このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブルウォールで1kgを大きく下回るテント。ニーモの「ホーネットストーム1P」を、梅雨真っ只中の八ヶ岳のテント場で試す!

高橋庄太郎の山MONO語り
道具・装備 2019年07月31日

 

今月のPICK UP ニーモ/ホーネットストーム1P

価格:41,000円(税別)/フットプリント別売り
サイズ:79~108cm✕221cm✕98cm
重量:760g(最小重量)

メーカーサイトへ >>

 

軽量テントの潮流「ダブルウォール+自立式/1kg未満」を実現

梅雨明けを迎え、本格的に夏山シーズンが始まった。テント泊山行も楽しみやすい季節で、新しいテントを探している方も多いのではないだろうか?

この連載の前回で、僕は八ヶ岳の天狗岳に登り、オスプレーのバックパックを紹介した。今回はその続きにあたる。前回、僕はオーレン小屋にテントを張ってから天狗岳に登ったが、じつはその「張っておいたテント」というのが、今回ここで取り上げるニーモ「ホーネットストーム1P」なのであった。

このホーネットストーム1Pは、インナーテント(テント本体)の上にフライシートをかける「ダブルウォール」タイプで、ポール組み合わせるだけで立体化する「自立式」のテントだ。ペグなどを抜いた最小重量は760g。近年、1kgを切る「ダブルウォール&自立式」テントが続々登場しているが、そのなかでもこれは相当な軽さといってよい。ちなみに、同ブランドには「ダブルウォール&自立式」テントのベストセラーである「タニ」というモデルもあるが、その一人用のタニ1Pは最小重量1,060gだ。その差300gを削減するために、ホーネットストーム1Pにはさまざまな工夫が凝らされている。

では、それぞれのパーツを見ていこう。

こちらはインナーテント(左)とフライシート(右)。インナーの生地は極薄の10デニールで、フロアのみ少し強度を上げるために15デニールと少し厚みが増している。また、出入り口にはメッシュパネルも併用されている。

フライシートの生地も10デニールだが、防水加工がプラスされているのがインナーテントと異なる点だ。

次にポールである。色が黒と黄色に分かれているが、ハブでひとつに連結されており、すべてつなぐとY字型になる。このポールにフックでインナーテントを吊り下げるとテントが自立するわけだ。

先ほど、僕はこのテントを「自立式」と書いたが、実際にはY字型のポールだけでは完全に自立させるのは難しい。ペグを打たねばしっかりとした強度が出せない「半自立式」といったほうが正しいだろう。

ここで注目したいのは、黒いポールだ。あらかじめ曲線を描いた形状で、一般的な真っすぐなポール以上に内部空間を広げる役目を果たす効果を持っている。

付属のペグは6本。テントのフロアの4隅と前室、テントの裏部を固定できるだけの最低限の本数だ。

今回のテスト時はほぼ無風だったために、この本数でも支障なく使えたが、強風時はやはりガイライン(張り綱)やサイドも固定できるだけの本数がなければ安全ではない。だから、買い足すか、他のテントに付属しているものを併せて使うことをお勧めしたいが、はじめから必要本数を入れておいてくれればいいのに、と思わざるを得ない。この点は、少々不親切だ。

それぞれのパーツにはスタッフバッグがついていて、収納時はこのような状態になる。

テスト用のサンプルのために、この写真では左のペグの袋が黒いものになっているが、実際には後日追加で撮影したひとつ前の写真と同じグレーの袋である。

面白いのは、インナーテントとフライシートを入れるスタッフバッグだ。生地を伸ばすと、ほぼ2倍の大きいサイズになるのである。

この大きさならばポールごと入れることもでき、雨天時などに急いでテントを撤収するときにも適当にたたむだけで収納できる。こういう工夫はうれしい。

最後に、別売りのフットプリント(グラウンドシート)も紹介しておきたい。地面に触れて傷みやすいインナーテントのフロアを守るためのものだ。

ホーネットストームのフロアの15デニールの生地はけっして強靭なものとは言えない。穴を空けたくなければ、このフットプリントを下に敷いて使うか、なんらかの他のシートを併用すべきだろう。だが、このフットプリントの重量は150gもあり、かなり重量がプラスされるのは否めない。個人的にはフロアの生地をもともと少し厚めにしておくほうが、フットプリントを加えるよりも結局は軽量になり、設営時の手間も省けると思うのだが……。

 

