このエントリーをはてなブックマークに追加

山のトイレ事情。「青空トイレ」のときに、気に留めておきたい3つのこと

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2019年05月30日
インドメタシン配合 さんより質問!

質問:お腹が弱く、登山中によく便意をもよおします。トイレが有るときはいいのですが、ない場合は「野に放つ」こともあります。紙は持って帰りますが、モノはどうなのでしょうか? マナー的には持ち帰りなのでしょうが、野生動物も野に放っているのだから、良いのではないかと思うのですが。

 

できるだけトイレで用を足すのが、やはりベストなのですが、そうもいかない場合もありますよね。利用者が比較的多くメジャーな山では、登山口などにトイレが完備されている場合が多いので、出発時に必ず行っておく習慣はつけたいものです。

「持ち帰り」の是非については、この場では触れませんが、青空トイレの場合に気を付けたいことがあります。まず第一に‟その場所が安全であること”です。「霧の中でトイレに行ったまま方角が判らなくなってしまった」、「急峻な斜面で滑落してしまった」などのトラブルは意外に多いのです。

また、沢などの河川に大腸菌などを流さない工夫も大切です。沢が近い場所は避ける習慣をつけましょう。

そして、できるだけ自然環境を壊さないように配慮してください。土・地面に直接置かれた場合、大気と土の力で短時間のうちに分解します。かつてはプラスチックの超小型のスコップを携帯して、地面に穴を掘り埋める方もいましたが、青空トイレの人がそれぞれに山に穴を開けるのは、どうでしょうか? もちろんペーパーは水溶性のものでも密封できる袋などに入れて持ち帰るべきです。

「野生動物も野に放っているのだから、人間も良いのではないか」については、鹿の糞が大量に積もるようにある場合がありますが、鹿など野生動物の糞も大腸菌などは持っていて、環境への影響は、無いわけではないようです。また補足ですが、キツネ、テンなどは特に糞の中に細菌などがいる場合があり、むやみに触れたりしないことが大切だそうです。

避けがたく青空トイレの場合、安全であること、さらに、河川は避け、できるだけ自然環境を壊さないように十分に配慮してください。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
長期テント泊登山では、何を食料として持っていく? サプリで補いたい栄養素は?
夏休みに1週間程のテント泊縦走を計画している方に、長期行動に必要な栄養素を摂取するのに好都合な食糧、またはサプリなどを知りたいと相談をいただいた。今回は山岳ガイドの山田さんに自身の経験や考え方をまじえて、アドバイスをもらう。
雷注意報が出たら山に行かないほうが良い? 登山中の恐ろしい雷雨。落雷被害に遭わない行動とは
耳を裂くような大音量の雷鳴、激しい降雨、時には雹が混じり周囲の様相も一変。山で雷、雷雨とであう恐ろしさは、凄まじいものがある。では、山で落雷事故に遭わないためにはどうしたらよいのか。今回は山岳ガイドの山田さんに提唱をいただく。
ショルダーベルトが当たる鎖骨が痛い! 鎖骨にひびかない背負い方、パッキング方法を考える
テント登山派で、重い荷物を持って歩いている‟セットアッパー”さん。痩せ型体形のせいか、とにかくショルダーベルトが当たる鎖骨が痛いそう。今回は、昔、同じ悩みのあった山岳ガイドの山田さんがその悩みに回答する。
花粉症だけど春の山へ行きたい。東京近郊で花粉の少ない山ってあるの?
風の冷たさが和らぎ、外へ出かけたい気持ちの高まる春。その一方で花粉の飛散が始まり、山へ行きたいけど花粉症が辛くて・・・という方も多いだろう。そんな悩みを持つ登山者のひとり‟くしゃみ大魔王”さんの質問に山岳ガイドの山田さんが回答!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。