このエントリーをはてなブックマークに追加

今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条

From 山と溪谷編集部
たしなみ 2019年07月08日

高山では雪解けが進み、各地で高山植物が見ごろになってきた。一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう

花見平から望む槍ヶ岳とハクサンイチゲの群落。(編集部=写真)

 

高山の花畑のシーズンはあっという間。だからこそ、ベストな時期に楽しみたいもの。厳しい環境に適応した高山植物の気高く、可憐な姿を楽しむためのポイントを紹介する。

 

準備編

1.いつ、どこに、どんな花が咲くのか探してみよう

花畑を楽しむためには、いつ・どこに・どんな花が見られるのか調べることはとても大切だ。有名な大群落の情報は、必ずガイドブックに記載されているので、まずはどんな花を見たいかを目星をつけたい。

ある程度絞れたら、図鑑やネットなどで花期(花が見ごろの時期)をチェックして登山計画を立ててみよう。

高山植物の開花は、雪解けの状況によって毎年変わるので、期日が近づいたら、山小屋やビジターセンター、地元観光協会の雪解け状況や開花情報を参考にするのが失敗しないコツ。

花の観察をじっくり楽しむために、登山計画はいつもより余裕をもたせることを忘れないように!

  

左/山と溪谷3月号別冊付録 右/新ヤマケイポケットガイド「山の花」

 

2.普段の装備にプラスして、観察に役立つアイテムを持っていこう

まずは図鑑。図鑑には、高山植物の同定(種名を見極めること)に役立つ花や葉の特徴や、生息する環境、見分け方のポイントが載っている。ポケット図鑑やタブレット端末の電子図鑑は重さが気にならないのがいい。情報量を見比べながら自分にあった図鑑を持っていこう。

次はルーペ。植物の細かい部分をよく見るためには必須のアイテム。葉に毛があったり、おしべやめしべがおもしろい形をしていたり――、これまで気が付かなかった高山植物の特徴を発見できるかも。

最後に、カメラとメモ帳。これらは植物の記録にとても役立つ。もちろん筆記用具も忘れずに。使い方のコツはこのあとの記録編で紹介する。

 

観察編

1.まずは観察して、花の種類を調べてみよう

準備ができたらいよいよ山へ。花を見つけたけど、種名がわからない!そんなときは図鑑を開いて、特徴を観察しよう。

花の色や花びらの数、葉っぱの特徴から、索引などを使って絞り込んでいこう。それでも似た花は同定が難しい場合も。そんな時は、カメラやメモ帳に特徴を書いて、下山後に調べるのがよい。花だけでなく、花を見つけた場所やその環境をカメラで撮っておくのがコツ。

北岳の稜線は花の観察や写真撮影に最適(編集部=写真)

 

2.花が咲いている環境を見てみよう

花がわかったところで、視線を上げて、周りを見渡してみよう。どんなところに咲いているだろうか。草原? それとも砂礫地?

高山といっても環境はさまざま。花が咲いている周辺を観察すると、その植物が好む環境や生態が見えてくる。どうしてこんなに鮮やかな色をしているのか、どうして群生(一つにまとまっていること)しているのか、ぜひ想像を膨らませてみてほしい。

斜面に群生するシシウド(編集部=写真)
 

砂礫地に群生するイワギキョウ(編集部=写真)

 

記録編

1.カメラとメモを活用しよう

花の観察を楽しんだら、カメラやメモを使って観察記録を作ってみよう。記録することで、植物の理解がグッと深まる。

植物名と観察した場所、周りの環境の様子は必ずメモ。もし同定できなければ、花の色や形などの特徴をしっかり書こう。スケッチするのもアリだ。

カメラはメモでは書ききれない情報を残すことができる。コツはさまざまな角度から複数の撮影をすること。植物全体の写真はもちろん、手元にある持ち物をスケール代わりに使って、植物の大きさがわかる写真が撮れるとさらにいい。

写真を記録する際は、葉や茎もわかるように撮影するのがコツ。左のシナノキンバイはいい例。右のチングルマは葉があるとより判別しやすい。(編集部=写真)

 

2.ビジターセンターなどに立ち寄ってみよう

下山後に、同定できなかった植物や、より詳しい情報を知りたかったらビジターセンターに寄ってみよう。その山域で見られる生き物や植物など、自然に関する情報が展示されている。専門のスタッフが常駐していることも多いので、思い切って声をかけてみるのがよい。図鑑などでは得られない高山植物のあっと驚く知識も教えてくれるかも。

 

以上、高山植物を楽しむためのポイントを紹介した。「きれいな花だな」で終わらず、ちょっと足を止めてぜひじっくり観察を。ただし、くれぐれも高山植物は大切に!勝手に高山植物を採集したり、踏んだりしないよう気を付けよう。


今回紹介したのは、発売中の『山と溪谷7月号』第二特集「写真家が薦める、この夏歩きたい高山の花畑」の一部。本誌では、日本全国から選りすぐりの10を超える花畑コースガイドを取り上げているので、ぜひ参考にして高山植物ウォッチングを楽しんでみてほしい。

 

教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年8月号の特集は「南アルプス」。何度歩いても飽きない、ベテラン好みの南アルプスへ。大山脈の魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷8月号はこちら

同じテーマの記事
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年7月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?