テントを立てた状態で、内部空間と居住性を確認

さて、これらのパーツを組み合わせると、以下の3点の写真のような姿になる。じつはテスト時は梅雨の悪天候が想定されたため、これらのカットは事前に晴れていたキャンプ場で撮影しておいたものである。オーレン小屋のテント場に泊まったときのものとは異なることをご了承いただきたい。

はじめに、フライシートの出入り口を閉めた姿だ。

詳しいことは後述するが、フライシートの裾(とくに写真の左サイド)が少々短いのが特徴である。

次に、フライシートとインナーテントの出入り口を開けた姿。

ホーネットストームのインナーテントの出入り口はメッシュパネルと布地の二重構造で、ここではメッシュパネルごと巻き上げた状態にしている。

最後に、フライシートを外した姿。ポールとインナーテントの連結の仕方がよくわかる。白い部分が10デニールの生地で、グレーの部分は防水処理をした15デニールの生地だ。

このインナーテントの特徴は、グレーの防水生地がかなり上まで使われていることである。つまり、雨が降っても下から水が浸入しにくいのだ。だからこそ、フライシートの裾が短めにデザインされていても雨に強いということになる。このことはフライシートの生地の面積を削減することにつながり、テント全体の重量を軽くできる。また、フライシートとインナーテントの境目が地面よりもかなり高くなるため、風を取り込みやすく、通気性も大幅に向上しているのだ。

先ほどの写真では開けていたインナーテントの出入り口のパネルを閉めると、以下のような状態になる。

これで風が入りにくくなり、秋や春も寒気を遮って、快適に眠れる。

インナーテントのフロアは完全な長方形ではなく、テントの短辺の一方が広く(108cm)、もう一方が少し狭い(79cm)台形だ。狭いほうは防水性のグレーの生地が低く、広いほうは高い。フライシートで外側を覆ったとき、このグレーの部分の大半は露出するというのが、ホーネットストームのデザインなのである。

上左の写真にはひとつ注目してほしい点がある。それは2本のコードで引っ張られている隅の部分だ。この部分には「コーナーストラット」という棒状のパーツが組み合わされており、テント内の地面に近い壁の部分を垂直気味に起こすことに貢献している。これによって内部に置いた寝袋がテントの壁に触れにくくなり、たとえ結露していても浸水が少なくなるというメリットを生み出している。

ところで、ホーネットストームのポールには、プロペラのような不思議な形をしたパーツが付属している。これは特許出願中という「フライバーボリューマイジングクリップ」なるもので、インナーテントの天井部に位置し、インナーテントの頭上の空間を広げる役割を果たすという。

上右の写真のようにフライシートをかけると、フライシートも押し上げられることがわかる。

次の写真は、フライバーボリューマイジングクリップの部分をフライシートの下から眺めたもの(下左)と、インナーテント内から眺めたもの(下右)だ。

これにより、天井部分が「線」ではなく「面」で持ち上げられるようになり、頭部付近のスペースに余裕が生まれるというわけだ。ただ、実際に内部に入ってみると、驚くほど広くなるというほどの印象はなく、ほどほどの効果しか感じない。パーツの大きさのわりには頭上がいくらか広くなる程度なのである。収納時に邪魔になるのも否めず、人によっては、このパーツの分だけさらに軽量になり、コンパクトに収納できるほうが現実的だと考えるかもしれない。

他のディテールも見ておこう。フライシートとインナーテントの連結(下左)は、同社の他のテントと同様にフック状のパーツで行なう。はめるだけなので、簡単だ。

フライシートの出入り口は面ファスナーで固定でき、風が吹いているときでも浸水しにくい(上右)。また、フライシートの生地のグレーの部分は補強されている。とくに末端は地面に触れて傷みやすい部分でもあり、この配慮はありがたい。

オーレン小屋のテント場には木のデッキも備えられ、他の多くの登山者は平らで水も溜まらないデッキの上にテントを張っていた。

しかし僕はテント本来の性能を試すべく、もちろん地面の上にテントを設営した。その様子が、上のカットである。

この後、この連載の前回でお伝えしたように僕はオーレン小屋のテント場を出発。硫黄岳に登った僕は、そこから北上。根石岳へ向かった。

硫黄岳から鞍部へ下っていくとヒュッテ夏沢が眼下に見えてくる。梅雨の時期とはいえ、硫黄岳には多くの登山者が訪れていたが、大半は山頂往復だけのようで、僕のように短いながらも稜線を歩く人は少ないようだった。

