このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国・済州島発祥のウォーキング「オルレ」を、『山と溪谷』編集部員が本場で体験

From 山と溪谷編集部
ガイド・記録 2020年01月09日


「オルレ」という言葉を知っているだろうか。私は知らなかった。オルレとは韓国・済州島発祥のウォーキングのことで、里山や山麓の集落をのんびり歩くスタイルのこと。今回私は、社団法人済州オルレが主催するプレスツアーに参加し、本場・済州島のオルレを体験した。

写真=加戸昭太郎
文=阪辻秀生(山と溪谷編集部)

 

韓国で人気のウォーキングイベント「オルレ」で済州島を満喫

2019年11月1日、前夜宿泊したホテルから車で和順金砂(ファスングムモレ)海水浴場に送ってもらうと、砂浜に山歩きの恰好をした大勢の人たちがあふれかえっていた。済州島では前日から済州島オルレウォーキングフェスティバルが開催中で、その参加者が集まっているのだ。

この海水浴場からスタートし、7km先の大坪浦口(デピョンポグ)をつなぐコースがフェスティバルの開催エリア。そのスタート地点である海水浴場は、ブーステントを見物する人の混雑があったり、なぜかステージではダンスイベントが行なわれていたりで、フェスティバルの盛り上がり振りをいきなり目の当たりにした。

スタート地点である和順金砂(ファスングムモレ)海水浴場。なぜかダンスしている集団がいた


フェスの盛り上がりもいいけど、オルレを体験しなくてはいけない。海水浴場から出て、静かな港町のような風情の町中を歩く。平屋建ての民家の間の道をしばらく進んでいくと、次は牧草地のような草の丘が現われる。牛や馬の姿こそなかったが、柵が設けられていたりフンがあったりしたので、どうやら牧場らしい。牧草地を横断する道は徐々に傾斜を強め、明確な登り坂になる。

歩き始めると静かな港町に。道中にはオルレコースであることを示すオレンジと青のリボンが結び付けられている


スタート地点で混雑ぶりを見せたフェスティバルだが、実はここまでの道中もフェス参加者が前後に途絶えることなく、行列状態で歩いていた。坂道になると今度は渋滞が起き、しばらくすると立ち往生するようになった。ちょうど小高く見晴らしのいい坂道の途中、せっかくなので休憩しつつあたりを見渡すと、斜面にはところどころに生えるミカンの木と、足元に広がるモノトーンの港町の集落が、いかにも牧歌的な風景を作り出している。

人は多いが、歩いている場所の雰囲気はよい。田園風景が広がるトレイル


「オルレ」とはもともと、通りから家に通じるとても狭い路地を指す済州島の方言。単に山や自然を親しむだけでなく、周辺の集落や住民、文化と触れることを楽しむウォーキングスタイルとして、済州島の観光関係者がトレイルを整備、普及・広報に尽力してきたものだ。

10分くらい立ち止まっていただろうか、ようやく行列が動き出した。この先に狭い急斜面の道があり、その通過にてこずって渋滞が起きたようだ。急斜面を過ぎると樹林帯の道で、傾斜の緩やかなアップダウンの繰り返しとなった。

里山に入るとすぐに渋滞が始まる。オルレの人気ぶりがよくわかる


今回はフェスティバルだったので行列に着いていけば迷うことはなかったが、イベント会期外でもトレイルの分岐には「済州オルレ」のルートであることを示す道標が整備され、トレイル上の木などにはオルレのテーマカラーであるオレンジ色と青(それぞれ、済州島の名物であるミカンと海を表している)のリボンが結び付けられているので、歩いていて迷うことはない。ただ道標に書かれている現在地や行き先の案内がハングル文字なので、韓国語の知識のない私には理解できなかった。

カンゼとよばれる馬をモチーフにした道標。頭の向きが本来の進行方向で、今回のフェスティバルでは逆向きに歩いた

青色の矢印が正方向、オレンジ色が逆方向を示す

こちらも道標。済州オルレの9番目のルートであることを示す。ルート上には記念スタンプが設置されていて、それを集めるのも楽しみとなっている


なだらかな道が急な登りに変わった。息を切らせながら登っていくと、月羅峰(ウォルラボン)と呼ばれるこのルートの最高地点に到着した。松の木の間から海が見える。吹く風に汗が冷やされ心地よい。ここでまた休憩することにした。

