このエントリーをはてなブックマークに追加

日本百名山に惜しくも選ばれなかった山たち、その理由は「登ってない」、「背が低い」

From ワンダーフォーゲル編集部
たしなみ 2020年04月01日

登山者から高い人気を誇る日本百名山。その百名山を選んだ深田久弥氏は、苦渋の決断で百名山に選ばなかった山があるらしい。そこで、惜しくも落選となった山々を、理由と合わせて地域別に紹介しよう。

文=編集部、写真=編集部・Pixta

 

何故選ばれなかった? そこには様々な理由が・・・

登山者なら誰もが知っている日本百名山。その選定者は、文筆家で登山家でもある深田久弥。自らの50年近くにわたる登山経験のなかから名山と思う百座を選んだものだ。

深田の著書「日本百名山」の巻末には百名山選定の経緯が書かれている。そこで述べていることを確認すると「百名山のうち、70座はすんなりと決まったが、残りの30座は選ばれなかった他の候補を紙一重の差だった」とのことだ。

百名山に惜しくも漏れた山について、深田は「愛する教え子を落第させる試験官の辛さに似ていた」「今後再販の機会があれば若干の差し替えをする」と述べている。

では具体的に百名山に選ばれなかった理由はどんなものであったのか。地方ごとに見ていこう。

 

北海道・・・7座

深田自身が登っていないため選ばれなかったのは、ウペペサンケ山、二ペソツ山、石狩岳、ぺテガリ岳、芦別岳、駒ヶ岳、樽前山の7座。

アクセスの悪さが仇となり、多くの山々が落選。深田は「登ってみもしないで選定するのは、入社試験に履歴書だけで採否を決定するようなもので私の好まないところであった」とコメントしている。しかし一方で「不公平な理由で除外したことは申し訳ない」とも。

残念ながら選ばれなかった山の1つ、北海道駒ヶ岳の雄姿

 

東北・・・5座

入れるべきか迷ったのが、秋田駒ヶ岳、栗駒山。また、「いい山だが、少し背が足りない」としたのが森吉山、姫神山、船形山の3座だ。

いずれも立派な山ではあるものの、1000m~1600m代という標高の低さがネックとなったようだ。

秋田県、宮城県、岩手県の3県にまたがる風格ある栗駒山は惜しくも落選

 

上信越・・・10座

深田自身は好きだが、高さが第二級であるとしたのが、女峰山、仙ノ倉山、黒姫山、飯縄山、守門岳、荒沢岳、白砂山、鳥甲山、岩菅山の9山。また、弥彦山については「名山だが背が低すぎる」という理由で落選。

東北と同じく上信越の山々も高さが理由でNGとなった山がほとんどだった。

ワシが両翼を大きく広げたような堂々たる山容の鳥甲山

 

北・南アルプス・・・13座

「入れたかったがやむなく落とした」としているのが、北アルプスでは雪倉岳、奥大日岳、針ノ木岳、蓮華岳、燕岳、大天井岳、霞沢岳、有明山、餓鬼岳、毛勝山の10座。南アルプスでは、大無間山、笊ヶ岳、七面山の3座が挙がった。

さすがは激戦区のアルプスだけあって、多くの名山が選に漏れている。ちなみに有明山は深田お気に入りの山で百名山に内定していたが、まさかの登山道崩壊で登ることができず。代わって土壇場で滑り込んだのが日光白根山だった。

花崗岩の白い岩が特徴的の北アルプス・燕岳

 

北陸・・・2座

深田自身が登っていないので漏れたのが、笈ヶ岳と大笠山の2座だ。深田のふるさとである北陸だが、上記2座は登っておらず選外に。現在の笈ヶ岳は強烈な藪が生い茂げる静寂の山だが、百名山に選ばれていたら人気の山になっていたかもしれない。

「登っておれば百山の中に入れた」と深田自身が後述した笈ヶ岳

 

関西・・・4座(山域)

高さがないとされたのが、鈴鹿山脈、比良山地、比叡山。また、深田自身が登っていないのが、奥高野の山々だ。

関西の山々は、最大の弱点である標高のなさが主な理由となっている。一方、鈴鹿山脈の御在所岳にいたっては、高さが足りないのに加えて「遊園地化している」とバッサリと切り捨てられてしまった。

琵琶湖に面した比良山地は、趣のある山々だが標高が・・・

 

中国・・・2座

入れたかったがやむなく落としたとしているのが氷ノ山、名山と推すには物足りないとしているのが蒜山だ。いずれも、他の山域に比べるとかなり漠然とした理由で落選している。この決断で、中国地方の百名山は伯耆大山のみとなっている。

大山と並んで美しい山容を見せている蒜山

 

九州・・・4座

念頭にはあったがやむなく落としたとしているのが由布岳、市房山、桜島の3山で、「名山だが背が低すぎる」山に英彦山を挙げている。

それぞれ、「個性のあるみごとな山」と評しながらも、泣く泣く選外となった上記の山々。九州も意外と名山揃いで深田の頭を悩ませたようだ。

「豊後富士」の愛称どおり、均整の取れた三角錐の山、由布岳

 

いずれにせよ、百名山に選ばれなかった山も、百名山に負けず劣らず良い山であることには違いない。上記に挙げられた山にも是非機会があれば登ってみよう。

現在発売中のワンダーフォーゲル2020年4月号の特集は、「テーマで知る。レベルで選ぶ。日本百名山案内」。

深田が葛藤した末に選ばれた百の山々を、「縦走」、「花」、「紅葉」、「雪山」など、それぞれの山の魅力が際立つテーマごとにカテゴリー分けしてオススメのコースや登り方を紹介している。ぜひ書店で手にとってみてほしい。

 

教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

「世界を広げるソロトレッキング」、ソロハイカーが知りたいノウハウをすべて詰め込んだ一冊です。
自由気ままに山歩きが楽しめるソロトレッキング。ひとり歩きを満喫するために、知っておくべき計画や装備、行動中の基本と応用をご紹介。
新しい自分に、新しい山に出会う、一歩先のソロを目指すための総力特集です。
 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る
日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?
立山連峰はなぜ氷河が多いのか? 内蔵助氷河なら、一般登山者も氷河の上を歩ける!
日本にある7つの氷河のうち、5つが立山連峰で発見されている。そもそも氷河とは? なぜ立山連峰に氷河が多いのか? 立山連峰の氷河のヒミツを教えます!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...