根石岳に着くころ、一時的に天気が回復し、青空もお目見えしてくれた。だが、それも束の間で、少しすると元のように重い雲が頭上を覆ってしまった。

これから雨が降るかもしれない。僕は山頂で写真を撮ると、早めにテントへ帰ることにした……。

 

雨が降り出したテント場で、雨への対応力をチェックする

テントを張りっぱなしで出かけると、留守中になにかトラブルがなかったかと、なんだか不安になるものだ。しかし、オーレン小屋のテント場のホーネットストームは無事であり、僕はここからさらにチェックを重ねていった。

上の写真は、テントの出入り口を開いている僕の姿である。このように出入り口のパネルを「巻いて留める」のは、多くのテントに共通するやり方だ。

だが、ホーネットストームならば、下の写真のようなこともできなくもない。ちょうどよいところにポケットがつけられており、巻いて留めなくてもパネルの生地をラフに突っ込んで仮固定できるのである。

このポケットの位置は、このように使うために計算してここに取り付けたものなのか、それともただの偶然なのか? 近年は出入り口のパネルを仮止めできる工夫をプラスしたテントも登場しているので、おそらく計算済みのことなのだろう。いずれにせよ、便利である。

すでにホーネットストームがもつ“内部スペースを広げる工夫”として、「曲線を描く黒いポール」「フライバーボリューマイジングクリップ」「コーナーストラット」と3つも紹介してきた。だが、じつはまだ別の工夫も残っているのだ。

それはフライシートとインナーテントをコードとフックで連結し、フライシートにテンションをかけることによって、インナーテントを強制的に外側へ引っ張るという仕組みである。メーカーでは「ボリューマイジングガイアウト」という名称にしているパーツで、設営時と撤収時は作業にひと手間かかる面もあるが、シンプルでいて効果的な工夫だ。

これまではテントの外部が中心だったが、ここからは内部スペースにも目を向けよう。先に述べたように、ホーネットストーム1Pの短辺の幅は、広いほうが108cm、狭いほうが79cm。こういう形状のとき、一般的には広いほうを頭にして、狭いほうを足先にして使うはずだ。そこで、今回もそのような形でテント内に荷物を配置して使ってみた。

一人用としては十分すぎるほどのサイズ感である。テントの長辺は221cmもあり、理想的な場所に体を横たえれば、頭も足先もテントの壁に触れずに済み、結露で寝袋を濡らす恐れが減少する。天井の高さは98cmで、中央に座れば、大半の人は頭がつかないだろう。

夕方が近づくと、とうとう雨が降ってきた。思いのほか空は明るいが、地面が雨水に濡れて、次第に色濃くなっていく。

近くに張っていた他のテントもフライシートを閉め、本格的な雨に供えようとしていた。

それはまさに夏の夕立といった感じだった。それなりの降雨量があり、テントのテストには好都合である。雨が止んだのはかなり遅い時間だったが、まだ撮影できるだけの光が残っていることもあり、僕はテントの外でもう一度チェックを行なった。

テントの外側に雨水がたまっているのが、下左の写真を見るとわかるだろう。下中の写真のように地面にぶつかった雨水は土の粒子ごとテントに跳ね返って付着していた。その濡れがグレーの防水生地の部分だけで済んでいればよかったが、実際には防水性がない白い生地の部分まで、かなり濡れてしまっていた。今回の雨は短時間だったので、内部への浸水はなかったが、強い降雨が長時間になると、内部がだんだん湿ってきそうで心配だ。ホーネットストームはインナーテントのフロアの防水生地部分を高くとり、その代わりにフライシートの裾を短くして、軽量化と通気性を向上させたテントだが、強雨には少々弱い気もする。もっとも、この問題は他のテントにもよく見られることであり、ホーネットストームならではの弱点というわけではない。

ただし、雨水の跳ね返りの問題は上左と上中の写真の「テントの短辺の広いほう」だけの可能性が高い。上右の写真の「テントの短辺の狭いほう」に関しては、同様に雨水の跳ね返りはあったものの、白い生地はほとんど濡れていなかったのだ。これは雨が降ってきた角度によるためなのかもしれないが、それ以上にインナーテントとフライシートの間が狭いからだと思われる。こちら側の風の抜けはそれほどよくないのだろうが、雨水には強そうである。

