このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカを代表するロングトレイル!ジョン・ミューア・トレイル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(14)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2019年03月19日

旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第14回目は、アメリカを代表するロングトレイルのジョンミューアトレイル(JMT)。シエラネバダ山脈の美しい景観とともに、アメリカのトレッキング文化が味わえる自由と自律のトレイル。全長210.6マイル(337km)の行程のうち約3分の1を歩いた様子をお伝えする。

 

ジョンミューアの理念を体現するアメリカの国立公園システム

2016年9月4日(世界一周145日目)

ヨーロッパ各地のトレイルを歩き周った僕らは、大西洋を渡りアメリカ・カリフォルニアへやってきた。ヨセミテ国立公園などがあるシエラネバダ山脈には数多くの美しいトレイルがあり、その中でも人気が高いのがジョンミューアトレイル(JMT)だ。北はヨセミテバレーから南はアメリカ本土最高峰のマウントホイットニーまで続く全行程210.6マイル(337km)。今回僕らはその内の約3分の1を7日間かけて歩いた。訪れたのは9月。登山口に吹く風は冷たく秋の気配が漂う。

僕らはマンモスレイクのホースシューレイク登山口からスタート


「自然保護の父」と呼ばれ、ヨセミテ国立公園等の制定を通じて、現在のアメリカの国立公園システムの基礎を作り上げたジョンミューア。彼の功績に因んで名付けられたこのトレイルは、自然保護の観点から様々なルールが定められている。トレッキングにあたってはパーミット(許可証)制が取られており、各登山口の1日あたりの入山者数が決められている。パーミットを受け取る際にはレンジャーから細かいルールの説明を受け、ハイカーは内容を理解し承諾した旨のサインをしなければスタート出来ない。しかしルールにきちんと従えば、あとは自由に自然を楽しむことができる。自由と自律のトレイルだ。

しばらく歩くとコバルトブルーに輝くマクレオドレイクへ、この景色を見て一気に気分が盛り上がった

少しずつ再生が始まっていた焼け焦げた森

 

山を歩くだけではないトレッキングの新たな魅力

2016年9月6日(世界一周147日目)

JMTのトレッキングは毎日が充実した贅沢な時間だった。特に次々に現れる湖の美しさは素晴らしい。深緑の針葉樹林とグレーの岩山、雲ひとつない青い空、そして太陽の光を受けてキラキラと眩しく光る湖面! JMTを象徴する景色だ。山を越え谷を越え、景色を楽しむ。そして暗くなる前にキャンプ適地を見つけ、その日の寝床を確保する。トレイルに売店やキャンプサイトがあるのはごく一部。必要な荷物を背負って歩き、夜は野営するスタイルだ。日々歩きたいだけ歩き、気に入った場所でキャンプを張る。そんなトレッキングを何日間も続けることができる。キャンプは、一部のエリアを除いて、ルールを守ればどこに張っても良い。

湖を眺められる丘の上にテントを張ったら夕食の準備だ。湖から水を汲み、焚き火用に枯れ枝や松ぼっくりを集める。そういうひとつひとつが何だか楽しい。水も火も全て自然の中から入手するプロセスに、自分もこの自然の中の一部なんだということを改めて気付かされる。山を歩くだけではないトレッキングの新たな魅力だ。日が暮れると急激に冷え込んでくる。焚き火にあたりながら、ゆっくりと夕食を済ませ、食後は一杯のコーヒー。頭上にはこの旅一番の満天の星が広がっていた。

浄水フィルターを使って、湖水から飲料水を作る

焚き火が楽しめるのもJMTの魅力の一つ

 

大自然と向き合える贅沢な毎日

2016年9月7日(世界一周148日目)

JMTは朝も気持ちいい。夜明けと同時にテントから這い出し、日の出を眺める。風がなく全てが静まりかえり、湖面は鏡のようで、徐々に白くなっていく空と太陽で赤く染まり始めるバナーピークを写し込んでいた。静寂から何かが生まれてくるようなものすごいエネルギー。今日も楽しいトレッキングになりそうだ。

