このエントリーをはてなブックマークに追加
島崎三歩の「山岳通信」
長野県では、県内の山岳地域で発生した遭難事例をお伝えする「島崎三歩の山岳通信」を週刊で配信。その内容をダイジェストで紹介する。
6月の北アルプスは冬山と同じ程度の装備が必要という認識を 島崎三歩の「山岳通信」第190号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。190号では、装備・技量が不足している登山者の遭難について言及。最新の登山道情報を確認することの重要性を説明している。
長野県内は入山注意報発表中。登山者への5つのお願いをご確認ください 島崎三歩の「山岳通信」第189号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年6月4日に配信された189号では、新型コロナウィルス感染拡大防止のための公道を、登山者に促す情報を提供し、協力を呼びかけている。
少しずつ登山の計画を考えている方へのアドバイス 島崎三歩の「山岳通信」第188号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年5月21日に配信された188号では、県内は引き続き登山自粛となっている中、登山計画についてアドバイスを送っている。
県内は引き続き登山自粛、この機会に登山知識の向上を 島崎三歩の「山岳通信」第187号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。187号では、県内は引き続き登山自粛となっているため、入山を控えるように呼びかけている。
自身の行動の正否を考え、登山自粛への協力を 島崎三歩の「山岳通信」第186号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。186号では、2件の遭難事故を伝えるほか、自身の行動の正否の確認・判断と登山自粛の呼びかけを行っている。
山菜採り遭難が起きる時期、近くの山林でも油断は禁物 島崎三歩の「山岳通信」第185号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年4月24日に配信された185号では、山菜採り遭難が起きる時期に入ったことに言及。近くの山林であっても油断しないように呼びかけている。
新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け長野県内での入山自粛を 島崎三歩の「山岳通信」 号外
2020年4月24日に配信された「島崎三歩の山岳通信」号外では、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、長野県内での入山自粛を呼びかけている
単独登山のリスクを認識し、慎重な計画と行動を 島崎三歩の「山岳通信」 第184号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第184号では、3件の山岳遭難のうち2件が単独での行動中だったことから、改めて単独登山のリスクについて言及している。
3月後半でも北アルプスは冬山、まとまった降雪や強風となることも 島崎三歩の「山岳通信」 第183号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第183号では、低気圧の影響を受けて降雪・強風があった気象状況について触れ、冬山のリスクについて改めて認識して慎重な行動をするよう呼びかけている。
BCでは滑る楽しさ以上に自分自身や仲間の安全対策に注視を 島崎三歩の「山岳通信」 第182号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年3月18日に配信された第182号では、引き続きバックカントリーでの事故が多発していることについて触れ、慎重な安全確認を呼びかけている。
記録的な暖冬・少雪でも雪崩のリスクは同様に対処を! 島崎三歩の「山岳通信」 第181号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第181号では、雪崩に巻き込まれての遭難事故の事例について挙げ、少雪のシーズンでも雪崩に対する注意を十分に行うように呼びかけている。
冬の八ヶ岳登山の危険性をしっかりと認識して慎重な判断と行動を 島崎三歩の「山岳通信」 第180号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第180号では、引き続き八ヶ岳連峰での遭難事故が多いことについて言及、気象や自然環境を十分に認識しておくことの大切さを説明。
人気の「冬期の八ヶ岳連峰」、危険性もしっかり把握しておこう 島崎三歩の「山岳通信」 第179号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第179号では、八ヶ岳連峰での遭難事故が続発していることに触れ、改めて冬期の八ヶ岳周辺の山の注意点について言及。
バックカントリーに出る場合はスキー場のルールを守り事前準備・確認を 島崎三歩の「山岳通信」 第178号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第178号では、期間中に起きた遭難事故3件すべてがバックカントリーでの事故だったことに触れ、改めて事前準備の大切さを訴えている。
バックカントリーのシーズン到来、改めて注意点の確認を! 島崎三歩の「山岳通信」 第177号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第177号では期間中に起きた遭難事故4件のうち3件がバックカントリースキーだったことに言及、改めてバックカントリーでの注意点について指摘。
登り始める前に確実に安全確認をする習慣を! 島崎三歩の「山岳通信」 第176号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第176号では、アイスクライミング中の転落事故について言及している。
冬山の稜線での行動はリスクが多く慎重な判断が必要 島崎三歩の「山岳通信」 第175号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、冬山の稜線で起きた2件の遭難事故について言及している。
まとまった積雪が観測された長野県、一層の慎重な判断を! 島崎三歩の「山岳通信」 第174号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、長野県内ではまとまった積雪が観測され、より慎重な判断が必要なコンディションとなったことを伝えている。
冬山登山では夏山以上にアクシデントに対応できるような準備を 島崎三歩の「山岳通信」 第173号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年12月19日に配信された第173号では、冬山での遭難救助の難しさについて言及し、夏山以上にアクシデントに対応できるような準備をしておくことを促している。
積雪を考慮した余裕のある登山計画を心掛けましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第172号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第172号では降雪が観測されて冬山登山となっている山が日毎に増えていることに言及。
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雪時々止む
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...