ところで、テントの雨水への対応力を見ているときに改めて気づいたことがある。フライシートのファスナーが最上部まで延びておらず、途中で止まっているのである。

ファスナー部分からの浸水を減らすためにはこれでいいのだろうが、完全に上まで開いたほうが開放感があり、出入りのときにも邪魔にならない。大きな問題ではないのだが、僕はそのほうが好みである。

次の写真は、雨に濡れたフライシートの様子だ。ある程度は撥水しているものの、水が膜のようになって広がっている。

正直なところ、撥水力はイマイチだ。今回のテストで使ったテントは撮影用のサンプルのため、すでに何度も使われており、それで撥水力が失われていたのかもしれない。ともあれ、テントというものはどんなものであれ、定期的に撥水スプレーを照射してメンテナンスを行なう必要がある。

インナーテントの天井部分にはメッシュ地のポケットがつけられている。

この部分にヘッドランプを入れれば、ランタン代わりにテント内を明るくでき、なかなか便利だ。不用意な場所に置いておくと壊しやすいメガネをキープするのにもよい位置のポケットである。

 

まとめ:最小重量760gの軽さは魅力。毎年新モデルが登場する開発力にも期待したい

本格的に夜が訪れ、下のカットを撮影した僕は深い眠りについた。

夜半には再び雨が降ったようだが、僕は気付かないまま。大半の雨には十分に耐えられ、熟睡を妨げられるようなことはない。

とはいえ、夕立の際には強い雨で跳ね返った水がインナーテントに付着していたことを思い出すと、厳しい天候のときにはどうなのだろうか? テントの名称に「ストーム」という言葉が入っているにもかかわらず、嵐のような状況下ではインナーテントに雨水が触れやすい弱点があるのではないだろうか? それに、「フライバーボリューマイジングクリップ」もそれほど効果的に内部スペースを広げているとは思えない。この工夫はもっとブラッシュアップできそうな気もする。

しかし、最小重量で760gというホーネットストームは、軽量性では文句のつけようがない。テント泊に挑戦したいけれど持ち運ぶ体力に自信がない方、昔からテント泊を愛しているけれど近年体力の衰えた方などは、使ってみる価値は大いにある。フライシートの裾が高く、通気性・換気性が高いのも、夏山中心に使いたい人には好印象だろう。

ニーモほど毎年新しいモデルを発表してくるテントメーカーは世界に類を見ない。これだけの工夫を凝らしながらも、現代的な「超軽量」テントを実現した開発力は、さすがのものなのである。

 

今回登った山
硫黄岳、根石岳
長野県
標高2,760m、2,603m

関連する登山記録はこちら
関連する山道具はこちら

 

テント用品
教えてくれた人

高橋 庄太郎

宮城県仙台市出身。山岳・アウトドアライター。 山、海、川を旅し、山岳・アウトドア専門誌で執筆。特に好きなのは、ソロで行う長距離&長期間の山の縦走、海や川のカヤック・ツーリングなど。こだわりは「できるだけ日帰りではなく、一泊だけでもテントで眠る」。『山登りABC テント泊登山の基本』(山と溪谷社)、『トレッキング実践学 改訂版』(枻出版)ほか著書多数。

同じテーマの記事
汎用性が高く1年中使える! ゆったりして履き心地の良いスカルパ「ZGトレック GTX」を、秋が深まる平標山テント泊山行で試す!
スカルパの「ZGトレック GTX」は、オーソドックスで汎用性が高いトレッキング系のブーツ。雨天の平標山を歩いてその性能をチェック!
重量バランスがよく、リーズナブルで使い勝手がいい! レキの最新トレッキングポールを南アルプス・光岳でテスト
山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんの連載。レキ(LEKI)の「マイクロバリオTAコンパクト」は、アルミ素材がメインながら2本でわずか534gの軽量でコンパクトなトレッキングポール。南アルプスの光岳でその使い勝手をチェック!
生地の組み合わせで、丈夫さと伸縮性を兼ね備えた最新トレッキングパンツを、北海道・恵庭岳で試す!
ホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」は、その名の通り「ラグド(Rugged)=頑丈」で「フレックス(Flex)=柔軟」なパンツ。岩場もある北海道・恵庭岳で、タフさとストレッチ性をチェック!
特徴的な背面構造で背負い心地が抜群! テント泊装備を入れた「オスプレー アトモスAG 50」で、八ヶ岳へ
オスプレーの大型バックパックの定番的人気商品「アトモスAG 50」、その人気の秘密を高橋庄太郎さんがテントを背負って八ヶ岳・硫黄岳でチェック。そこでわかったこととは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...