静かな夜明けを迎えるサウザンドアイランドレイク

バナーピークが目の前に迫る、圧倒的な迫力

9月は秋の気配たっぷり、草紅葉が綺麗だった


僕らのJMTは歩き始めるまでが大変だった。枠の少ないパーミットを何とか取得し、ルールを理解し、必要な装備を準備する。予定していた登山口までのバスが無く、100km先まで人生初のヒッチハイクをしたり、アメリカの連休に重なってしまったトレッキング前日はキャンプサイトの空きがなく泊まる場所を探して街をさまよったり。この旅で一二を争うバタバタぶりだった。それでも、一歩トレイルに入れば、やっぱり来てよかった! と心から思える素晴らしさがあった。ハイカー達は自由に歩ける喜びを感じながら、ルールを守ることに誇りを持ち、トレイルには足跡しか残さない。ヨーロッパとはまた違うアメリカのトレイル文化を味わえたトレッキングだった。

大きな峠を越えて今日のキャンプ地を探して歩く

どれだけ歩いても飽きない景色

 

アメリカを代表する人気のロングトレイル

日本でもロングトレイルという言葉をたくさん耳にするようになり、JMTは日本人ハイカーもたくさん歩くようになっています。そのため、歩くために必要な情報は多くなってきてはいますが、日本とは異なるトレイル文化・ルールを理解し、必要な手続きを事前に済ませ、限られた期間で海外まで行ってトレッキングしてくることは、やはりハードルが高いことだと思います。パーミット取得の手続き一つとっても、歩き始める場所によって取得先・手続きが異なったり、トレイルヘッドが数多く存在してそれがJMTを歩くためのトレイルヘッドとして有効なのかを確認したりと、僕らもかなり手こずりました。

それでも人気が高まる一方なのは、やはりこのトレイルが持っている魅力が多くの人を惹きつけて止まないからでしょう。憧れのJMTとして、ルートを検討し、ルールを理解し、必要な装備を直前まで悩み続ける、そのプロセス自体もアメリカのロングトレイルを歩く楽しみのひとつなのだと思います。

大変だけど、その分素晴らしい経験ができるJMT。3、4日のセクションハイクであってもその魅力は十分に味わえるので、多くの人におすすめしたいトレイルです。

ジョンミューアトレイルでのトレッキングに関する準備やアクセス、ルート、気候や装備については、トレイルトラベラーズのブログにもまとめていますので、よろしければご覧ください。

ハーフドームまで来ればゴールのヨセミテはもうすぐだ
教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
アフリカの大自然トレイルを歩く:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(15)
「世界のトレイルを巡る旅」第15回目はアフリカのトレイルを紹介。赤土の大地と緑のオアシスのモロッコ・トドラ渓谷、草原で覆われた南アフリカ・ジャイアンツカップトレイル、天空に浮かぶ王国レソト・サニパスを歩いた様子をお伝えする。
まるで太古の地球のような場所! アイスランド・ロイガヴェーグル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(13)
アイスランド南西部にあるトレッキングコース、ロイガヴェーグル。火山灰や溶岩でできた灰色の大地からは蒸気が噴き出し、黄緑色の苔が生える。火山と氷河が織りなす約55kmの行程を4日間かけて歩いた様子をお伝えする。
世界で最も美しい場所!ノルウェー・ロフォーテン諸島:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(12)
第12回目は、ノルウェー北部にあるロフォーテン諸島。フィヨルド地形の穏やかな海に鋭く切り立った山々が浮かぶ、世界で最も美しい場所のひとつとも言われる場所。息を飲む絶景トレッキングの様子をお伝えする。
北欧の大自然を満喫できるロングトレイル! スウェーデン・クングスレーデン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(11)
第11回目は、北欧を代表するロングトレイル、スウェーデンのクングスレーデン。日本語では王様の散歩道と訳されるが、北極圏に位置するこのトレイルは真夏でも気温が低く、天候も崩れやすいため、しっかりとした準備・装備が求められるトレイルの王様だ。アビスコからニッカルオクタまでの約110kmを歩いた様子をお伝えする。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!