このエントリーをはてなブックマークに追加

出発日迫る! 慌ただしく荷物・装備を準備、高度順応トレーニングも進める

アウトライヤー 萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
ガイド・記録 2020年04月03日

出発まで、いよいよカウントダウン開始となった萩原編集長。その前に、さまざまな準備に奮闘。高地順応、機材のチェック、新兵器の投入・・・。遠征の前の準備がどんなものなのか、その様子を確認してほしい。

 

標準装備、カシオ 「プロトレック PRW-3000」

Date 2013年09月10日(火)


以前の記事でプロトレックに「Janak Chuli」モデルがあることを紹介しましたが、なんと、このたび、カシオさんから新型のプロトレックを全隊員に支給していただくことになりました! 今年(2013年)の7月に新発売となったPPW-3000です。

★ヒマラヤ未踏峰挑戦記:プロトレックに「Janak Chuli」モデル

新開発トリプルセンサーVer.3を搭載した同モデルは、圧力センサーの精度を高めて高度計測の間隔を短縮化し、計測単位が5m単位から1mへと飛躍的に向上、シンプルなデジタル表示画面で、より軽く、薄く、使いやすい設計となっています。

隊員に支給されるプロトレックPRW-3000。登頂成功の際には、ベルトに大学のロゴと登頂記念のネームが刻印されることになっている


人類未踏の稜線で、1m単位での高度計測ができることは魅力的。急激な気圧変化に対してアラームを鳴らすという新機構も頼もしいかぎりです。

とはいっても先述の「Janak Chuli」モデルを置いていくわけにもいかず、おそらく今回は「2台持ち」で登ることになることでしょう。しかし、たまたま隊員たちとの最終打ち合わせの席上で、2台のプロトレックを両手につけていたところ、「ハギワラさん、それ、すごく頭の悪い人のように見えます」という辛らつな意見が・・・。高所での携帯の方法についてはもう少し研究しようと思います。

 

富士山頂宿泊訓練と低酸素室トレーニング

Date 2013年09月12日(木)


いよいよ出発が迫ってきたということで、先週末は計画どおり、富士山頂での宿泊訓練に行って来ました。パートナーの村上隊員が来られなくなった代わりに、NHK-BS1「実践! にっぽん百名山」でお世話になっている釈 由美子さんが同行。

「富士山頂写真家」小岩井大輔氏が働いている吉田口山頂の扇屋さんに1泊し、早朝の猛烈な風雨という悪条件を体験するなど、充実したトレーニング山行となりました。

須走口から富士山頂をめざす。天気がよかったのはこのあたりまで・・・


そして昨日は18時から、「ミウラ・ベースキャンプ」の低酸素室にて標高5500~6000m条件下でトレーニング。そのまま標高4000m条件下で睡眠。

ただし猛烈に仕事がたまっているため、22時消灯のところを24時までパソコンに向かってから低酸素室にもどり、それから6時間、快眠しました。6時に起床して低酸素室を出ると、シャワーを浴びて2時間ほど仕事を続けてから、そのままスタジオへ。

ミウラベースの低酸素室でトレーニング中。楽そうに見えるがけっこうツライ


今日は「実践! にっぽん百名山」の収録日だったのですね。ヒマラヤに出かけている間の分を前倒しでカバーするため、朝の9時半からスタジオに入っていました。

低酸素ボケの私の話を、MCの釈さんがうまくリードしてくれたおかげでなんとか収録終了。それから出社して、現在は『CLIMBING joy』表紙の入稿と、『山と溪谷』の記事編集をしている合い間にこれを書いています。どうやら今夜もビバークになりそうな予感・・・。

先発隊はすでにカトマンズに入り、食料等の調達をしてから本日、キャラバンに出発する予定です。しばらくは現地からの便りが滞るかもしれませんが、気になる方は青山学院大学山岳部のホームページへどうぞ。

 

ノートPCを分解してSSD搭載マシンに改造

Date 2013年09月17日(火)


「高所では気圧の関係でハードディスクが動かなくなる」「キャラバン中の衝撃でハードディスクが壊れる心配があるので注意」といったアドバイスを受けて、ヒマラヤに持っていくメインマシンはSSD(ソリッド・ステート・ディスク)に載せかえた機種にしました。

ベースキャンプまで衛星モデムとソーラーバッテリーを担ぎ上げるので(もちろんポーターさんたちが、ですけど)、現地から、なにがしかの情報を送れるように工夫してみたいと思います。

で、バックアップ用にもう一台、ネットブックを持っていこうと思い、こいつもついでにSSDに換装してしまおうと、まずはメモリの増設から始めてみました。キーボードをはずし、各種コネクタを引っこ抜き、中のパネルをひっくりかえしてお目当てのメモリ発見。そお~っと差し替えて無事にメモリの増設完了! 動くかどうかドキドキでしたが、いちおう動くことを確認しました。なぜかネジが1本余ったけど、ま、いいか。

無残に解体された状態のネットブック。その後、パワーアップして復活した


が、しかし、残念ながらここで時間切れ・・・。寝る時間がほとんどない状況下で、PCをいじっている余裕などなくなってしまったのです。SSD換装は涙を呑んで見送り、とりあえず今回はこのマシンをサブ機として荷揚げし、気圧や振動がHDにどう影響を与えるものなのか、高所実験をしてみたいと思います。

⇒次号/社内の自分の席を確保して、いよいよ出発!

教えてくれた人

萩原 浩司

モットーは「ウラヤマからヒマラヤまで」。あらゆる山登りに対して深い興味と愛情を注ぎ、南高尾山稜の陽だまりハイキングから北アルプスの縦走登山、残雪の南会津スキーツアーに奥秩父の沢登り、小川山のフリークライミングや八ヶ岳のアイスクライミング、中央アルプスの冬季登攀、そしてたまには海外登山と、オールラウンドに山を楽しんでいる。普段の仕事は山と溪谷社の編集者。

同じテーマの記事
萩原編集長、ヒマラヤ未踏峰で危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓、18の危機体験談
NHKの「実践! にっぽん百名山」の解説などでおなじみ、萩原編集長こと萩原浩司氏の新刊『萩原編集長 危機一髪! 今だから話せる遭難未遂と教訓』の出版を記念し、2013年の伝説のブログが、今ここに復刻!
遠征を終えて。帰国後に待ち受けるのは「空白の43日間を埋める作業」
バックキャラバンの締めくくりは2日間のロングドライブ。未踏峰への登頂の余韻に浸る間もなく、他のメンバーよりもひと足先に日本に帰国した萩原編集長を待ち受けていたものは・・・。
登頂後も豪雪に阻まれ停滞。帰りはメンバー全員で4日間のキャラバン
登頂後の「あとは下山だけ」という楽勝ムードもつかの間、ベースキャンプで季節はずれの大雪に阻まれ3日間の停滞。最後に山の厳しさを教えてくれたヒマラヤの神に感謝しつつ、帰途につく。
ついにアウトライアー東峰の山頂へ! 頂上から見た光景とは?
猛烈な吹雪のあとに訪れた好天。この好天がもってくれるよう祈りながら山頂を目指す。そして、登頂に成功した萩原編集長が目にした光景とは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!