このエントリーをはてなブックマークに追加

日本百名山に惜しくも選ばれなかった山たち、その理由は「登ってない」、「背が低い」

From ワンダーフォーゲル編集部
たしなみ 2020年04月01日

登山者から高い人気を誇る日本百名山。その百名山を選んだ深田久弥氏は、苦渋の決断で百名山に選ばなかった山があるらしい。そこで、惜しくも落選となった山々を、理由と合わせて地域別に紹介しよう。

文=編集部、写真=編集部・Pixta

 

何故選ばれなかった? そこには様々な理由が・・・

登山者なら誰もが知っている日本百名山。その選定者は、文筆家で登山家でもある深田久弥。自らの50年近くにわたる登山経験のなかから名山と思う百座を選んだものだ。

深田の著書「日本百名山」の巻末には百名山選定の経緯が書かれている。そこで述べていることを確認すると「百名山のうち、70座はすんなりと決まったが、残りの30座は選ばれなかった他の候補を紙一重の差だった」とのことだ。

百名山に惜しくも漏れた山について、深田は「愛する教え子を落第させる試験官の辛さに似ていた」「今後再販の機会があれば若干の差し替えをする」と述べている。

では具体的に百名山に選ばれなかった理由はどんなものであったのか。地方ごとに見ていこう。

 

北海道・・・7座

深田自身が登っていないため選ばれなかったのは、ウペペサンケ山、二ペソツ山、石狩岳、ぺテガリ岳、芦別岳、駒ヶ岳、樽前山の7座。

アクセスの悪さが仇となり、多くの山々が落選。深田は「登ってみもしないで選定するのは、入社試験に履歴書だけで採否を決定するようなもので私の好まないところであった」とコメントしている。しかし一方で「不公平な理由で除外したことは申し訳ない」とも。

残念ながら選ばれなかった山の1つ、北海道駒ヶ岳の雄姿

 

東北・・・5座

入れるべきか迷ったのが、秋田駒ヶ岳、栗駒山。また、「いい山だが、少し背が足りない」としたのが森吉山、姫神山、船形山の3座だ。

いずれも立派な山ではあるものの、1000m~1600m代という標高の低さがネックとなったようだ。

秋田県、宮城県、岩手県の3県にまたがる風格ある栗駒山は惜しくも落選

 

上信越・・・10座

深田自身は好きだが、高さが第二級であるとしたのが、女峰山、仙ノ倉山、黒姫山、飯縄山、守門岳、荒沢岳、白砂山、鳥甲山、岩菅山の9山。また、弥彦山については「名山だが背が低すぎる」という理由で落選。

東北と同じく上信越の山々も高さが理由でNGとなった山がほとんどだった。

ワシが両翼を大きく広げたような堂々たる山容の鳥甲山

 

北・南アルプス・・・13座

「入れたかったがやむなく落とした」としているのが、北アルプスでは雪倉岳、奥大日岳、針ノ木岳、蓮華岳、燕岳、大天井岳、霞沢岳、有明山、餓鬼岳、毛勝山の10座。南アルプスでは、大無間山、笊ヶ岳、七面山の3座が挙がった。

さすがは激戦区のアルプスだけあって、多くの名山が選に漏れている。ちなみに有明山は深田お気に入りの山で百名山に内定していたが、まさかの登山道崩壊で登ることができず。代わって土壇場で滑り込んだのが日光白根山だった。

花崗岩の白い岩が特徴的の北アルプス・燕岳

 

北陸・・・2座

深田自身が登っていないので漏れたのが、笈ヶ岳と大笠山の2座だ。深田のふるさとである北陸だが、上記2座は登っておらず選外に。現在の笈ヶ岳は強烈な藪が生い茂げる静寂の山だが、百名山に選ばれていたら人気の山になっていたかもしれない。

「登っておれば百山の中に入れた」と深田自身が後述した笈ヶ岳

 

関西・・・4座(山域)

高さがないとされたのが、鈴鹿山脈、比良山地、比叡山。また、深田自身が登っていないのが、奥高野の山々だ。

関西の山々は、最大の弱点である標高のなさが主な理由となっている。一方、鈴鹿山脈の御在所岳にいたっては、高さが足りないのに加えて「遊園地化している」とバッサリと切り捨てられてしまった。

琵琶湖に面した比良山地は、趣のある山々だが標高が・・・

 

中国・・・2座

入れたかったがやむなく落としたとしているのが氷ノ山、名山と推すには物足りないとしているのが蒜山だ。いずれも、他の山域に比べるとかなり漠然とした理由で落選している。この決断で、中国地方の百名山は伯耆大山のみとなっている。

大山と並んで美しい山容を見せている蒜山

 

九州・・・4座

念頭にはあったがやむなく落としたとしているのが由布岳、市房山、桜島の3山で、「名山だが背が低すぎる」山に英彦山を挙げている。

それぞれ、「個性のあるみごとな山」と評しながらも、泣く泣く選外となった上記の山々。九州も意外と名山揃いで深田の頭を悩ませたようだ。

「豊後富士」の愛称どおり、均整の取れた三角錐の山、由布岳

 

いずれにせよ、百名山に選ばれなかった山も、百名山に負けず劣らず良い山であることには違いない。上記に挙げられた山にも是非機会があれば登ってみよう。

現在発売中のワンダーフォーゲル2020年4月号の特集は、「テーマで知る。レベルで選ぶ。日本百名山案内」。

深田が葛藤した末に選ばれた百の山々を、「縦走」、「花」、「紅葉」、「雪山」など、それぞれの山の魅力が際立つテーマごとにカテゴリー分けしてオススメのコースや登り方を紹介している。ぜひ書店で手にとってみてほしい。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

剱・穂高ガイドの完全版。憧れの剱・立山連峰へ!
豪雪に削られた急峻な山々はすべての登山者の憧れの地だ。「岩と雪の殿堂」と呼ばれる剱岳は一般登山道最高難度のルートである。
一方、室堂を起点に東にそびえる立山、西に広がる弥陀ヶ原は、ビギナーでもスケールの大きい景観を楽しめるエリアだ。
ビギナーからベテランまで、レベルに合わせて楽しめる、丸ごと一冊剱・立山大特集!
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
テント泊でガスストーブを忘れた! お湯が沸かせなくてもカップラーメンは食べられる?
テントを設営してさあ食事!と思ったらガスストーブを忘れた、なんてことは起こりうる自体だ。これはもはや致命的なミス、と思っている方。工夫すれば、なんとか食事にありつける方法もある。
知れば知るほど奥深い!「全国岩稜名山」の魅力とリスク
全国各地に存在する岩稜の名山。北アルプスなど、高山の岩稜の山とは一味違った地方・低山のリスクと、それを押しても行きたくなる魅力について紹介する。
身の丈に合った登山プランを着実に実行するために――、ソロハイクのプランニングTips
自由気ままなに1人で山に登るのは、登山の醍醐味のひとつだ。登山計画を1人で計画して、ひとりで歩く。身の丈に合ったプランを着実に実行し、スキルアップしていくためのプランニング術のTipsには、どんなものがあるだろうか。
テント泊登山で守るべきルールとマナー、4ヶ条。登山地ならではの行動と気遣いを!
登山のテント泊には、守るべきルールとマナーがあるのをご存じだろうか。周りに迷惑をかけない、自然をいたわるなど、登山地ならではの行動が求められる。他者と自然を気遣う心をもって、テント泊登山を楽しもう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?