このエントリーをはてなブックマークに追加

「今年こそ雪山へ!」の前に、危機を回避するための「防御力」を身につけよう

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2019年11月13日

夏山にはない魅力を味わえる冬山登山だが、その厳しさは夏山とは比べ物にならない。危機を回避するには、登山者自身に「防御力」が必要という。雪山登山における「防御力」とは、どんなものだろうか?


そろそろ、各地から初雪の便りが届くこの時期、今年こそ、雪山を始めたい! と思っている方も多いと思います。白銀の山々が織りなす素晴らしい景色。雪と戯れる楽しさ。シュプールを描いて真っ白な斜面を滑り降りる快感――。夏山では絶対に味わえない楽しみがそこにはあります。

一方で、無防備に足を踏み入れれば雪山は恐ろしい世界。雪山には無雪期には無い厳しさ、難しさの要素がたくさんあります。その要素を列挙すると・・・

①厳しい気象条件
 → 低温、強風、降雪、視界の悪さなど。

②雪上歩行
 → 雪や氷の上は歩きにくい。積雪期特有の道具を使いこなす必要がある。

③雪崩の危険
 → 雪崩や雪庇崩壊などが起こり得る。

④人為的補助が少ない
 → 山小屋等施設が閉まっている。道標が埋まっている。登山道が見えない。

などなど・・・。それぞれの危険に対して登山者自身に「防御力」が無いと、雪山は安全に楽しめません。考えられる「防御力」のいくつかを、以下に挙げてみたいと思います。

 

①「厳しい気象条件」には・・・

  • 気象の知識を身に付け、入山期間の気象変化を予測し、それに基づいて安全な判断が出来る

  • ウェアや靴、ゴーグルなど、雪山の状況に合わせた適切な装備を身につける

②「雪上歩行」には・・・

  • 雪上での歩き方を身に着け、アイゼン、ワカン、ピッケルなどの道具を使いこなせるようになる

  • 深雪でのラッセルができるなど、体力があることが重要

③「雪崩の危険」には・・・

  • 雪崩に対する基本的な知識、雪崩を避けるための知識を身につける

  • 雪崩に遭った際の基本的な対処法を身につけて訓練を行う

④ 「人為的補助が少ない」

  • 安全なルートを見出す「ルートファインディング力(りょく)」が必要

  • 雪洞泊など積雪期の危急時の技術を身につける

  • その山域の地形的な要素を頭に入れて行動できる(雪崩対策としても重要。無雪期に「下見」に行くことも大事)


上記のような危険への「防御力」は、どのように身につけるのでしょうか。一つは、雪山登山の経験が豊かな仲間と一緒に行って教えてもらうことです。一緒に行けば山行回数も重ねられるうえに、実経験に基づいたアドバイスもためになるでしょう。

また、技術や知識を教えてくれるガイドや案内人と一緒に行くこともおすすめです。習熟度を見ながら少しずつレベルアップをしてくれるガイドさんなら、なお楽しめると思います。

その他、ガイドや登山用品店、団体などが主催する講習会に参加するのも手です。様々な目的やレベル別に講習会が開催されていますので、きっとご自身に合ったものが見つかると思います。長野県山岳総合センターでも、雪山登山の講習を各種開催していますので、興味のある方はぜひ山岳総合センターのホームページをご覧ください。

当然ですが、知識も技術も、一回行けば身に着くものではありません。また寒い中、重い荷物を背負って歩ける強い体力があることも大前提です。ある程度の基礎的な技術・知識が身に着いたら、自分で計画して山行回数を重ねることで、「本当の登山力」が身に着いてくることでしょう。体力を保つため、日々のトレーニングもお忘れなく!


そして最後に――、山は時として厳しい姿を見せますが、特に厳冬期の、荒れ狂う山の厳しさは、到底人間の力では太刀打ちできるものではありません。条件によっては、「登山を中止すること、撤退すること」も、重要な「防御力」であることを忘れず、雪山を安全に楽しみましょう!

次回からは、上に挙げた「防御力」一つ一つの項目について考えてみたいと思います。

 

雪山・冬山 セルフレスキュー
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
冬本番、備えは大丈夫? 近年の雪山遭難事故の傾向から考える、雪山との付き合い方
雪山でしか行けない場所、雪山でしか楽しめない登山――。雪山は登山者のテリトリーは大きく広げる。しかし夏山と比較すれば、そのリスクも大きい。雪の性格を知り、安全登山を心がけよう。
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?