このエントリーをはてなブックマークに追加

25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
たしなみ 2019年12月06日
アラフィフの40代さんからの質問!

質問:25年ぶりに登山に復帰しました。学生時代はワンゲル部にいて、北アルプス全山縦走とか、結構、本格的にやっていましたが、結婚したり、転勤したりで、登山から離れていました。子育ても一段落、学生時代の友達との再会を機に、この夏、友と登山に復帰し、丹沢・塔ノ岳往復で大汗をかいてきました。これから少しずつ活動を増やしたいと思っていますが、復帰組にありがちな注意点など、アドバイスをお願いします!

 

体型が変わり、体力が落ちた・・・。まずは、それを自覚すること

25年ぶりに登山に復帰して、この夏に「大汗をかいて」とはいえ、日帰りで塔ノ岳を往復してきた・・・というのは立派だと思います。おそらく登山から離れてはいても、身体を動かし、トレーニングはされてきたのだと思われます。夏の塔ノ岳は、標高差で優に1000mを越える山ですので、意外に大変です。もし山から離れて、仕事、子育てのみに専念して、食事にも気を付けていなければ、体型も変わり、筋肉も落ち、途中でギブアップは間違いなかったことでしょう。

しかし、一方で北アルプス全山縦走を果たした頃と、きっと、今の身体、精神力は、どうしても変わってしまったと思います。人間の身体は、特段の努力をしなければ、年齢をかさねるにつれて、自然に筋力、呼吸力などが低下していきます。

一見、以前と同じように、コースタイムもあまり変わりなく登山できたとしても、身体が受けるダメージ、回復力などは確実に落ちています。また、瞬発力、とっさの時に身を守る動きなども残念ながら低下しているはずです。

大切なのは、まず、それを自覚すること。

信頼できる「山の友人」は大切に。長期的なプランを立てアルプス縦走にも復帰を

 

登山に復帰するに当たって、一気に登山の厳しさを上げるのは危険です。例えば、日帰りの身近な山から、日帰りの長時間の行動が必要で、標高差の大きな山へとステップアップしてみて、さらに、小屋泊からテント泊、無雪期から残雪期の雪山、さらに厳冬期の雪山と、自分の力を過信せず、ステップアップしながらいろいろと挑戦してみてください。

自分の力を振り返り、何が不足しているのかを、自分で確かめる必要があるでしょう。一方で、年齢を重ねたことによる判断力の向上、慎重さなど、若い頃とは違って良い点もあると思います。

 

山は変わらないが、25年で変わったことは…

次に、25年前の登山の世界と現在の登山の世界を比べて、何が変わったのでしょうか? 大きな違いは、「ハイキング以上の登山」をする登山者の数が減ったことでしょう。25年前は、晴れた週末には山小屋は混雑し、布団一枚に2人なんて当たり前、著名な山ではご来光を見る人で山頂が埋め尽くされた時代です。しかし、今では、連休や特定の時期(紅葉時期の涸沢など)でもないかぎり、そんなことはありません。

雪山では、山小屋が営業する山ではたくさんの「雪山登山者」の姿を見ますが、それ以外の山域でテント泊の雪山登山をする者は、ほとんどいなくなりました。

もうひとつの大きな変化は、登山者同士の関係がギスギスし、山がひどく窮屈で暮らしにくい場所になったことです。「丹沢でテント泊を楽しんだ」とのことですが、昔も現在も丹沢の稜線にはテント指定地がなく「テント泊を楽しむ」なんてことはご法度だったのですが、昔は、周囲の環境に気を付けて痕跡を残さずテント泊をする者もいました。今、そんなことをしたら大変です。時には、写真付きでネットでさらされ、袋叩きにあいます。 かつて、沢での宿泊には焚火は不可欠で、濡れ物を乾かし、暖をとり、炊事をし・・・は、みんながやっていたことです。今は、登山者の側で「忖度」し、自粛する有様です。25年前に比べて、法律は全く変わっていないのに、山のマナーは、大きく変わったと感じます。

グループで来ても、一人一テントが現代のスタイル

 

変わったことと言えば、山仲間で一緒に登る登山が大きく変貌したことです。かつてなら4人パーティーなら、共同で4~5人用テントを分担して持ち、一緒に泊まり、みんなで食事を作り、賑やかに生活するのが「登山パーティー」でした。今は、4人でもテントは一人1張が当たり前で、それぞれが炊事をする「個食」が普通になりました。 かつてのワンゲル部員で、仲良くワイワイ食事をしていた方にしてみれば「なんじゃ、そりゃ」かもしれませんが、時代が変わったのです。

嬉しいことは、装備、用具が大きく進化したことです。最も進化したのは防水透湿性のカッパと、暖かく、汗冷えしない下着、軽量で使い易いガスコンロです。そして携帯電話と電子機器の登場があります。電話ができるだけでなく、スマートフォンになって、あらゆる情報が得られ、GPSで現在地や行動ログがわかります。

もちろん、ザックも靴も、テントも進化しています。気を付けなければならないのは、軽量化は良いことなのですが、「軽くする」と言うことは、必ず「何かを削る」ことであり、軽量化した装備は必ず、弱点を持っているということ。軽量化は、使う側の経験や技量があればよいのですが、経験も技量もない登山初心者が意識せずに使ってしまうと、軽量化が持っている弱点を補えないことが多いのです。何だか現在の登山を象徴しているようにも思えます。

25年ぶりの登山復帰――。 若き日のように、虹や雲海を見て、みんなで大歓声を上げるような感動の仕方と違い、美しいもの、激しいものと出会ったとき、一人密かにほほ笑むような感動の仕方に変わっているかもしれません。とはいえ、登山を再開されたことは、素晴らしいことです。ぜひ焦らず、ステップアップしながら、山を楽しんでください。どこかの山でお会いできるのを楽しみにしています。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
行きたくなったら、また、行けば良い――。登山に飽きたことってありますか?
近郊の山だと景色などに物足りなさを感じたことはありますか? また、登山に飽きたことはあります? 少し聞きづらい、そんな質問を山岳ガイドの山田さんに問いかけてみました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。