このエントリーをはてなブックマークに追加

本当ははかなくない!? 春の妖精 カタクリ(ユリ科)

身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
たしなみ 2020年05月05日

社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。美しい姿の裏に隠された、花々のたくましい生きざまに勇気づけられます。

 カタクリは、片栗粉の「かたくり」である。
 もともと、片栗粉はカタクリの鱗茎(りんけい)からとったデンプンのことを言った。しかし、片栗の鱗茎を集めるのが困難な現在では、片栗粉はジャガイモでんぷんを原料として作られている。
カタクリは、里山に咲く春の植物である。
 春になると薄紫色の可憐で優美な花を、うつむきかげんにひっそりと咲かせる。ところが、カタクリは早春のごく短い期間に花を咲かせるだけで、春の終わりとともに幻のように姿を消してしまう。カタクリはスプリング・エフェメラルと呼ばれているが、エフェメラルには「はかない命」という意味がある。

 スプリング・エフェメラルと呼ばれるカタクリは、土の中の鱗茎で冬を越した後、早春にいち早く花を咲かせて、暖かくなるころにはすっかり散ってしまう。こうして春の間、葉で光合成を行い、栄養分を鱗茎に蓄えるのである。
 そして他の植物が生い茂る夏になるころには、葉を枯らし、翌年の春まで鱗茎で土の中で眠り続ける。このようにカタクリは、他の植物との競争を巧みに避けて生活しているのである。
 しかし、これでは光合成できる期間がわずかだから、花を咲かせるだけの栄養分を蓄えるのは容易ではない。
そのためカタクリは、種子が芽を出してから花を咲かせるまでに、じつに八、九年もの歳月を必要とする。

栃木県三毳山のカタクリ/すーさんの登山記録より

カタクリの一生は下積みの末に

 種子から最初に出た葉はごく小さい子葉である。この子葉で光合成を行い、わずかな栄養分を蓄積する。こうして蓄えたわずかな栄養分で、翌年は小さな葉を一枚つける。
 このように、わずかな貯蓄と投資を繰り返しながら、カタクリは栄養分を蓄積して、しだいに葉が大きくなっていく。その結果、八、九年間コツコツとためた栄養分で、ついに花を咲かせることができるのである。
 カタクリは長い長い下積み生活の末に花を咲かせる。
 はかない命とはいうが、実際にはそうではない。種子から枯れてしまうまで一年以内という野の草花が多い中で、カタクリは十年近くまで生きることができるのだ。

新潟県坂戸山のカタクリ/まさ10さんの登山記録より

 このように里山の生活に適して特殊な生活史を送るカタクリを、人為的に栽培するのは、簡単ではない。一方、園芸用に栽培されるカタクリにヨーロッパやアメリカ原産のセイヨウカタクリがある。
 日本のカタクリは、当初、アメリカに分布するカタクリと同じ種であるとされたが、その後、ヨーロッパのカタクリと同じとされた。やがて、ヨーロッパのカタクリの変種となり、最終的には独立した種として認められた。今では、セイヨウカタクリとカタクリは別種として扱われている。

 現在、カタクリの仲間は北半球に約二十種が分布している。 
 北米の亜高山帯に自生するセイヨウカタクリの一種に、花の黄色いキバナカタクリがある。ひっそりと控えめに咲く日本のカタクリとくらべると、やや自己主張が強い感もあるが、花も美しく、カタクリにくらべるとずっと育てやすい。
 同じカタクリでも出身国によって性格もさまざまなのが何とも面白い。

(植物学者、静岡大学教授 稲垣栄洋)

ヤマケイ文庫『花は自分を誰ともくらべない』発売中

チューリップ、クロッカス、バラ、マーガレット、カンパニュラ、パンジー、マリーゴールド――花は、それぞれ輝ける場所で咲いている。身近な47の花のドラマチックな生きざまを、美しいイラストとともに紹介。
昆虫や鳥を呼び寄せ、厳しい環境に適応するために咲く花。人間の生活を豊かにし、ときに歴史を大きく動かしてきた花。それぞれの花が知恵と工夫で生き抜く姿を、愛あふれるまなざしで語る植物エッセイ。『身近な花の知られざる生態』(2015年、PHPエディターズ・グループ)を改題、加筆のうえ文庫化。


ヤマケイ文庫『花は自分を誰ともくらべない』
著者:稲垣栄洋
発売日:2020年4月3日
価格:本体価格850円(税別)
仕様:文庫判256ページ
ISBNコード:9784635048835
詳細URL:https://www.yamakei.co.jp/products/2819048830.html

amazonで購入 楽天で購入


【著者略歴】
稲垣栄洋(いながき・ひでひろ)
1968年生まれ。静岡大学大学院農学研究科教授。農学博士、植物学者。農林水産省、静岡県農林技術研究所を経て、現職。著書に『身近な雑草の愉快な生き方』(ちくま文庫)、『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)、『面白くて眠れなくなる植物学』(PHPエディターズ・グループ)、『生き物の死にざま』(草思社)など多数。

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

稲垣栄洋

1968年生まれ。静岡大学大学院農学研究科教授。農学博士、植物学者。農林水産省、静岡県農林技術研究所を経て、現職。著書に『身近な雑草の愉快な生き方』(ちくま文庫)、『散歩が楽しくなる雑草手帳』(東京書籍)、『面白くて眠れなくなる植物学』(PHPエディターズ・グループ)、『生き物の死にざま』(草思社)など多数。

同じテーマの記事
ウイルスとの共存で、植物は新しい価値をつくり出した
『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。最終回となる第7回は、はるか昔から、植物もウイルスと戦い、共に生きてきたというお話です。
夜の交友関係の意外なパートナー テッポウユリ(ユリ科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第6回。
乙女の期待を裏切らない科学的な花占い マーガレット(キク科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第5回。
名前と分類に翻弄されても美しく咲く アヤメ(アヤメ科)
社会活動も生活も大きく制限せざるを得ない今、身近に咲く花の美しさに心癒されることはないでしょうか。『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載第4回。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!