このエントリーをはてなブックマークに追加

登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
道具・装備 2019年10月16日
まりまりさんからの質問!

質問:ファーストエイドキット、あれもこれも必要!?と、ドンドン医療セットが増え、いつもかさばりがちです。どんなセットで携帯すれば一番いいのでしようか? 教えてください!

 

ファーストエイドキットで必ず持っておきたい5つのモノ

山という不確定な要素が多い場所で行動する登山では、どのような登山であっても、負傷や体調不良などのトラブルは、つきものです。小さなトラブルでは、雨の中の行動で手がふやけ、尖った岩角や、折れた枝に接触して指を切ってしまう。大きなトラブルでは、下山中に足を捻って、捻挫や骨折をする。落石で大きな外傷を負う・・・など。誰にでも可能性があります。また、行動するのが苦痛なほど膝が痛くなり、ゆっくりとしか前進できず、日が暮れてしまった・・・なども、しばしば発生するトラブルです。

こういった非常時のトラブルに対応する救急用具のセットがファーストエイドキットです。ただ、想像できる、あらゆるトラブルに対応しようと考え、専門用具を携帯しようとすると、ファーストエイドキットの数はどんどん増えて困りますね。では、必ず持っておきたいものはなんでしょうか?

僕が必ず持つべきだと考えているのは、

  • 各種サイズの絆創膏
  • テーピングテープ(幅違いで2種類程)
  • 三角巾
  • 清潔な水
  • 痛み止めなどの常備薬

の5つです。

 

携帯するだけでなく、活用できる知識も必要

絆創膏は沢山の種類が出ていますが、濡れてもはがれにくく、負傷していて片手しか使えなくても扱いが簡単なものが使いやすいです。日常から使ってみて、良い物を見つけてください。

テーピングテープは、簡単な事象では、靴擦れの予防や、さらに実際に靴擦れを起こした際の患部の保護にも使います。膝や手首などの関節の故障、痛みの際に、テーピングで保護、動きの抑制が可能です。さらに骨折や捻挫が疑われる負傷では、患部に直接巻いたり、添え木を当てた上から固定するのにも使ったりします。多くの場合は、幅の比較的狭いタイプ、幅広のタイプと2種類用意すれば、なんとかなるでしょう。伸縮性のあるキネシオテープも持っていると、更に便利です。

三角巾も、大きな傷の保護、止血、腕や足の捻挫、骨折の際の固定など、活用場面の多い用具です。ただ、テーピングテープと三角巾は共に、負傷した箇所にあわせた固定の仕方など状況に合わせた使用方法を、本で学習したり、先達からの指導を受けるなどしていないと、現場での有効な活用は難しいです。

本格的に学びたい場合は、日本赤十字社などで行われている「救急法」の講習会に参加するのが良いでしょう。 そんなに長時間の負担のかかる講習ではなく、学習できるチャンスがあります。登山をする人は、一度は受講することをお勧めします。テーピングテープと三角巾は、使用方法を習得すると、相当の負傷にも対応することができますが、逆に使用方法がわかっていないと、宝の持ち腐れになります。ぜひ、使いこなしてください。

 

小さく軽いので持っておくと良いペットボトルの蓋

ペットボトルの水とセットで、2mm程度の穴を空けたペットボトルの蓋をキットの中に入れておくと、いざという時に重宝します。切傷などのケガの場合は、とにかく患部を洗い、土、汚れなどを除去することが必要です。穴を開けた蓋を用意しておくと、シャワーのように勢いよく水が出せるので、患部だけに強い力で洗浄が可能になります。

 

内服薬の譲渡は基本NGです

内服薬は、日常的に使っているものを各自の責任で最低限の薬を持つことが必要です。必ず用意していただきたいのは、自分の身体に合った「痛み止め」の薬です。頭痛や、歯痛だけではなく、膝が痛くて行動できない、傷が痛い、骨折が疑われる状態で、搬送の際に激痛があるときに痛み止め薬は極めて有効です。

内服薬で注意したいのは、基本的には「自分で用意した薬を服用し、他人には譲渡しないこと」です。これは市販薬でも守るべきことで、本人も気がついていないアレルギー要素があった場合、飲み慣れていない薬の服用で強い反応が出て、危険な事態に陥る可能性はゼロではないからです。よく“足の攣り”の際に、効果のある漢方薬を「これ飲んでみたら、すぐ効くよ」と気軽に渡しているのを見ることがありますが、これも止めるべきです。内服薬は、自分の日常的に使用している薬、身体にあった薬を各自の責任で持ってください。

山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物がどんどん増えてしまうのは大変わかります。その場合は、今回の解説を参考に準備してみてください。各自が道具を使いこなせるようになれば、少しづつキットの中身を減らすことができるのではないでしょうか。

登山グッズ セルフレスキュー
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
行きたくなったら、また、行けば良い――。登山に飽きたことってありますか?
近郊の山だと景色などに物足りなさを感じたことはありますか? また、登山に飽きたことはあります? 少し聞きづらい、そんな質問を山岳ガイドの山田さんに問いかけてみました。
奥多摩・奥秩父のメインルートを歩き尽くした登山者向け。山田哲哉ガイドのオススメ実線ルートを紹介
奥多摩・奥秩父のメインルートを歩き尽くした登山者へ向けて、計画を立てることの楽しさ、また、具体的にオススメの実線ルートを山岳ガイド山田哲哉さんに紹介いただく。
長期テント泊登山では、何を食料として持っていく? サプリで補いたい栄養素は?
夏休みに1週間程のテント泊縦走を計画している方に、長期行動に必要な栄養素を摂取するのに好都合な食糧、またはサプリなどを知りたいと相談をいただいた。今回は山岳ガイドの山田さんに自身の経験や考え方をまじえて、アドバイスをもらう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...