このエントリーをはてなブックマークに追加

日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。そのルートの謎に迫る

From ワンダーフォーゲル編集部
たしなみ 2020年06月04日

日本山岳史上最大の謎といわれる剱岳初登頂。誰がどのルートで登ったのかを探検家の高橋大輔さんが、さまざまな角度から解き明かして、気づいたこととは?

文=編集部 写真=高橋大輔

探検家の高橋大輔さん。別山の山頂から剱岳を望む

 

初登頂は平安時代!? 剱岳初登頂のミステリーに挑む

険しさゆえに明治時代に入っても人跡未踏といわれた剱岳。その初登頂は明治40年7月の日本陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎たちであるはずであった。しかし、山頂には平安時代のものと思われる錫杖頭と鉄剣が残っていたのだ――。これは小説や映画の「剱岳 点の記」にある有名なエピソードだ。

では、登山道もなく、装備も貧弱であろう1000年以上も前に一体誰が、どのルートから登頂したのだろうか。このミステリーを解明しようとしているのが探検家の高橋大輔さんだ。

平安期は、仏教徒により日本各地の山が開山されていた時代であり、「錫杖頭」という宗教儀礼に使うものが残されていたことから、高橋さんは剱岳の初登は山岳信仰の修験者であると予想する。では、気になる登頂ルートは?

明治40年に剱岳の山頂で見つかったという錫杖頭。平安時代のものだったという


「まず考えられるのが別山尾根です。ここは現在でも剱岳のメインルートですし、立山信仰の拠点であった室堂を起点とするのも山伏にふさわしいように思えます。ただし足場やクサリ場が整備されている今とは違いますし、ロープ等もないのでかなりリスキーなコースだったでしょう。」

実際、明治期に登った柴崎隊も別山尾根ではなく長次郎谷の雪渓を登り詰めたそう。ただし、このコースも、「山伏は荒行でもない限り雪を越えて登頂を試みることは考えにくい」と高橋さんは話す。そこで浮かんでくるのが北アルプス三大急登でおなじみの早月尾根だ。

早月尾根は山頂直下こそ獅子頭やカニのハサミなどの難所があるが、別山尾根ほど岩場の登下降があるわけではない。そしてもうひとつ有力な理由がある。

当時の山伏たちは、登りながら剱岳を遠くから拝む「遥拝」の気持ちがとても強かった。別山尾根の場合だと起点の室堂から剱岳を見ることはできないが、高橋さんが調べて見つけたのが、立山川を遡り「ハゲマンザイ」という場所から早月尾根に突き上げるルートだった。

立山川を渡渉しながら剱岳を目指すルートに挑戦する高橋さん
 

ハゲザンマイと呼ばれる谷筋から剱岳方面を見上げる


「このルートは川沿いなので、登山中の飲料水を確保しやすいというメリットがあります。さらにルート上から剱岳の姿が見えていることも多いので、遥拝できるポイントがあるのではと思いました。実際にNHKの山岳番組のクルーと一緒に登ってみたのですが、途中に奇岩や滝、岩室など山伏たちが行場に使えそうな場所がたくさんありました」

ハゲザンマイの谷筋の様子。このルートなら飲料水を確保しやすく剱岳を遥拝できる


この山行で高橋さんは剱岳の初期登頂者が早月尾根を利用したのではないかという思いが深まったという。そしてこれらの体験や考察をひとつの仮説にまとめて今年書籍を出すそうだ。出版を楽しみにしたい。

現在発売中のワンダーフォーゲル6月号の特集は、「剱・立山大全」。ビギナーからベテランまで、レベルに合わせて楽しめる、丸ごと一冊剱・立山大特集となっている。

本記事のような雑学的なコラムから、魅力的なコースガイドまで、剱&立山エリアを完全網羅した特集となっている。ぜひ書店で手にとってみてほしい。

記録・ルポ 調査 歴史・文化 日本の山
教えてくれた人

ワンダーフォーゲル編集部

特集は「登山者のための北アルプス自然読本」。
北アルプスの山々を歩いていて、ふと気になったこと、いまこそ学んでみませんか。広く深い自然学のなかでも、とくに「地質」「植生」「動物」の3つのテーマに絞って、わかりやすく解説。 来るべき夏山シーズンを、より楽しく迎えるための自然学特集です。

 ⇒詳細はコチラ!
 ⇒Facebook
 ⇒Twitter

同じテーマの記事
もっと知りたい北アルプスのこと。北アルプスの自然を学べる博物館&ビジターセンターへGO!
ただ登るだけじゃなく、北アルプスの自然についてもっと学んでみたいという登山者へ。下山後に立ち寄ってみたい博物館やビジターセンターをご紹介。博物館やビジターセンターごとに、展示・観察会の内容は違って、多種多様。イチ押しポイントも交えてご紹介します!
「山のインスタ映え」大集合! 7人のインスタグラマーが撮る、美しき雪山
多くの登山者が活用する写真共有アプリ「インスタグラム」。今回は、7人のインスタグラマーが美しい雪山で撮りおろした写真をいくつかご紹介。山ヤだから撮れる、インスタ映えな山の風景、ここにあり!
読書の秋。秋の夜長に、一人でひっそりと山に入ってみたくなるような本を読んでみる
秋の夜長のお供に、山の本を開いてみてはいかがだろうか。山、登山に関する本は数多いが、今回はその中から「単独行」、一人で山に行く話にまつわる書籍を紹介。行間から、ソロ登山の魅力を感じてみてみよう。
すべての登山者が憧れる山・剱岳。その頂を踏むことなく、奥深くへと入り込む静かな縦走路があるのを知っているだろうか
室堂から欅平まで、山の頂を踏むことなく、渓谷を歩き、峠を越える縦走路。「岩と雪の殿堂」を開拓してきたクライマー、大正時代の鉱山労働者、そして戦前の過酷な発電所建設に従事した労働者、さまざまな背景の人々が歩いた道をたどる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2021年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。