見晴らしのよい場所もところどころにある。のどかな風景だ


腰をかけ水を飲んでいると、日本語での会話が聞こえてきて、4~5人の小グループが通り過ぎて行った。日本からの参加者のようだ。現地の報道によるとフェスティバル会期(10月31日~11月2日)ののべ参加者は約4000人という。韓国本土からの来島者がほとんどだというが、日本からこのイベントを目当てに訪れている人もいるようだ。

ゴール地点の大坪浦口(デピョンポグ)には、宮城県や九州の観光関係者らが訪日観光客誘致を目的にブース出展していた


休憩もそこそこに、松の木の間を縫うようになだらかな遊歩道を進むと海岸沿いに集落が見えてきた。もうすぐゴール地点だ。舗装道路に入ると、道沿いには真新しいカフェやペンションのような宿泊施設がいくつかあった。聞くと、オルレ参加者目当ての施設らしい。新しく店を出し商売ができているということは、年間を通じて一定数のオルレ利用者がいるということだろう。

ゴール間近な海岸の町。リゾート地のようだ


ゴール地点である大坪浦口(デピョンポグ)には、和順金砂(ファスングムモレ)海水浴場同じようにブーステントや大勢の人だかりがあった。イベントに合わせたオルレ体験だったので、ところどころで渋滞に遭遇したものの、気候も温暖でルートも整備され、快適なウォーキングを楽しめた。頂上への到達を主目的とする登山からみると物足りないかもしれないが、のんびり歩くこういうスタイルもけっこういいものだと素直に思った。

昼食提供ポイント。地元の婦人会が作ったウニ風味の温麺をいただく

 

済州オルレウォーキングフェスティバルとは


2019年で10回目を迎えたウォーキングイベント。2019年10月31日から11月2日まで開催された。済州島をぐるっと周回するように整備されたオルレコース全長425kmは、4kmから20kmで26区間に区切られている。

2019年のフェスティバルでは8コース、9コース、10コースがイベント会場に設定され、取材では9コースを歩いた。オルレコースはいつでも歩くことができるが、イベント会期中に事前登録(2万5000ウォン。約2,500円)し、参加すると、ルート上に設置された昼食提供地点で地元特産の食事の提供を受けられるほか、記念品や公式ガイドブックを入手できる。

2020年の「第11回済州オルレウォーキングフェスティバル」は、11月5日(金)~7日(日)に開催。「済州オルレ」についての情報は(社)済州オルレのホームページへ。

※本ルポは、『山と溪谷』2020年4月号に掲載予定

 

海外
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年1月号の特集は「100人が選ぶ、名山100」。登山家、山岳ガイド、写真家、小説家、漫画家、イラストレーター、芸能人、モデルなどさまざまな分野の100人に、「おすすめの山」、「思い出の山」をそれぞれ1山ずつ、合計100山を選んでもらいました。この山のなかから2020年に登る山を見つけてみませんか。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
登らなくても楽しめる! 山のミュージアムで自分だけの「山時間」を過ごそう
都会の喧騒にちょっと疲れて、どこか落ち着いたところでゆったりしたい。けれども、登山をするほど元気はない・・・。そんなときは、山の美術館に足を運んでみてはいかがだろうか。作品をじっくり味わい、自分だけの「山時間」を過ごしてみたい。
山小屋で過ごす年末年始――。一年を登山で締めくくり、新しい年を山で迎えよう
年末年始をどう過ごそうか考える時期がやってきた。家で年越し蕎麦をすするもよし、温泉旅行や海外旅行に行くもよし。ヤマヤなら山小屋で過ごすのはなおよし! 山小屋で迎える新年、その魅力を垣間見てみよう。
掟破り! 幕府の反対を押し切って富士登山! 大名や外交官を熱狂させた霊峰富士の歴史
富士山には、日本一高い山としての存在感や円錐形の美しいシルエットだけではなく、霊峰富士としての神秘的な磁力がある。江戸時代、「富士登山は庶民がするもの」という幕府の反対にも屈せず、富士山登頂を果たした大名と外交官がいた。
電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!
山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?