このエントリーをはてなブックマークに追加

知れば知るほど奥深い!「全国岩稜名山」の魅力とリスク

From ワンダーフォーゲル編集部
登山技術 2019年11月22日

全国各地に存在する岩稜の名山。北アルプスなど、高山の岩稜の山とは一味違った地方・低山のリスクと、それを押しても行きたくなる魅力について紹介する。

文=ワンダーフォーゲル編集部
写真=打田鍈一、梶山正

 

侮るなかれ、地方の岩稜の魅力と難易度!

一般的に、難易度の高い岩稜の山として知られているのが、北アルプスの穂高岳や劔岳などです。一方、地方の岩稜も独特の難しさがあります。その特徴をさぐると、まずはルートが不明瞭である場合が多いこと。北アルプスとは登山者数も整備のレベルも違うため、踏み跡は薄く、道標や目標物は少ないケースが多いのです。

これが「登山口」と気づく人、どれだけいるでしょうか? 

命を預けるには心もとない、完全に腐食したクサリの支点。整備のレベルはアルプスとは大違い


また、クサリ場の難易度も北アルプスを越えるグレードの場所もあります。例えば、群馬県の妙義山は足場が少なく、両手でクサリを握って登降する箇所もあり、山の大きさと難易度は比例するわけではないのです。

群馬県・妙義山は足場が少なく、クサリに頼って腕力勝負で登っていく箇所もある

 

地方の岩稜の魅力とは?

低山専門山歩きライターの打田鍈一さんは、「整備されすぎていない故に本来の岩稜らしさが味わえるんです。頭脳と動物的勘を頼りにルートを探るワクワク感はたまりません! また、山麓も観光地化されておらず、地方文化に触れられるのも魅力です」と、その魅力を語ります。

また、手頃な低山だと晴天を狙って短時間でも登れるうえに、岩稜歩きの良い練習場所にもなるんだとか・・・。

岩稜にもさまざまな表情がある。写真のようなヤブに覆われたワイルドな稜線もある


魅力あふれる地方の岩稜は、探せば意外と多く見つかります。高度感あふれる岩稜、ヤブに覆われたワイルドな岩稜、体力が試される長い岩稜、初心者でもスリルを味わいながら楽しめる岩稜など、それぞれの表情を持った岩稜が季節を問わずいつでも登山者を誘います。

現在発売中のワンダーフォーゲル12月号の特集「全国岩稜名山」では、関東・上信越・関西・九州の各地方で活躍する山岳ガイドやカメラマンの方々に、エリア別に岩稜名山の魅力と、コースの詳細をたっぷり語ってもらっています。

そして編集部が全国から選りすぐった岩稜名山をルポとコースガイドを交えながらしっかり紹介。岩稜での登山テクニックと併せて、ぜひ近くの岩稜の山を目指してみてください。きっと、いつもと違う、新鮮な感覚が味わえると思います。

 

日本の山
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

百名山の魅力をテーマで知り、自分のレベルに合った山へ。日本百名山をどう登るかのノウハウ満載の「テーマで知る。レベルで選ぶ。日本百名山案内」
より百名山を楽しみ、味わうための保存版特集!
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
日本百名山に惜しくも選ばれなかった山たち、その理由は「登ってない」、「背が低い」
登山者から高い人気を誇る日本百名山。その百名山を選んだ深田久弥氏は、苦渋の決断で百名山に選ばなかった山があるらしい。そこで、惜しくも落選となった山々を、理由と合わせて地域別に紹介しよう。
テント泊でガスストーブを忘れた! お湯が沸かせなくてもカップラーメンは食べられる?
テントを設営してさあ食事!と思ったらガスストーブを忘れた、なんてことは起こりうる自体だ。これはもはや致命的なミス、と思っている方。工夫すれば、なんとか食事にありつける方法もある。
身の丈に合った登山プランを着実に実行するために――、ソロハイクのプランニングTips
自由気ままなに1人で山に登るのは、登山の醍醐味のひとつだ。登山計画を1人で計画して、ひとりで歩く。身の丈に合ったプランを着実に実行し、スキルアップしていくためのプランニング術のTipsには、どんなものがあるだろうか。
テント泊登山で守るべきルールとマナー、4ヶ条。登山地ならではの行動と気遣いを!
登山のテント泊には、守るべきルールとマナーがあるのをご存じだろうか。周りに迷惑をかけない、自然をいたわるなど、登山地ならではの行動が求められる。他者と自然を気遣う心をもって、テント泊登山を楽しもう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月3日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。