてなブックマークに追加

進化するデジタルカメラと、その周辺の環境。登山者のデジカメに対する意識はどう変わった?

ヤマケイオンライン みんなの登山白書
その他 2019年02月18日

デジタル機器の進化は、まさに日進月歩。その影響はふだんのライフスタイルにも変化を及ぼしている。登山者にとって需要なアイテムである「デジタルカメラ」もここ数年で大きく変化しているが、登山者のライフスタイルにどんな影響を及ぼしているのだろうか?

 

ほとんどすべての登山者は、登山に行ったら何らか写真を撮っているだろう。その撮影シーンも、年々変化を遂げている。とくにカメラがデジタルに置き換わってから、人々にの写真撮影に対する意識もずいぶん変わってきた。

そんなデジカメ利用事情を、ヤマケイオンラインでは2015年にアンケート調査し、その実際を公開したのがこちらのページだ。

★2015年調査:登山者のデジタルカメラ利用に関するアンケート

それから約3年で、事情はさらに大きく変わってきた。スマートフォンの普及およびカメラ機能の充実、さらには「インスタ映え」に代表されるSNSの利用状況の変化などで、写真撮影を取り巻く環境はずいぶん変化したように思える。

そんな事情を探るべく、ヤマケイオンラインでは2018年11月に再度、「登山者のデジカメ事情」についてアンケート調査。その結果はこちらに公開したが、今回は、5年前とはどんな変化が起きているのか、確認してみたい。

 

「スマホカメラで十分」は本当? 

スマートフォン(以下、スマホ)のカメラ機能の進化により、カメラ専用機と遜色ない画質で撮れるようになったのは多くの人が知るところだ。そのため、カメラメーカーはシェアをスマートフォンに奪われ、苦戦しているというニュースも聞かれる。

そんな中で、登山者はどう考えて、実際にどうなっているのか確認すると――。

2015年の調査ではスマートフォンがメインは約10%程度だったが・・・

2018年の調査では24%と上昇! コンデジユーザーは大きく後退している


上表のとおり、昨今の報道の通りスマホは大きくシェア伸ばし、一方コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)はその座を大きく奪われている結果となった。

一方、一眼レフやミラーレス一眼は上昇傾向。写真のクオリティにこだわるユーザーとの棲み分けがはっきりしてきている様子だ。

また、スマホのカメラの不満点も、少しずつ変化している。以下の通り、画質や色彩に対する不満は減少傾向で、ズーム・望遠機能に対する不満のほうが大きくなっている。

2015年の調査では、画質に不満のあるユーザーが多かったが・・・

色彩や画質よりも、ズーム・望遠機能に不満を持つ人が上回っている。


また、デジカメに求める機能についても、若干変わってきている。2015年は防水・防塵・耐衝撃などの堅牢性が重視されていたが、現在は「コンパクト性」を重視する傾向へと変化。またバッテリー問題についても、予備バッテリーの普及からだろうか、かつてより重視されなくなってきている様子が伺える。

2015年は、防止防塵などの堅牢性に重点が置かれているが・・・

2018年はコンパクト性が重視傾向。堅牢性は3位に下がり、バッテリーへの不満も減っている

 

クラウド利用は増えた? 動画の時代は本当に来ている?

次に、撮影した写真データの保管方法について目を向けてみよう。3年前も今も、PCにデータを保管しておくユーザーが、最も多いのは変わらない。しかし、全体としては減少気味。それに変わって増えているのは「SDカードに入れっぱなし」というユーザーだ。

近年はSDカードの大容量化と同時に、価格の低下が進んでいる。現在は1T(テラ:1024GB)のものも出ているうえに、64GBの大容量でも、安いものはAmazonで調べると1000~2000円の間で購入できる。こうした事情も大きいと考えられる。

また、クラウドサービスも上昇傾向にはあるが、この3年で一般的になったといえるほどではない様子だ。

PCに保管・バックアップするユーザーが大半を締めていた2015年当時

2018年もPC保管は多いが、SDカードに入れっぱなしユーザが多い


またインターネットに動画サービスが増え、SNSなどに簡単に動画をアップロード可能になり、通信速度も飛躍的に伸びたこともあり、「動画の時代」と言われている。だが実際に、登山で動画を撮影しているユーザーが大幅に増えた様子はないようで、どちらかというと減少している様子だ。

全体としては動画利用は減少傾向にあるが――、果たして今後の動向は?


もちろんこれは登山者の意見に限定したものだが、動画が増えている様子は見られなかった。

 

こうした過去との比較も含めて、2018年11月に行った、「登山者のデジタルカメラ利用に関するアンケート調査」を、ぜひ確認してほしい。

 

調査 デジタル機器
同じテーマの記事
山で何を、どのように飲んでますか? 日帰り登山の飲料に関するアンケート調査
長い時間の運動となる登山では、水分補給は欠かせない。また、休憩中や山頂などで飲むお茶などは、気分を爽快にしてくれる。そんな山での飲料事情について、アンケート調査を行った。
今年も開催、ブランドイメージ&購買動向調査。2017年の調査結果ダイジェストから見えてくるもの
ヤマケイオンライン夏の定例の大規模調査、「ブランドイメージ&登山用具購買動向調査」の季節がやってきた。早速アンケートに回答いただく前に、2017年度の調査結果と、2018年度の狙いについて説明する。
警察・自衛隊へりによる救助との整合性は? 登山者のモラルの問題? 埼玉県の防災ヘリ一部有料化に関するアンケートVol.3
「埼玉県防災航空隊の緊急運航業務に関する条例」の趣旨について、ヤマケイオンライン内で実施したアンケート調査。最終回の今回は、有料化に関する率直な意見をいくつかピックアップして紹介。
全国的・網羅的な救助ヘリ有料化には賛成が多数。 埼玉県の防災ヘリ一部有料化に関するアンケートVol.2
2018年1月より施行されている「埼玉県防災航空隊の緊急運航業務に関する条例」の趣旨についてアンケート調査を実施。今回は本条例が全国に推進されるべきかどうかなどについての結果を公表する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?